人気ブログランキング |

No.391 今を生きる 2020.4.26

今を生きる

わたしはあなたがたを捨てて孤児とはしない。あなたがたのところに帰って来る。
もうしばらくしたら、世はもはやわたしを見なくなるだろう。しかし、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きるので、あなたがたも生きるからである。<ヨハネ14:18、19>

 墓の前で泣いたマグダラのマリヤも、「私の指をその釘あとに、私の手を、そのわきに差し入れてみなくては決して信じない」といったトマスも、11人の弟子たちはそれぞれ復活の主に会ったのである。

 会った場所も時も、それぞれ違ったかもしれないし、まだまだ恐れの中にいた弟子たちもたくさんいたであろう。

 イエス様の復活の後の弟子たちの様子は、ペンテコステまでの時間をかけてゆっくりと作り上げられていく、そのような感じで、決して、「うれしーーーー」と浮足立ってはねて喜びまわるというものでもない。

 魂の中で、何が起きても動じない、強い信仰が形成されていく。
 静かだが、力強い新しい世界が、弟子たちの心の中にできていく。
 復活はイエス様だけではなく、弟子たちも、そして私たちもだ。

 イエス様は40日かけて、聖霊の満たしを受ける弟子たちのために、たびたび現れて、導いてくださった。
 決して、十字架で、終わりではない。
 一人で歩けるように、又歩けるようになっても、わたしたちの主であるイエス様は、私たちを離れず、見捨てない。

 イエス様は言った。

 「わたしが生きるので、あなたがたも生きるからである。」

 そうだ、イエス様が復活されて、今も生きてくださっているので、私たちも生きている。
 生きたイエス様が私たちの魂の中に生きている。
 この喜びは、ズンと重みがある。
 
 世界の状況を見て、世の終わりの兆候があちこちにみられ、今から世界は終末に向かっていくのだろうかと、聖書や、色々な予言者や占い師が言うことを信じ、戦々恐々としている人々も多い。
 今や戦争の形が昔のようではなく、恐れや、噂だけで、世の中の秩序は崩壊していく。
 災害、戦争、飢饉、疫病、等々、人々の心は沈んでいく。
 世の終わりについては、このように恐ろしいイメージがある。

 確かに、今は、「患難期の始まり」のはじまり…かもしれない。
 ノアの時のように、私たちが箱舟に乗るときは近いのかもしれない。
 ノアたちも、家族がすべて素晴らしかったわけではない。
 ただ、箱舟に乗ったか、乗らなかったか、その差が生死を決めた。
 人間がみな罪びとであることは間違いがない。
 あがなわれた罪びとか、そうでない罪びとかである。

 私たちは、恐れない。
 なぜなら、私たちイエス様を信じる者の終末は、黙示録にある、新天新地である。
 すべてが新しくなる時なのだ。
 イエス様が生きるので私も生きる、そんな世界なのだ。

 ましてや今、イエス様を信じている私たちは、死んだら即天国行きが約束されている。 
 今、病の中で苦しんでいる人も、苦しい状況の中でもがいている人もいるであろう。
 特に今は、すべての人がそれぞれ苦しい立場に置かれているかもしれない。
 元気な人はそれなり、行動制限することすら、とても苦痛を伴うものだ。

 しかし、そんな時だからなお、み言葉をいつも握りしめていよう。
 いつも、私たちを助けようと御手を伸ばしてくださる、力強いお方がいることを知っておこう。
 そのお方がいる限り、私たちは、恐れず、今を生きられる。
 ハレルヤ!(た)
No.391 今を生きる 2020.4.26_c0265111_17580742.jpg










# by mitiru-takae | 2020-04-26 17:58 | 満ちる | Comments(0)

No.390 祝福は再び/にじは雲の中に現れる 2020.4.19

祝福は再び

神はノアとその子らとを祝福して彼らに言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。
地のすべての獣、空のすべての鳥、地に這うすべてのもの、海のすべての魚は恐れおののいて、あなたがたの支配に服し、
すべて生きて動くものはあなたがたの食物となるであろう。さきに青草をあなたがたに与えたように、わたしはこれらのものを皆あなたがたに与える。<創世記9:1~3>
No.390 祝福は再び/にじは雲の中に現れる 2020.4.19_c0265111_15242326.jpg

