特別な時 2013.4.21

特別な時   

 毎日の散歩道に確かアメリカンもみじだったと思うが素敵な並木道があります。毎年有る時期に枝と葉っぱを皆切り落としてしまうのですが、その丸裸の幹に新芽が出てくるのを私は今か今かと毎年待っているわけです。
 今年はまだ見つけるほうが難しいくらい新芽が出ていません。昨日、太い幹の真ん中ごろに1センチくらいに伸びた小さな葉を2、3枚見つけました。ある時に一斉に出てくるのでしょうね、楽しみです。
 
 信仰も、感情が伴わないとなかなかあるのかないのか、葉が出て花が咲いて、実がならないとよくわかりません。確かにあるはずなのに、わたしのうちに隠れていて何処に行ったのだろうかと、探すときはまだ良い、まいっか!と放ってしまっておく、そのようなことも多いのではないでしょうか。
 釘宮義人牧師はよく、「えっ、あなた信仰あるの?」、あると言えば「何処にあるの?」、ないと言えば「えっ、ないの?」という。思い出すと可笑しくなるのですが、ようするに自分の中に、「ある」とはっきり断言できる確信があるかないかなのですね。
 今の自分に「信仰がある」とたとえ言えない状況であっても「ある」といえる確信なのです。
 それは聖霊様からくるのです。聖霊様が言わせて下さるのです。
 感情があろうがなかろうが、それは大した問題ではありません。感情によらず、告白し続ける時も必要ですし、また、嬉しくて大喜びをしたり、感激して泣いたりもします。
 聖霊様はどうしてこんなに楽しいのでしょうか、色々な体験を下さるのです。
 神様が用意してくださる特別な時があって、辛い時か、問題の最中か、あるいは病の苦しみのど真ん中か、そればかりか喜びの時かもしれないが、小さな1センチほどの新芽を見つけるように、小さな信仰に助けられる、そんな時があります。
 私のうちに働くイエス様の霊が確かに「私の信仰だ、受け取れ!」と言わんばかりに魂の戸を叩くのですね。小さな信仰に助けられたり、目覚めさせられたり、急にイエス様が身近に感じられたり・・・こんなことを、一つ一つ積み重ねることによって、私達の信仰は、ますます確信に満ち、ゆるがないものとなっていくでしょう。
 
 あなたにこの事を示したのは、主こそ神であって、他に神のないことを知らせるためであった。<申命記4:35>
 
 それゆえ、あなたは、きょう知って、心にとめなければならない。上は天、下は地において、主こそ神にいまし、ほかに神のないことを。 <申命記4:39>
 
 私たちは今日知るのです。神様からの特別な時を。
 私自身、自分の魂に叫んで言いたい。「まことの神(イエス様の信仰)を知るチャンスを頂いたのだよ!」
 そして答えたい。「ありがとう、イエス様!」
c0265111_431429.jpg

[PR]
# by mitiru-takae | 2013-04-25 03:59 | 満ちる | Comments(0)

無知の虚栄 2013.4.14

無知の虚栄   

 彼は北斗、オリオン
 プレアデスおよび南の密室を造られた
 彼が大いなる事をされることは測りがたく
 不思議なことをされることは数知れない
                  <ヨブ9:9,10>
 
 神様の創造は、本当に不思議で、私たち人間には測りがたいものです。
 私たちは自分のことでさえよくわかっていません。ですから、他人に言われて初めて自分の考え方や行動の癖など、思いもよらぬことを知らされたりするとびっくりします。
 ヨブは神様の偉大さ、また神様の義を友人たちに言われるまでもなく知っていましたが、神様の前で知らないことまでも知っているふりをしていたようです。そして神様をヨブ自身の目で見ることによって悟ったようなのです。
 
 『無知をもって神の計りごとをおおうこのものは誰か』
 それゆえ、わたしは自ら悟らないことを言い、
 みずから知らない、測りがたいことを述べました。
<ヨブ42:3>
 
 またヨブはこうも言っています。
 「わたしは罪がない、しかし私は自分を知らない。」
                    <ヨブ9:21>
 
 ヨブは自分が潔白だと言いながら、そのことを立証することができないのです。つかみどころのない、ガラス窓に映った景色のように、掴むことができないのですね。
 そしてどうしてそうなのか、ガラス窓ばかり見ていてもわかるわけがありません。本物、実態をみなければ、そのものの、輝き、暖かさ、広さ、深さがわかりません。
 
