人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.382 地の塩、世の光として 2020.2.23

地の塩、世の光として

そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。<マタイ5:16>
No.382 地の塩、世の光として 2020.2.23_c0265111_18594281.jpg
 「クリスチャンとしての私たちの言動を見せるのではなくて、クリスチャンである私たちを通してイエス・キリストを知っていただくのだ。」とはよく言われる言葉である。
 だが、果たして、周りの人々は私たちの生きる姿を通してイエス・キリストを知ってくれるであろうか。私たちはそのような人でありたいと願っているがどうだろう。

 以前、「満ちる」で、私の父のかたくなまでに押し通す信仰行為について言及したことがある。
 世の人との妥協点は、道徳的、人道的そのあたりまでであって、そこから突き進んでパウロの言う「宣教の愚かさ」をもって生きようとするとき、今の自由な日本でさえ、「うーん!」とまゆをひそめられることが多い。
 とてもそのような周りの人に敵対するような生き方はなかなかできない。

 しかし、考えてみると、世の人と、イエス様の側の人間とは、敵対するのが当たり前である。
 魂の底にあるものが全く違うからだ。
 「闇と光、死と命」、この違いははっきりしている。
 私たちは、世と妥協しないで、宣教していくことが果たしてできるのであろうか。
 イエス様が言う、「地の塩としての役割を担う、また、世の光として、精いっぱいの良きことを行い示していくこと」はとても大事な宣教の一つである。

 そこで、私たちが、地の塩であり、世の光である、御国の性質を、顕していく人になるために、先ず、聖霊様による充満を求めよう。

 真の地の塩の働きをして下さるのはイエス様だ。
 これは愛である。
 また、真の世の光として、暗いところを照らし、私たちの罪をもあらわにし、救いに導く者、これも私たちのイエス様のお姿だ。
 このイエス様が私たちの中に生きてくださるとき、私たちは、「愚かな宣教」ができる人となる。

 私たちの心の中に悪しき思いが満帆になっているとしたら、とても塩の働きも、光の一筋も漏れることがない、サタンの奴隷状態だ。
 イエス様の思いで満たしていただこう。

 いつも神の側の人間として立っているためには、み言葉の告白である。

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。<第一テサロニケ5:16~18>
 
 例えばこのみ言葉を、できないと言わずにただ告白する。
 一日何度でも思い出すたびに告白する。
 私たちの告白する言葉によって、イエス様は神にとりなしてくださるのである。
 「出来ないことだから口に出せない」ということはイエス様にとりなしてもらわなくても良いということになる。
 そうするといつまでたってもみ言葉が実現することはないであろう。

まむしの子らよ。あなたがたは悪い者であるのに、どうして良いことを語ることができようか。おおよそ、心からあふれることを、口が語るものである。<マタイ12:34>

 私たちのうちにあるイエス様のご性質(生きて働いてくださるイエス・キリストの霊)を、これでもかというくらいに満たしていただこう。
 心の奥底(霊)から心、肉の心を突き破り、外なる人までも、だんだんと変えていただこう。

 暗闇で光が漏れるように、私の心の中からキリストの香りを放つことができる人に変えられよう。(た)
No.382 地の塩、世の光として 2020.2.23_c0265111_18595806.jpg
















by mitiru-takae | 2020-02-26 19:03 | 満ちる | Comments(0)

No.381 天においてあなたがたの受ける報いは大きい 2020.2.16

天においてあなたがたの受ける報いは大きい

義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。
わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。
喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。<マタイ5:10~12>

 心が貧しい人、悲しんでいる人、柔和な人、義に飢え乾いている人たちは、抑圧から解放されたい、そして幸せになりたいと、切に求める心を持った人々である。
 この人たちは、イエス様を知り、イエス様に求めた時点で、主イエスにある祝福をすべていただく事ができる。
 天国は彼らのものである。

 すべてのものはイエス・キリストにあるもの、イエス・キリストそのものである。
 また、あわれみ、心の聖さ、平和をもって行動できる人、この人は心のうちにイエス・キリストが生きている人である。
 イエス様を信じる人のすべてが、これらを与えられるし、受け取ることができるであろう。

 マタイ3章3節から9節までの7つの幸せは、イエス様を信じることにより与えられる幸せ「天国は彼らのものである」という初めの言葉に集約されている。

 マタイ5章10節は、初めと同じ様に「天国は彼らのものである」で結ばれているが、内容は「義のために迫害されてきた人たち」と書かれている。
 そして11、12節では「イエス様を信じて、イエス様のために迫害をもいとわない」という信仰の在り方が、まるでテストのように私に迫ってくるのだ。