 ノアの洪水の時、神はここで万物を更新したかのように見えた。
 しかし、人はみな、また罪を犯す。
 何度も何度も、人は罪を犯す。

 ノアの氏族は各地に増え広がる。
 ノアの子はセム、ハム、ヤペテだ。
 天幕の中でお酒を飲んで裸になっていたノアの姿をはじめに見たのはハムの子カナンであった。

 ハムはそれを隠しもせず、兄弟のセム、ヤペテに告げる。
 ノアはこのハムの末の子カナンを呪う。
 ハムの長男クシはニムロデの父である。
 このニムロデは世の権力者となった最初の人である。(創世記10章参照)

 人々はシナル(ニムロデが治めた最初の国)の地にバベルの塔を作った。
 はたして神は、人々の言葉を乱し互いの言葉が通じないようにされた。

 再度祝福をと、神はあきらめない。
 アブラムを父から離し、カナンの地へと導いた。
 そして彼を祝福した。(創世記12章参照)

神はアブラハムに対して、『地上の諸民族は、あなたの子孫によって祝福を受けるであろう』と仰せられた。<使徒3:25>

 アブラハム、イサク、ヤコブと、歴史の中で神の民は続いていくが、人々の悪はとどまることがない。
 それでも神はあきらめない。
 私たちを永遠の義に導くのは、たった一人のお方、イエス・キリストのみである。

神がまずあなたがたのために、その僕を立てて、おつかわしになったのは、あなたがたひとりびとりを、悪から立ちかえらせて、祝福にあずからせるためなのである」。<使徒3:26>
 
 神がこの世界を作られてから、6千年がたった今、いよいよ神のご計画もクライマックスに近い。
 誰一人として神の祝福から漏れることがないように、今日も悔い改め、神に立ち返り、祝福にあずかろう!(た)


 
にじは雲の中に現れる

 ノアの祝福、アブラハムの祝福、そして私たちへの神様の祝福はいろんな形で現れる。

すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。
わたしが雲を地の上に起すとき、にじは雲の中に現れる。<創世記9:13~14>
にじが雲の中に現れるとき―<創世記9:17上>

 4月15日の1時過ぎのことだった。
 すごく美しい彩雲が私の部屋の窓の正面に出た。そこで慌てて、撮影したのだ。
 後でわかったことだが、佐賀や大分気象台でも観測されていて、これは「環水平アーク」というものであった。(大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるもの)

 語源は違うのだが、契約の箱、ノアの箱舟もまたアークと言う。聖書(ノアの箱舟)を読むととても聖書的なものだと感じる。
 空に架かる虹のイメージではない、雲の中にある虹だ。
 神はいつでも祝福を用意して見せてくださる。アーメン!(た)

No.390 祝福は再び/にじは雲の中に現れる 2020.4.19_c0265111_15244291.jpg











# by mitiru-takae | 2020-04-19 15:27 | 満ちる | Comments(0)

No.389 祝イースター 2020.4.12

祝イースター
No.389 祝イースター 2020.4.12_c0265111_17223341.jpg
たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。
あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、わたしのこうべに油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。<詩篇23:4、5>

 今年はイースター、主の復活を待ち焦がれた。
 まだまだ新型コロナウィルスが目の前を通り過ぎていないこの世界の状況の中で、必ず復活の主が私たちを新しい命の水まで、導き出してくださると信じてやまない。

 先週は受難週であった。
 平和に慣れきっている私たちにとっては、まさに試練である。
 主の苦しみのほんの少しを味わうことができたのかもしれないと、申し訳のなさと、自分の弱さに辟易する時間の多いこと。

 そのような中でも桜は咲き誇り、草花は生き生きと、鳥は夜が明けると同時に歌い飛び回る。
 本来自由とは、そんなとてつもないことではなく、花を美しいと思ったり、誰かを愛して愛(いと)おしいと思う心を、表現できることだ。
 苦しい時は「苦しい」と言えることだし、助けを求めることができることだし、又それに応えてもらえることだ。

 いつもダビデには主の鞭と杖という守りがある。
 それにしてもこの状況を想像するに、ダビデが敵を目の前にしても、主の宴に座ることができる平安を持っていることに驚かされる。

 この時、主はすかさず、頭に油を注ぐ。
 主に従う力と平安は、主の宴に入ることで与えられるのだ。
 主の宴会に行こう!
 主の宴会に入ろう!

 主イエス・キリストの血潮は、私の魂の中から溢れ出る。
 罪なき小羊の血潮は私のすべてを潤し、永遠の命に至らせる。

 私達の勝利は主イエス・キリストの十字架によって立証された。
 ダビデの杯は、私を助け、守り救いだす主の契約の血潮の盃である。
 ハレルヤ――!