 「今はわたしの目であなたを拝見いたします」
                    <ヨブ42:5>
 
 でも神様を見た時、その時、その瞬間、見えてくるのです。
 神様の愛とあわれみ、自分がどれほど愛されていたものであったかを…です。
 神様の愛はヨブだけではありません。神様の真実を語ることのできなかった友人をも、ヨブのとりなしの祈りを聞き入れ、恥を取り去ってくださいました。
 
 「ヨブがその友人たちのために祈った時、主はヨブの繁栄をもとに返し、全ての財産を二倍に増された」     <ヨブ42:10>
[PR]
# by mitiru-takae | 2013-04-16 23:51 | 満ちる | Comments(0)

天の宝 2013.4.7

天の宝  

 ある金持ちの畑が豊作であった。そこで彼は心の中で「どうしようか、私の作物をしまっておくところがないのだが」とおもいめぐらして言った。「こうしよう。私の倉を取り壊し、もっと大きいのを建てて、そこに穀物や食料を全部しまいこもう。そして自分の魂に言おう。魂よ、おまえには長年分の食料が沢山蓄えてある。さあ安心せよ、食え、飲め、楽しめ。」すると神が彼に言った。「愚かなものよ、あなたの魂は今夜の内にも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意したものは、誰のものになるのか。自分のために宝を積んで神に対して富まないものは、これとおなじである。」
              <ルカによる福音書12:16~21>
 
 イエス様は本当に譬えが上手です。
 この金持ちの話も、イエス様が実際こういう金持ちを見ていたのでしょうか、イエス様から見れば滑稽(こっけい)に見えたでしょう。
 お金も、多くの食料も、魂の糧にはなりません。私たちが生きていくこの世ではとても大切なものですが、命あってのモノダネです。
 私たちのクリスチャンとしての権威や祈りがイエス・キリストの御名によってのみ有効であるように、この世のものはこの世に命があってこそ使えるものですし、これらは私達の魂が天国に帰る時にすべてこの世においていくものです。どんな億万長者であっても天の倉には入れることが出来ません。
 
 私たちが天に積むことが出来る宝とは、一体何でしょうか。
 神様の前に富むものとはどういう人でしょうか。
 この地上から天に積むことが出来る宝。また天に帰って行く時に持っていける宝。
 聖書はこういっています。
 「むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝を蓄えなさい。あなたの宝のあるところには、心もあるからである。」<マタイによる福音書6:20,21>
 
 私達の魂だけがもてるもの、いえもっと深いイエス様の住んでくださっている私達の霊の領域で、確かに積んでいけるものがあります。
 マザーテレサやキング牧師のようなすごいことは出来なくても(出来れば素晴らしい)、日々のちょっとしたサタンによる誘惑や、まどわしに負けないよういつもイエス様に祈る、賛美する。そして、この世の君であるサタンに対抗し、小さな勝利を一つ一つ体得していく。又イエス様に助けられながら自分の良心に従い他人を思いやる、つぶやかないなど、日ごろの私達の信心というものもそうでしょう。
 これらの小さな一つ一つの宝が、大きな宝となって天に蓄えられていくのでしょうね。そして大きな祝福と喜びとなって、天を潤し、そればかりか地を潤すために私たちに帰ってくることでしょう。
c0265111_2331622.jpg
[PR]
# by mitiru-takae | 2013-04-09 23:29 | 満ちる | Comments(0)

園の墓とイースターエッグ 2013.3.31

園の墓とイースターエッグ  

中にはいってみると、主イエスのからだが見当たらなかった。そのため途方にくれていると、見よ、輝いた衣を着たふたりの者が、彼らに現れた。女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せると、このふたりの者が言った。「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。 <ルカによる福音書24:3~5>
c0265111_5334160.jpg
 
