人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.378 もしあなたがクリスチャンであるなら 2020.1.26

もしあなたがクリスチャンであるなら

さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。
そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。
すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。<マタイ4:1~3>

 「あなたはクリスチャンなんだから、隣人を愛さなければいけないのでは。今日は、教会の日曜礼拝に行くよりこの人を助けるために、あなたの時間をさくべきだとおもいます。」と、家族か、会社の同僚に言われたとき、あなたは一体どうするだろうか。

 昔、まだ釘宮家の子供たちが、小学生くらいのころ、必ず日曜日に行われる運動会に、親が朝から見に行くなどということはまずなかった、というよりも、お昼のお弁当は、日曜礼拝の後、母が急いで持っていくという始末であった。
 それも、早めに終わってほしいなと思う時に限って、父はいつもより長い説教をするのである。

 ただ、そのことを、他の信者さんに同じようにせよとは言わなかった。中には言いたい人もあったようであるが(笑)。

 牧師なら、伝道者なら、信仰の筋を通すべきであるかもしれない。
 また、自分の信条を簡単に崩してしまうのは信仰者として、他の求道者の方々に対して少し恥ずかしい。何より神様の前に顔を上げて出られない。

 こんなことを父が思っていたかどうかはわからないが、一本筋を通した生き方というのは他人からしてみると、少し律法的に見えたり、頑固のようにも見える。
 信仰によって生きる真実の生き方とは、一体どこが違うのであろうか。

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。<マタイ4:4>

 父が一貫して通した生き方は、時には頑固であったかもしれない。
 時には、自分の思いを制するために執拗なまでも押し通したことであったかもしれない。
 しかし、そこに「神に従って生きよ」という、神の言葉が父に語りかけられていたとするならば、なんとしてでも神に従たがわざるを得なかったであろう。
 
 私たちもそうである。
 時どき迷うこともある、その選択は、誰にも教えてもらえないときもある。相談する信仰の友もいないときがある。
 一家の家長であるご主人、又一人で子供を育てなければならないひとり親、一人暮らしの方、会社の社長、など、すべての頂点に立つ人々は、特に重要な選択を迫られる。

 他人に聞いては思うようにならないと腹をたてたり、悪い結果が出ると、その人の責任にしたくなる――、というように、私たちはいつもどこか自分自身に対しても、他の人に対しても、自信もなければ信頼も薄い。

 神様の前に静まって、心の底に語り掛けてくる細き小さな声を聴くことをお勧めしたい。
 砂をかむようであっても、聖書を読むことをお勧めする。

 人の思いは、さばいたり中傷したりと、自分と考えの違う他人に対しては、とても冷たいものである。
 
人を恐れると、わなに陥る、主に信頼する者は安らかである。<箴言29:25>

 イエス様に倣って歩んでいこう。
 わたしたちにとって、まるで荒野のような状況の中にある時も、イエス様はいつも私たちより先に進んで、荒野の中に逃れる場所を用意してくださっている。
 今、たとえ荒野の真っただ中にいても、イエス様の居られる場所にいこう。

 荒野で「あなたクリスチャンなんだから―-」とサタンの試みにあうならば、「わたしはクリスチャンなので、神の口から出る一つ一つのことば(レーマ)をいただいて生きています」と告白しよう。(た)
No.378 もしあなたがクリスチャンであるなら 2020.1.26_c0265111_19342013.jpg













by mitiru-takae | 2020-01-29 19:36 | 満ちる | Comments(0)

No.377 イエスと洗礼者ヨハネ 2020.1.19

イエスと洗礼者ヨハネ

そのときイエスは、ガリラヤを出てヨルダン川に現れ、ヨハネのところにきて、バプテスマを受けようとされた。
ところがヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った、「わたしこそあなたからバプテスマを受けるはずですのに、あなたがわたしのところにおいでになるのですか」。
しかし、イエスは答えて言われた、「今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいことである」。そこでヨハネはイエスの言われるとおりにした。<マタイ3:13~15>

 若いころ、よくわからなかった聖書個所の一つ、マタイ3:15のみことばだ。
 今考えると、「正しいこと」の意味がよくわかっていなかったんだなと思う。

 世間一般の常識で、正しいことと言われるすべての事が、私たちクリスチャンにとってふさわしいとは思えない。
 人間にとっての正しいことは時によって差別や、分裂を引き起こす。
 そこでイエス様のお言葉がわからなくなってしまう。