 今年は、もう8週くらいLINEライブや、LINEビデオ電話でしかお目にかかってない兄弟姉妹方が多い。
 しかし、いつも10名くらいであるが、教会堂で礼拝ができている。

 多分、このような時でも教会の中で礼拝が行われ、祈りがささげられているということは、とても大事なことのような気がする。
 父の早天祈祷会ではないが、一人になっても会堂で礼拝したいなと思わされた、今回の新型コロナウィルスでの礼拝休止である。

 聖餐式は、イエス様を直接いただこうと、エア聖餐式とした。
 眉を顰める方も入るかもしれないが、もともと、私たちが食べるのはイエス様そのものであって、決してパンや、ジュースではない。
 もちろん、聖別していただくわけではあるが、ないときも、ないところもある。

 私は今の時、恐れずエア聖餐式をする。
 いつでもどこでもイエス様ならいらっしゃる。
 たとえネット上の向こう側にいても、私たちは一つ。
 復活の主よ来てください。
 いまこそ私の中で生きてください。
 マラナタ!主よ来たりませ!(た)
No.389 祝イースター 2020.4.12_c0265111_17224461.jpg

















# by mitiru-takae | 2020-04-12 17:25 | Comments(0)

No.388 御手の中で 2020.4.5

御手の中で

その血はあなたがたのおる家々で、あなたがたのために、しるしとなり、わたしはその血を見て、あなたがたの所を過ぎ越すであろう。わたしがエジプトの国を撃つ時、災が臨んで、あなたがたを滅ぼすことはないであろう。<出エジプト12:13>
 
 新型コロナウィルスは、じわじわと、私たちの生活を脅かすようになってきた。
 自分の生死を考えるなど、今までになかったと思う。
 安易に「私には関係がない」と横を向いていた若い世代が、次々と感染して今の新型肺炎に恐れをもちはじめる。

 そのような中、通常の風邪やインフルエンザにも危機感を持つ、老人や持病を持つ人々は、かえって肝が据わるというか、今までにないほどの強い心で、日々の健康管理、感染症への予防に余念がないのもたしかである。

 さて、「クリスチャンとして、今の時をどうとらえるのか」は、宗教家ならずとも、それぞれの立場で色々と考えてみるし、発言もしたくなる。
 他国で起こったことや、他人ごとで済ませられることは、なんとでもいえるが、事、自分の身にも降りかかる恐れがあることとなると、信仰が試される。

 殉教していった隠れキリシタンの人々も、はじめは恐れたに違いない。
 しかしその恐れにも勝る、イエス・キリストへの従順が、彼らをダニエルにも、その三人の友や、エステルにも勝るとも劣らない信仰に変えていったのである。

 私達には、何よりも強い城がある。
 決して砕かれることのない堅固な城壁がある。
 これを守っているのはイエス・キリストの血潮だ。

 冒頭の出エジプト記だが、ここでいう「その血」とは屠られた小羊の血である。
 やがてイエス・キリストが私たちの罪のために十字架の上で流される「屠られた血」の予型である。

 この血潮で塗られた柱と鴨居の前を、災いを運ぶ天使が通り過ぎていくのだ。
 エジプトにいるすべての民に降りかかる災いを、血潮によってイスラエルの人々は免れることができたのである。

 私達の心の柱と鴨居に、イエス様の血潮を塗ろう。
 それどころか、私たちにとって、塗られた血潮は、入り口だけでなく、すでに心の中一杯に満ち溢れて、災いが入る余地なくイエス・キリストが生きてくださっている。

あなたは夜の恐ろしい物をも、昼に飛んでくる矢をも恐れることはない。
また暗やみに歩きまわる疫病をも、真昼に荒す滅びをも恐れることはない。
たとい千人はあなたのかたわらに倒れ、万人はあなたの右に倒れても、その災はあなたに近づくことはない。
あなたはただ、その目をもって見、悪しき者の報いを見るだけである。
あなたは主を避け所とし、いと高き者をすまいとしたので、
災はあなたに臨まず、悩みはあなたの天幕に近づくことはない。<詩篇91:5~10>