 つまり、10節で、すべての人々に向かって言われた言葉が、11、12節では急に私に向かって迫ってくるのである。
 イエス様が向き直って弟子たちに語り掛けるのである。
 私に語り掛けてくるのである。

 この時、弟子たちは「わかった。私はイエス様に死んでもついていきます」と、固く思ったに違いない、しかし、現実はどうだったであろう。
 彼らは逃げ出したのだ。
 イエス様の死を受け止めることができなかったのだ。

 しかしその後、イエス様の死と復活、ご聖霊の満たしによって、一時は逃げ出した弟子たちも、宣教という立場で起こる自分たちへの迫害、又その恐れを克服していったのである。

 どんなに小さなことでも、迫害が自分に向いたならば、私たちは、恐れてしまう。
 最近の日本では、イエス・キリストを、信じることによってうける迫害はほとんどないであろう。
 しかし、違う形で迫害はやってくる。

 日本の文化や風習に従わないことも(仏壇を拝まない、神社に参拝しないなど)個人の宗教の自由はあるのだけれど、大きな会社などの組織の中では理解を得られないことが多い。
 人と違うことをしていると、ご近所になんとなくのけ者扱いされる。
 魂が緩んだような平和の中で、私たちはサタンの餌食となりやすい。

 直接キリストによる迫害ではないが、どうしても逃げることができない、最も私たちを煩わせるのが病による「恐れ」である。

 サタンの支配下では、私たちは病気を逃れることはできない。
 罪ある人間として生まれたからには「死」を免れることはできない。

 しかし、私たちに向かってイエス様は言ってくださる。
 「天国はあなた方のものである。喜び喜べ!」
 「この世の支配者がもたらす、病や、死や、恐れを受けてもなお、わたしを求め、私の名を呼ぶあなた方には天において最高に大きな報いがある。」
 私たちはいま生きているここを「天」としたい。ハレルヤ!(た)
No.381 天においてあなたがたの受ける報いは大きい 2020.2.16_c0265111_17171368.jpg












by mitiru-takae | 2020-02-18 17:24 | 満ちる | Comments(0)

No.380 主イエスの宣言 2020.2.9

主イエスの宣言

イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。
すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。<マタイ4:19、20>

 2月5日(水)FGイエス・キリスト別府教会にて、大分プレギャザリングが開かれた。
 そこに他の2作と共に、最新作の「神の宣言」なる絵を持って行き、披露させていただいた。
 マタイ3章17節の、イエス様の受洗の場面である。

「これは私の愛する子、私はこれを喜ぶ」【新改訳】

 ヨハネが聞いた、イエス様に対する神の宣言である。ヨハネはこれを待っていたのだ。
 
 ヨハネの、道を整える役割が終わるのは、この神の宣言する神のひとり子なるイエス様(救い主)が、来た時だ。
 ヨハネの人生のすべてが、今現在の私たちのためでもあった。

 この絵を、大分ギャザリングの朝一番のディサーメントの時に先生方にお見せした。ところがデミアン師が何かおっしゃっている。自分の着ているシャツのポケットを指していた。
 「このシャツのポケットの模様と同じだ」というのだ。
 よく見ると、白地に薄い細い線で描かれた刺繍のような模様がまさに、羽を広げた同じ形の鳥の姿であったので、皆で感嘆の声を上げた。

 これはほんの小さな、私たちを喜ばしてくださる神の恵みの現れだが、この日、他県から来てくださっている先生方が非常に驚いたことがもう一つあった。

 それは、いま世界中を騒がしている新型コロナウィルスの発生の地、中国の武漢市と大分市が姉妹都市であるということであった。

 このコロナウィルスの出現は、とにかく不思議。普通のインフルエンザよりは弱く、SARSよりも死亡率は少ない。
 しかし、増殖がとにかく速い。潜伏期間が長いというのも広がる原因の一つかもしれない。
 特に中国の旧正月の大みそかに、親族がみな集まる大切な時、そのタイミングでこのことが起こったのだ。

 今回のコロナウィルスの原因は蛇だと言われている。
 コロナは王冠の意味だが、この王冠を被ったようなウィルスが、中国の中で、また世界中で戦いを挑んでくるのだ。
 まるで黙示録12章の、今生まれようとする子供を食い尽くそうと待ち構えている竜を目の前にするような恐れが襲う。
 家の戸の向こう側にある恐れは、中国のクリスチャンたちにとって、かつての迫害よりも怖いものだそうだ。
 
