人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.352 立ち上がれ/マルコ福音書最後の講解メッセージ 2019.7.28

立ち上がれ

ヨシュアは汚れた衣を着て、み使の前に立っていたが、 み使は自分の前に立っている者どもに言った、「彼の汚れた衣を脱がせなさい」。またヨシュアに向かって言った、「見よ、わたしはあなたの罪を取り除いた。あなたに祭服を着せよう」。<ゼカリヤ3:3、4>

すると彼はわたしに言った、「ゼルバベルに、主がお告げになる言葉はこれです。万軍の主は仰せられる、これは権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである。<ゼカリヤ4:6>

 2013年7月15日は、記念すべき、私が牧師按手礼をいただいた日である。
 その時いただいたみ言葉が冒頭にあげたゼカリヤ書だ。

 按手礼の時は「すべてが神の御手にあり、私が何ができるかということでなく、ただ、神の霊によってなされた偉大なことである」と不安交じりの心に「主の力によって立ち上がれ」と、命令していた状況であった。

立て。さあ、ここから出かけて行こう。<ヨハネ14:31>

 しかし、今日言葉を読みながら、私は片ほうの口角を上げて、ニタリと笑う。
 「その通り、サタンが私を牧師にしまいと、私の罪を神の前に告発するとき、
神はかえってサタンを告発するという。私の罪に汚れた服を脱がせ祭服をきせてくださった。まことにこれは神の霊によってなされたことである。」

 父が言ったではないか。「孝枝簡単だよ、主が後押ししてくださる」
 この言葉は今も私の胸中に迫ってくる。
 「そうだその通りだ」と。

 さて時に、先日のギャザリングがあった日はというと、くしくも7月15日、按手礼記念日であった。
 今回のギャザリングのテーマであるみ言葉も、ゼカリヤ書4章6節である。
 あれから6年、早いものだとまた父を思い出す。

 懐かしいので父の召される1月前くらいの日記の一部を再度紹介しよう。

 「義人よ、今だ。立ち上がれ。遅れを取るな。主の時だ、戦いの時だ。主に福音ののろしを上げるのだ。」―――「大きな変化が私の魂に起こりつつあるな、と思う。―――神様、有難うございます。今後、素晴らしいことが起こるでしょうね。―――いやいや、寝てられませんねえ。神様、感謝します。一切が変わります。」

 まさに「一粒の種」としての自分の役割が起こる時であったし、一切が変わる時であった。
 私も声を上げる。「寝てられませんねえ。主よありがとうございます。」(た)


マルコ福音書最後の講解メッセージ

弟子たちは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主も彼らと共に働き、御言に伴うしるしをもって、その確かなことをお示しになった。〕<マルコ16:20>

 マルコ講解も最後となった。
 はじめは「4、5か月かかったのかな」と思っていたがなんと、昨年の6月ごろから始めていたらしい。驚きだ。
 そういえばなんとなく、なじんでいて、もう終わりかと思うと寂しい気もする。

 このマルコの最後の最後、大宣教命令である。
 だが、私たちにとっては、主が共に働くということが大きな支え。
 いや、それどころか不信仰な私たちに、イエス・キリストの福音の確かさを、み言葉に伴うしるしとして(み言葉が伴わないものは神からのしるしではないともいえる)見せてくださる。

 みなさん、主からのしるしはすでに一つ受け取ってますよ。
 「私はイエス・キリストを私の救い主と信じます」と言えることだ。アーメン! (た)
No.352 立ち上がれ/マルコ福音書最後の講解メッセージ 2019.7.28_c0265111_09083736.jpg








by mitiru-takae | 2019-07-31 09:17 | 満ちる | Comments(0)

No.351 新しい賜物 2019.7.21

新しい賜物

彼は天を低くして下られ、
暗やみが彼の足の下にあった。
彼はケルブに乗って飛び、
風の翼に乗ってあらわれた。
彼はその周囲に幕屋として、
やみと濃き雲と水の集まりとを置かれた。       <サムエル下22:10~12>

 7月15日(月・祝)、大分カルバリチャーチに於いて「大分ローカルギャザリング」が開かれた。
 アルゼンチン、台湾の教会をめぐって、大いに恵まれた永野先生のお話にみなワクワク期待し、また、福岡、山口県宇部など、遠い教会からの初めての先生方や兄弟姉妹の参加があり、とてもエネルギッシュな聖会となった。

