<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.295 どちらが先か 2018.6.24

どちらが先か

神は「光あれ」と言われた。すると光があった。<創世記1:3>

 天地創造の時、神は一日目に光を呼び出されました。「光あれ」と言われたのです。光があったとき地は混とんとしていたのですが、光と闇に分けられました。この時、昼と夜ができたのです。

 二日目には、水を上と下に分けられました。おおぞらを創り水を上と下に分けました。

 三日目、分けられた下の水を一つ所に集め、乾いた地が現れるように言いました。神は、集まった水を海と名付け、乾いた地を陸と名付けました。

 この日はこの後、草や木をお創りになりました。

神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。<創世記1:11>

 種を持つ草、種のある実を結ぶ果樹……ですから、神様の創造は種からでもなく実からでもなく、実を結ぶことのできる草や木を創ったということになります。

 人間も他の生き物もそうです。神様の創造は、種だけとか、卵だけとかいうものではありませんね。

 こうしてみると、よく「卵が先か、鶏が先か」と論争しますが、全くナンセンスですね。神様は卵も鶏も同時に創られています。

神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。<創世記1:22>

 すべてのものをお創りになった神様のお心は、はじめから命で満ち溢れる世界の創造でした。

 人間が他の動物と違うのは、「従わせよ、治めよ」と言う神様からのお言葉をいただいているというところです。

神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。<創世記1:28>

 人間は、神様に似るものとして、創造されたものの中でも「最高の冠」として創られたのです。

また地のすべての獣、空のすべての鳥、地に這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。<創世記1:30>

 ところで先週の礼拝ではマルコ2:1~12を取り上げました。その中にあるイエス様のお言葉を見てみます。

あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きよ、床を取りあげて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。<マルコ2:9>

 イエス様にとってはどちらもたやすいことであったでしょうが、あえて罪の赦しを先に宣言したのにはわけがありました。

人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」<マルコ2:10>

 癒しの祈りをするときに、罪の赦しをしてからでないと…とか、また、癒されないのは、罪があるからだとか…、みこころでないから…etc、人間の側では、いろいろ考えてみたりします。しかし、これもナンセンスです。
 
 イエス様にとっては簡単明瞭。ただ「神のみこころ(愛と聖と義)」によって、すべてのことが天になるごとく地にもなるように、父なる神にとりなしてくださっているということなのです。

 私たちの罪からの赦しと解放は神様の創造の前からのご計画であり、私たちの癒しは神様のお心ひとつで成る(治る)のです。ハレルヤ! (た)
c0265111_15330408.jpg




[PR]
by mitiru-takae | 2018-06-30 23:03 | 満ちる | Comments(0)

No.294 神の宣言 2018.6.17

神の宣言

さて、ひとりの重い皮膚病の人が、イエスのみもとにお願いに来て、ひざまずいて言った。「お心一つで、私はきよくしていただけます。」
イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」
すると、すぐに、その重い皮膚病が消えて、その人はきよくなった。<マルコ1:40~42【新改訳】>

 この「重い皮膚病」という表現が適切な翻訳ではないと最近では言われているようですが、レビ記などを見ると、確かに家や石など、物にも生じるもののようですので、何かしらの意味のある病のように思えます。
 いずれにしても、イエス様はこの「重い皮膚病」を持った人を癒されたのです。というか、この「重い皮膚病」はすぐに消えて、きよくなったと言います。
 モーセの手にも、神は懐に入れたり、出したりするだけで「重い皮膚病」を生じさせたり、消したりしています。
 ですから、神がきよめればすぐにきよくなるものです。

 全能の神は、与えてくださることも、また取り上げることも、いとも簡単にできるお方です。こんなすごいお方に「みこころならば…」と言えたこの病の男もたいしたものです。
 度胸というよりも「本当の神の力を知っているわけではないが、自分に不可能と思えることでも、少しでも可能性があると思うならば、必死に求めていく男」であったのでしょう。
 私たちも、なりふり構わず、求めていくこと、これが一番のようです。
 それにしても「神のみこころを問う」というのは神にとって一番の突っ込みどころであったに違いありません。(笑)