 しかし、私たちはこの戦いを霊的戦いと知り、天使ミカエルが勝利することを知らねばならない。
必ず、私たちは勝利するものとなる。
 デミアン師が言ったのは、「どうして我々は勝利するのか、それはキリストの血潮、血潮に覆われた過ぎ越しは安全である」からだというのだ。
 できれば毎日聖餐式を行うと良い。
 それは形式的なものではなく、「私は主の者だ」と宣言するものである。

 私たちにとっては、「たとえ死んでもよい、死を恐れない」という、ダニエルやダニエルの三人の友のように神への信頼、信仰をもって主に従うという、実践を迫られることとなるわけだ。

 さて、ペテロたちのイエスへの従順である。
 「がむしゃらに、怖いけど我慢して従う」ではない。
 「家族がいるから、仕事があるから」と、迷っていたわけでもない。

 「私に従ってきなさい」という声を聴き、「人間をとる漁師にしてあげよう(するのだ)」というイエス様の宣言なる強いお言葉によって、引き出されたに違いない。
 神の宣言は、聞く私たちを揺り動かし、引き出す力を持っている。(た)
No.380 主イエスの宣言 2020.2.9_c0265111_15102839.jpg
《神の宣言》



















































by mitiru-takae | 2020-02-11 15:12 | 満ちる | Comments(0)

No.379 啐啄(そったく)同時 2020.2.2

啐啄(そったく)同時

この時からイエスは教を宣べはじめて言われた、「悔い改めよ、天国は近づいた」。<マタイ4:17>

 「啐啄同時(禅語)」というのは、「またとない好機のこと」と、辞書を引くと出てくる。
 私が禅語について詳しいわけではない。
 ただ、父義人はキリスト教にも通じるような、禅宗の悟りについてよく話していた。
 この言葉もその一つである。

 鶏のひなが今にも生まれようとするとき、卵の殻の中から殻をつつき、音を立てる。これを「啐」という。「啄」はこの雛が生まれ出るのを助けるため親が外から殻をつつくことを言う。
 禅宗では、今まさに悟りを得ようとしている弟子に対して、師匠がすかさず教示を与えて、悟りを助けるということなのだ。

 良い教師またコーチに出会うことは、スポーツ界においてもそうだろうが、その人の才能をとことん伸ばして貰える可能性が高い。

 イエス様は私たちの最高のコーチだ。
 最高の師匠だ。
 
 暗闇の部屋の中から、私たちの叫ぶ魂の声を、いち早く察して、戸口に来てくださる。

見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。<ヨハネ黙示録3:20>

 小坂忠師の作曲した歌の中に「ノック」というのがある。
 この曲を聴くといつもヨハネ黙示録のこのみ言葉を思い出す。
 イエス様は、私の魂の戸口まで来て、「ノック」してくださっているのだ。
 私の心が、イエス様に向きなおろうとするとき、すかさず、「ノック」してくださる。

 また、戸の外に立つイエス様の絵画がたくさんある。
 調べてみると、「世の光【ウィリアム・ハント画】」など、なじみ深い絵がいくつも出てくる。

 その絵はどれを見ても、イエス様がドアをノックしているのだが、ドアノブが外についていないのだ。
 中にいる人が戸を開けない限り、イエス様はそこに入っていくことができない。

 チャンスはいつもあるし、あった。
 私とイエス様の出会いも、みんなのイエス様との出会いも、この時、この一瞬で決まった。
 それは私たちがドアを開いたときである。

 まだ出会ってない方々はぜひ出会ってほしい。
 あなたの思いのドアを開けて、イエス様に。

 さて、すでにイエス様に出会っている私達であるが、ともすれば神の側に背を向けているときもある。
 「共に食事をしたい」というイエス様の声を聴かないふりをするときもあったりする。

 こんな時、私たちは天の国から遠くに離れてしまっている。
 まるで放蕩息子のように、欲に任せて、好きなことばかりしている。
 また、自分を責めて、自分を愛することができない。
 苦痛に耐え切れず、砂漠のようなところで、うずくまっている。

 「悔い改めよ」という神の言葉は、「帰っておいで」という神の言葉。
 「天の国が近づいた」という言葉は、「イエス様が近づいた」ということである。

 いつも近くにいるイエス様が、私が向き直った時、ドアノブを開けるとき、顔と顔が向き合うくらい目の前まで来てくださるということだ。
 その時、「悟り」以上の、悟りをもたらしてくださる「悟りそのもの」であるお方を知ることができる。
 最高の律法(愛)なるイエス・キリストである。(た)
No.379 啐啄(そったく)同時 2020.2.2_c0265111_23140653.jpg














by mitiru-takae | 2020-02-04 23:15 | 満ちる | Comments(0)