 キリストの福音大分教会からも精鋭数人の参加、特に遠く阿蘇からの井野さんご夫妻の参加は嬉しかった。
 お二人のニコニコ顔が、外部の教会で見ると、とてもほっとする。
 弟のベースギター、妹の賛美リーダー、ともに奉仕感謝であった。
 賛美についても、主のみ前で踊り、又主と共に演奏し、歌う、これをとても楽しんでいるように見える。

 「私たちの礼拝はこうでなくっちゃ」と思う。
 妻からさげすまれたダビデのように、幼子にかえって私たちは主を喜び、主に喜ばれるものとなりたい。
 いや、そうなった(笑)、成らせていただいた―――のだ。

 恥ずかしかった「ハグ」も―――だいぶなれた。
 「愛してる」も言えるようになった。
 この喜びは「賜物」であり、「実」だ。今日いただく「新しい賜物、それは新しい実」である。
 このことは、今回のギャザリングで、一番私の心に刻まれた。

 今回私は絵を描かせてもらった。
 冒頭にあげたみ言葉は、絵をかき終わって3日目くらいに与えられたもの。
 関連してみ言葉が、毎日次々と与えられる。
 聖書を探すのではない。
 毎日、「早天祈祷会」、又「聖書学習会」というようにみ言葉(聖書)を開くたび、そのところで示されていく。

 そもそも私にとっての預言的アートというものは、数年前の東京の21世紀教会での礼拝後与えられた「夢と絵を描くこと」の預言、ここから始まった気がする。

 四国松山と広島のギャザリングの前に、橋本先生から描いてと頼まれた預言的アート2枚が、預言とどちらが先か後かはよく覚えていないが(笑)、わたしの預言的アートの発端となった絵である。

 絵を描くのはとても好きだったし、漫画を描くことも大好きだった。
 自分の大好きなことを、主にお捧げできることは素晴らしい。
 絵を通して私のライフワークが示された感があり、「主の下さる賜物を感謝して受け取る」ことが大切だと、実感する。

 21世紀教会での預言の最後に、「シーズンが来たら明かされる」と言われていたことの意味が、絵の解き明かしのことではなくて、私にとっての新しいシーズンが来るんだという預言であったということも、恥ずかしいことではあるが、「今、わかった」と言える、そんな喜びが湧いてくる。

 神が下さる、新しいシーズンがやってくるとき、それはまるで神は私の魂の中に「天を押し曲げ降りてこられた」という、今回与えられたみ言葉のようだ。

 突然(私にとっては突然である)主はケルプに乗って大いなる権威をもって私のうちに来てくださる。
 私の魂を、主は幕屋(仮庵)としてくださったのだ。

 私たちを囲む命の水は永遠に枯れることがなく、私たちも決して枯れない。
 なぜならば、私たちはイエス・キリストに、接ぎ木されたものであって(ローマ11:24~26)すべてのものを「根」からいただいているからだ。アーメン! (た)
No.351 新しい賜物 2019.7.21_c0265111_21560633.jpg
(今回のギャザリングで披露した預言アート)
















by mitiru-takae | 2019-07-25 22:18 | 満ちる | Comments(0)

No.350 笑うが勝ち 2019.7.14

笑うが勝ち

 あなたが戦えば負けるにきまってる。
 相手は引くことを知らない相当なつわものぞろい。
 だとするとあなたは逃げますか?

主があなたがたのために戦われるから、あなたがたは黙していなさい」。<出エジプト14:14>

 今の私たちは、刀や槍を振り回しての戦い方などはしない。

 しかし、今の時代の政治、経済、マスコミなどなど、また、取るに足りない、影響も少なかろう一個人でさえも、まことしやかな嘘をささやき、その心の中から出る、思いや言葉が、遠慮することなく刃として他人に向けられる。