 イスラエル(聖地)旅行をすると、園の墓というところに案内してくれます。
 ["園の墓"は旧エルサレム・ダマスコ門近くの近くにある。キリストの時代の墓としては、自然のままで、何の粉飾もなく、周囲の雰囲気からしてヨハネによる福音書に記された"園の墓"をしのばせるに十分である。](関谷定夫著"聖書のあけぼの"参照)
 実際にイエス様を葬った墓ではないが、骸骨のかたちをした崖をみたり、お墓の部屋の中に入ってみたりすると、マグダラのマリヤたちの様子をわが事のように思えたりして感慨深いものです。海外旅行をしたいと思っている方には、やはり聖地旅行をおすすめしたいですねえ。
 
 もう一つイースターに欠かせないものといえば、イースターエッグです。イースターに教会に行くと、綺麗な模様をつけたイースターエッグがもらえます。赤、黄、ピンクなどのカラフルな固ゆでたまごは不思議な魅力がありますし、なにより子供たちが喜んでくれます。ひよこが卵の中から生まれ出てくる様はやはり復活のシンボルといいたくなります。
 IT用語にもこのイースターエッグというのがあります。隠されたイースターエッグを子供たちが探す遊びのように、ソフトウエアのなかにその開発者がメッセージをこっそりかくしておくのです。これをイースターエッグというのですね。私たちにはとてもわからない特殊な操作がいるようですが、見つけることが出来れば楽しいでしょう。
 
 イエス様が復活した時も、弟子たちはなかなかすぐにはイエス様がわからなかったのです。マグダラのマリヤは、お墓の中が空っぽで、イエス様のお体がないとお墓の前で泣いていた時にイエス様のお声を聞きます。お墓の中では見つけることができませんでしたが、イエス様のほうから声をかけてくださったのです。
 
 復活のイエス様は、弟子たちや多くの人々にお会いになりましたが、いつもイエス様のほうから近づいてくださいました。霊の目が開けると、目の前にいるイエス様が見えるようになり、心が燃え、皆イエス様の復活の証人とされるのです。
c0265111_5272540.jpg
[PR]
# by mitiru-takae | 2013-04-03 05:28 | 満ちる | Comments(0)

祈り 2013.3.24

祈り   

 しかし、まことに神はお聞きになり
 わが祈りの声にみこころをとめられた
 神はほむべきかな
 神はわが祈りをしりぞけず
 そのいつくしみを私から取り去られなかった  
<詩篇66:19、20>
 
 高校入試を控えたあるクリスチャンホームの男の子がいました。彼は毎日祈っていました。「勉強に集中できますように!」
 お母さんも又、熱心に祈っていました。
 「イエス様、子供の希望する高校の入学試験に合格しますように。彼が自分で選択した道へ進む第一歩なのです。たとえ難しい受験であったとしても、あなたは必ず奇跡を起こしてくださると信じています。」
 そして男の子は無事志望校に合格することができました。
 お母さんは、イエス様に感謝しました。
 「イエス様、あなたの奇跡を心から感謝します。」
 それを聞いていた男の子が少し不服そうな声で言いました。
 「お母さん、奇跡ではないよ!僕が一生懸命勉強したからだよ。勉強できるように毎日祈って・・・。」
 お母さんは返す言葉がありませんでした。ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、二人の心が砕けそうになった時、あったかい大きな声がしました。
 「合格おめでとう!よかったね!二人とも祈り続けていたからね、嬉しいよ!」
 帰ったばかりのお父さんの声でした。
 
 私たちも祈る時は一生懸命です。
 それがいつの間にか自分の思いや希望を最善と決め付けてしまっています。自分の考えや、行動が一番正しいと思い、ついつい他人まで裁きかねないというふうになりがちなのです。
 しかし、それでもなおイエス様は、私達のこの愚かだけれども、必死で熱心な祈りを聞いてくださるのです。それはイエス様が私たちの魂のいちばん深いところにある私自身を、誰よりも知っていてくださるからです。
 イエス様にいつも愛される私たちでありたいですね。
 
 主よ、あなたはわたしを探り
 わたしを知りつくされました。
 あなたはわがすわるをも、立つをも知り
 遠くからわが思いをわきまえられます。  
            <詩篇139:1、2>
c0265111_223796.jpg(T.K画)
[PR]
# by mitiru-takae | 2013-03-26 22:03 | 満ちる | Comments(0)