 新型コロナウィルスが、私たちの目の前を通るとき、イエス様の血潮によって、彼らに私たちは見えず、又かえって私たちは彼らの滅亡を見ることができる。

 このみ言葉を日々告白していこう。
 ウィルス蔓延の危険がある状況の中で、私たちは、かえって御国に飢え渇き、み言葉に飢え渇くのである。

 み言葉によって、私たちの日ごとの生きる力をいただこう。
 家の中にいて退屈と思える人(中にはいるのです)も、また仕事もせず、家の中にいて怠惰だなどと(こういう生真面目な方もいます)自分を低くするのではなくて、今だからこそ、することがない人も忙しく、み言葉を告白し、祈っていきましょう。

 恐れでつらいときも、苦しい時も、主を賛美し、主を喜び、感謝の日々をお過ごしください。
 今は主の御手の中で、主の御声に聞き従い、準備の時としましょう。忙しいですよ。感謝!(た)
No.388 御手の中で 2020.4.5_c0265111_15524619.jpg











# by mitiru-takae | 2020-04-05 15:53 | 満ちる | Comments(0)

No.387 蕗の薹(ふきのとう) 2020.3.29

蕗の薹(ふきのとう)

彼らは雨を待つように私を待ち
春の雨を仰ぐように口を開いた。
彼らが希望を失った時にも、
わたしは彼らにむかってほほえんだ。
彼らはわたしの顔の光を除くことができなかった。<ヨブ29:23、24>

 ヨブの言葉である。
 まるで神が語っているようだ。
 この時ヨブ自身が気付いていない、義人ヨブの大間違いはここにある。

 確かに、来るものを拒まず、教え導き、施し、どんなきついときでも彼らの前で笑みを絶やすことなく、ヨブは周りの人々に慕われていたに違いない。

 苦しいものにとってそれは、春の雨のように、口を開けて待つだけの価値があったのだろう。
 ヨブにしてみれば、一生懸命に人のために尽くす行いが、自分を神に近づけ、義人と自負するための大切なものであったからだ。

 ヨブが、自分の行ってきたことのすべてに神の業を見つけるならば、「自分の義がこれをなしたのだ」とは言えなかったであろう。
 この言葉をそのまま、神が自分に下さったものだと知るとき、ヨブ自身が春の雨のすばらしさを見て神を崇めたであろう。

 私達はこの言葉を神の言葉としていただきたい。
 素晴らしい言葉だ。

 もう一つ春の言葉を挙げてみよう。

私はあなたがたの地に、秋の雨や春の雨など、必要な時期に雨を降らせよう。あなたは、穀物、新しいぶどう酒、新しいオリーブ油を収穫するだろう。<申命記11:14>

 やはり、春といえば、温かさを運んでくれる雨、私たちの地に豊かに収穫をもたらしてくれる穀物や、たくさんの木々、植物、美しい花などが芽吹く時で、何となく心が明るくなる。

 周りを見ると、こぶしの花が咲いていたり、桜の花もちらほらと咲きかけている。
 木や花の芽を見ると、どんなに寒くても、「ああ、春が来たな」と、心がウキウキしてくるのだ。

 先日、私の弟が蕗(ふき)の花が咲いている写真をLINEに載せてくれていた。
 「中々、花が咲く前には見つけられない」と言っていたが、蕗の薹は、ほろ苦い春の味覚としても、私たちを楽しませてくれる季節の逸品だ。

 いま、新型コロナウィルスの感染予防のため、あまり外を出歩かない人が多いと思う。

 私は特に、骨折のおかげで、外に出ることもできず、買い物もネットで済ませ、ひたすら痛みと戦っているうちに、ひと月過ぎ去ってしまったという次第である。

 苦しむことなく自宅で過ごせたというのも少しつらいが、元気であれば出歩きたいものである。
 気が付けば、あたりは春、自然の営みに、驚くばかりだ。

 ヨブに今会えたら、一緒になって神をほめたたえるだろう。

 「春の雨が素晴らしいのも、わたしたちが義人とされるのも、人々があなたや私たちを慕ってくれるのも、皆、素晴らしい私たちの神様のなさることだよ。
 この大自然や宇宙を創造したお方だからね。
 神様って何でもできてすばらしいんだ。」(た)

そこでヨブは主に答えて言った、
「わたしは知ります、
あなたはすべての事をなすことができ、
またいかなるおぼしめしでも、
あなたにできないことはないことを。<ヨブ42:1、2>
No.387 蕗の薹(ふきのとう) 2020.3.29_c0265111_15503242.jpg












# by mitiru-takae | 2020-03-29 15:53 | 満ちる | Comments(0)