 そのような中での人の戦いの相手は、政治家?、企業?、また時にはボランティアのような団体であったり、隣の誰かであったりもする。

 私たちクリスチャンが戦うべき本物の相手は誰であろう。
 家族や、隣人、友人、職場の上司や同僚・・・ではないはずだ。

 私たちは敵をしっかり見極めておきたい。

悪をなす者のゆえに、心を悩ますな。不義を行う者のゆえに、ねたみを起すな。
彼らはやがて草のように衰え、青菜のようにしおれるからである。<詩篇37:1、2>

 「悪をなす者」(口語訳)とここには書かれているが、10節以降は「悪しき者」(口語訳)だ。

主の前にもだし、耐え忍びて主を待ち望め。おのが道を歩んで栄える者のゆえに、悪いはかりごとを遂げる人のゆえに、心を悩ますな。<詩篇37:7>

 極めつけ嬉しいのは次だ。
 
しかし主は悪しき者を笑われる、彼の日の来るのを見られるからである。<詩篇37:13>

 「彼の日が来る」というところの新改訳は「彼の日が迫っているのをご覧になるから」とある。
 神は悪しきものを嘲笑する。審判の日のことを知っておられるからだ。

 だから私たちは、今を耐えられる。
 主を待ち望んで生きられる。

 ある姉妹がLINEのメッセージの中で言った。
 「サタンのゆえに、心を悩ますな!」
 「はい! わかりました♡」
 姉妹は一日中「サタンの故に心を悩ますな」と繰り返していたそうだ。

主を待ち望め、その道を守れ。そうすれば、主はあなたを上げて、国を継がせられる。あなたは悪しき者の断ち滅ぼされるのを見るであろう。<詩篇37:34>

 私たちは逃げる必要がない。
 主が戦ってくださることを知っているからだ。
 十字架の故に、勝利したことを知っているからだ。

 サタンからは喜びは来ない。
 相手がどんなに強くても、悩むことなく「わっはっは!」で追い払おう。

主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。<詩篇37:4>
 
 義人牧師は言った。「笑いをなせ!」
 逃げるより笑おう!
 私たちは主によって真の勝利の喜びを得る。アーメン!(た)
No.350 笑うが勝ち 2019.7.14_c0265111_21471198.jpg











by mitiru-takae | 2019-07-16 21:48 | 満ちる | Comments(0)

No.349 不都合な出会い 2019.7.7

不都合な出会い

こうして、イエスを嘲弄したあげく、紫の衣をはぎとり、元の上着を着せた。それから、彼らはイエスを十字架につけるために引き出した。
そこへ、アレキサンデルとルポスとの父シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に負わせた。<マルコ15:20、21>

 私たちにとって、イエスとの出会いは、必ずしも愛と喜びに満ちた場所とは限らない。

 最悪の場合ではあるが、十字架の上でイエスに出会った強盗は、自分の犯した罪のためではあるが、どん底でイエスに出会った。

 しかし、シモンというクレネ人は、まったくもって罪を犯してはいない。
 いきなり、引き出され、イエスの十字架を代わりに負わされた。

 十字架にかかるイエスは神の子、罪は何一つないお方。
 代わりに十字架を担いだシモンは、神から見れば大罪人であるが、社会的には何の罪も犯してない、いわば普通の人。
 強盗に比べれば、一番私たちと立場が似ている。

 彼は引き出されて、重い十字架を背負うことになったが、当時のローマ兵の言うことには逆らえない。しぶしぶ担ぐことになったであろう。

 この十字架は重い。
 肩にズンと来たに違いない。

 「こんな理不尽なことがあってよいものか」と、彼は思ったであろう。
 必死にゴルゴタまで、イエスの後をついていったにちがいない。

 しかし、こんな嫌な出来事があったとしても、彼が苦しいのはゴルゴタまで。
 ゴルゴタまで行けば、その後は、イエス自身がこの十字架にかかるからだ。

 ゴルゴタでの解放感はどんなであったろうか。
 そこで初めて、十字架にかかったイエスを見上げるのだ。

 それまではイエスの後ろ姿だけであった。
 イエスの後ろ姿は、シモンが十字架を担いで苦しかった間に、その心を完全にとらえていたであろう。
 イエスから流れてくる、神の臨在が、シモンを包む。

信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。彼は、自分の前におかれている喜びのゆえに、恥をもいとわないで十字架を忍び、神の御座の右に座するに至ったのである。<へブル12:2>

 私たちにとっても、クレネ人シモンのように、とても不都合なイエスとの出会いがあったかもしれない。
 私たちが初めて目にしたイエスは、目を覆うようなとんでもない姿であったかもしれない。
 また、あまりに突然で、出会うはずもないところで出会ったのかもしれない。

彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。<イザヤ53:3>

 イエスを信じながらも経験する私たちの多くの苦しみは、まるでシモンの担いだ十字架のようだ。

 わたしの苦しみは、イエスの十字架を担ぐことである。
 十字架にかかるのは私たちの贖い主、イエス・キリストである。

しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。<イザヤ53:5>

 イエスの後ろ姿を見つめつつ、一歩一歩、歩いて行こう。(た)
No.349 不都合な出会い 2019.7.7_c0265111_18253590.jpg



























by mitiru-takae | 2019-07-12 18:27 | 満ちる | Comments(0)