 インターリニアギリシャ語聖書を見てみると、「正しいこと」の箇所は「義、正しいこと」と記されている。
 聖書の中で「義」という言葉は、パウロが言う「義と認められた」「義とされた」という「義」であるし、「義人」とも出てくる。

 私たちにとって何が「義」に値することであろうか。
 私たちが義なる行いをすること――それは到底できることではない。
 また、私が何かをしたからと言ってそれを神は義とは認めてくださらない。

 イエス様が洗礼者ヨハネに言った一言「われわれ」。
 これこそがキーワードである。
 わたしたちを、信仰の同志としてまたある時は兄弟として、「われわれはこうしよう」と言ってくれる、イエス様が共にいることで、私たちは正しいことがなんであるか、知ることができる。

 神の側にとっての義が、私たちにとっても義である。
 神の御心に添って生きることが、わたしを義と認めてもらえる唯一の方法である。
 今日もイエス様が私に「われわれにふさわしいことだね」と言ってくださることを喜びとして、本物の「義」を求めていこう。

イエスはバプテスマを受けるとすぐ、水から上がられた。すると、見よ、天が開け、神の御霊がはとのように自分の上に下ってくるのを、ごらんになった。
また天から声があって言った、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。<マタイ3:16、17>

 イエスとヨハネの二人を喜ぶように、神は天を開いた。
 神の御霊はイエスめがけて下ってきた。
 イエスはこれをしっかりと見た。
 天からの声は、ヨハネに語り掛けた。
 神は洗礼者ヨハネの行いを「義」としたのだ。
 「義(ただ)しいことを成し遂げるのはあなたがたにとって最もふさわしいことである」と言っているかの如く思える。

 マタイの福音書では、このように、天からの声は、洗礼者ヨハネに語ったように書いている。
 神の言葉は、万人に響いてくるのであろうが、時に私たちは「神が私に語り掛けている」と感じるものである。
 この言葉こそ、「レーマ」という個人に語り掛ける神の言葉だ。

「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。<マタイ4:4>

 このような神の言葉を「レーマ」として受け取ると、私たちは万人がではなく、一人一人が直接神の言葉で生かされる。
 イエス様と共にいることで、洗礼者ヨハネと同じ体験をすることができるだろう。
 「これは私の愛する子」という神の証しをレーマで受けとりたい。(た)
No.377 イエスと洗礼者ヨハネ 2020.1.19_c0265111_14185746.jpg








by mitiru-takae | 2020-01-21 15:00 | 満ちる | Comments(0)

No.376 聖霊と火によるバプテスマ 2020.1.12

聖霊と火によるバプテスマ

このヨハネは、らくだの毛ごろもを着物にし、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。<マタイ3:4>

 ヨハネの生きる姿はエデンの園を追い出された時のアダムと同じ姿であった。

 イエス・キリストの衣をいただかなければこの地上では生きていけない弱い人間の姿である。

主なる神は人とその妻とのために皮の着物を造って、彼らに着せられた。<創世記3:21>

 人は自分の罪を神の前に隠すことができない。
 取り繕うことができるものを、持ち合わせてもいなければ、作り出すこともできないのである。

 それなのに、すべてが自分で行っていることと過信し、神の備えたものの中で生かされているにもかかわらず、自分の能力ですべてが事足りていると思ってしまう。

 私たち人間の高慢は、すべての罪の中でも最たるものである。
 しかも、その罪の根源、罪を犯す心を誘導する悪しきものの存在など、想像もできない、愚かなものだ。
 つい、エバのように騙されてしまうのだ。
 神に反抗して、地に投げ落とされたサタン、悪しき存在にである。

「悔い改めよ、天国は近づいた」。<マタイ3:2>

 洗礼者ヨハネは、荒野で大きな声で叫んだ。
 天国が近づいた――何という喜びであろうか、なんという嬉しい言葉であろうか。

 死の支配下にある世に、大きな喜びがおこった。
 アダムが着せてもらった衣を私たちもいただけるようになったのだ。

 このイエス・キリストの衣を着せてもらったとたん、私たちは闇から光に、死の支配から解放されて命へと移していただくことができた。
 それは、天国行きの切符であり、天国の市民権をいただいたということである。

 地上にいる間、私たちは罪の結果の肉体をもって、悪しきものに立ち向かっていかねばならない。
 病気やあらゆる災い、苦しみの中で、私たちは主の側の人間として、あらゆる困難に立ち向かっていかねばならない。

 そのことを一番よく知ってくださる神は、わたしたちがたとえどんなに弱くても、サタンとその支配下の者に打ち勝つ力を、まず、イエス・キリストの勝利をもって示された。

 十字架の勝利は、サタンに負けたように見えた十字架の死をもって成し遂げられた。
 
わたしは悔改めのために、水でおまえたちにバプテスマを授けている。しかし、わたしのあとから来る人はわたしよりも力のあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげる値うちもない。このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう。<マタイ3:11>

 主イエスは私たちに勝利を渡すために来られた。
 聖霊と火とによってバプテスマを授かる事で、私たちは悪しきものに対して強くなれる。

 まず、「私は何も悪いことをしていない」と言い張ることをやめ、「はい、私の犯してきた罪をお赦しください」と声を出して言おう。
 「イエスの十字架の血潮によって私は赦された。その打たれた傷によって癒され、すべての病から解放された。」と大喜びで叫ぼう。
 そして「主イエスを信じ私は新しく生まれ変わった」と告白しよう。

 私たちの告白する言葉に働いて、父なる神にとりなしてくださるイエス・キリストの信仰により、今日も、明日も、信頼して雄々しく生きよう。
 私を一つずつ闇の力から切り離し、聖め、導きの手を伸べてくださるイエスの霊と火のバプテスマを毎日求めよう、毎日受けよう。(た)
No.376 聖霊と火によるバプテスマ 2020.1.12_c0265111_14033327.jpg












by mitiru-takae | 2020-01-14 14:08 | 満ちる | Comments(0)

No.375 新年おめでとうございます/主の道に踏みなおして進もう 2020.1.5

新年おめでとうございます

【今年度の指標聖句】
しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。<イザヤ53:5>

 イザヤ書53章を一括して5節を今年の指標聖句としました。

 新しい年を迎え、これを機に心を一新、すがすがしい思いでこのイザヤ書53章を読みます。
 すると、改めてイエス様のご生涯に胸を打たれるのです。

 「死ぬために生まれた」イエス様のご生涯は、あまりにもひどいものです。私たちにとっては、神という名の栄光のかけらもない姿にみえます。
 しかし、この姿は私たちの身代わりとなった姿なのです。
 聖書には「私たちの咎のために傷つけられた」と書かれています。
 わたしたちの咎のためにどうしてイエス様が傷つき、殺されなければならなかったのでしょうか。

しかも彼を砕くことは主のみ旨であり、主は彼を悩まされた。彼が自分を、とがの供え物となすとき、その子孫を見ることができ、その命をながくすることができる。かつ主のみ旨が彼の手によって栄える。<イザヤ53:10>

 下線の部分を新改訳では、「主のみこころは彼によって成し遂げられる。」と訳されています。
 私たちを罪(死)から救うのは、神自らが人となったイエス様にしかできない事でありました。

 私たちの体は、死を免れることはできません。また、生きているうちにも、何らかの病や、心配、悲しみ、悩みなどで束縛されています。

 しかし、わたしたちには希望があります。
 イエス様を「私を救ってくださるお方」と信じることで、私たちの霊は神のものと変えられ、霊が変えられると、心までもが新しくされるのです。
 新しい心は、闇の苦しみを打ち破り、イエス様によって永遠の命を勝ち取ります。

 この新しい心が、この地上の病や苦しみに打ち勝つエネルギーと、パワーの源となるのです。
 イエス・キリストの信仰と力です。

 この一年、毎日イエス様の命と力をいただいて、地上でのあらゆる試練に立ち向かっていくことができますように、祈り、告白していきましょう。(た)


主の道に踏みなおして進もう

それは、わたしが主の道を守り、悪を行わず、わが神から離れたことがないからである。<サムエル22:22>

 イエス様が、イスラエルの罪の歴史を踏みなおし、すべてを完了してくださいました。
 私たちが犯してきた過去の罪も、同様にイエス様を信じることによって踏みなおすことができます。

 過去犯してきた罪、知らずに人を責めたり、中傷したりしてきたことなど、過去の時は自分の力では変えることができません。
 しかし、イエス・キリストを信じるならば、あなたの過去も、それだけではなく、今現在も未来までも、すべての事を幸いな事と変えることができます。

 イエス様が、人間の罪を、死をもって踏みなおしてくださったことによって、私たち自身も、そのあとについて行くことができるからです。

 自分の人生が、全く新しい、輝かしいものとなるとしたら、誰でも、イエス様の踏みなおした新しい道を選びたいと思うのではないでしょうか。(た)
No.375 新年おめでとうございます/主の道に踏みなおして進もう 2020.1.5_c0265111_15071752.jpg










by mitiru-takae | 2020-01-08 15:09 | 満ちる | Comments(0)