 創造の初めから変わることのない「神のみこころ」、それこそが神ご自身が言う「私の心」です。
 ですからイエス様がおっしゃった「私の心」は「父なる神ご自身の心」です。
 神はご自身の愛(みこころ)を、この世(私の心の中)に完成させるために、私たちをイエス・キリストと結ばせてくださいました。
 そして、このキリストは私たちにとっては神の知恵そのものであり、私のための義と聖と贖いとなられました。おかげで私たちはイエス・キリストを私の救い主と信じるだけで贖われ、聖い者、また義しい者とされたのです。

 また神は、ご自分のお心を、私の前で宣言してくださるお方です。

主は仰せられた。「わたし自身、わたしのあらゆる善をあなたの前に通らせ、主の名で、あなたの前に宣言しよう。わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」<出エジプト33:19【新改訳】>

 神はいつもわたし(あなた)のはなはだ近くにおられ、敵の陣地の中にあっても、いつでもわたし(あなた)の前で、宴を設けてくださいます。神のいつくしみと恵みとがわたしを追ってくると新改訳では訳されています。
 神はいつも、私を追いかけてまでして共にいてくださるのですから、せめて私たちは神の前から逃げないようにしたいものですね。
 いつでもどこでも私たちは神のものです。

あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、わたしのこうべに油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。<詩篇23:5【口語訳】>
まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。<詩篇23:6【新改訳】>

 口語訳、また新共同訳、はたまた新改訳と、時には英語の聖書まで開いてみるという、み言葉への渇きが学習会などでも表れてきます。
 神の御心を知るために、私たちはみことばに触れ、声を出して朗読し、祈り求めて、さらにみ言葉を読むということを、もっともっとしていきたいものです。そしてみことばを宣言していくのです。
 毎日の生活の中でも、いつでもどこでも神の御前で生かされ、キリストの香りを放つものとなりましょう。

 私たちは、<主の名で、あなたの前に宣言しよう。わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ>という、強い神ご自身の宣言の上に立っているのです。(た)
c0265111_23494228.jpg






[PR]
by mitiru-takae | 2018-06-30 23:02 | 満ちる | Comments(0)

No.293 人間をとる漁師にしよう 2018.6.10

人間をとる漁師にしよう

イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。<マルコ1:7>

 CS(教会学校)の子供たちが喜ぶお話です。
 ルカによる福音書に詳しく書いていますが、一晩中漁をしても収獲のなかったペテロたちに、イエス様は沖に漕ぎ出して網を下ろしなさいと言いました。その通りにすると、すごい量の魚がとれて網は破れそうだし、手伝ってもらった他の船も、自分たちの船も沈みそうになったのです。

 さすがの漁にかけてのプロであるペテロも、びっくり、思わず「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」<ルカ5:8>と言ってしまいます。

 しかしこの後、イエス様は「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」<ルカ5:10>とおっしゃったのです。
 そしてペテロたちはそのままイエス様の後に従っていったのです。
 
二人はすぐに網を捨てて従った。<マルコ1:19>

また、少し進んで、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、すぐに彼らをお呼びになった。この二人も父ゼベダイを雇い人たちと一緒に舟に残して、イエスの後について行った。<マルコ1:19、20>

 共観福音書(マルコによる福音書、ルカによる福音書、マタイによる福音書)にはそれぞれ同じ記事が載っていますが、細かくは少しずつ違うところもあるので、読み比べてみるとよいと思います。
 しかし共観福音書は、共感ではないのですね。人間が感じたことではなく、イエス様とイエス様のなさったこと、言われたことなどを観たままに、そのことについて「共通の見解」として書いているのだと思います。

 イエス様がガリラヤ湖のそばで漁師たちに目を止められたことはとても興味深いものがあります。
 イエス様の言われたこと、行ったこと、すべてのことが古くからイスラエルの人々に語られてきた預言者の言葉の成就であることが、私たちにとっても驚きです。

イスラエルの子らを、………わたしがその先祖に与えた土地に帰らせる。
見よ、わたしは多くの漁師を遣わして、彼らを釣り上げさせる、と主は言われる。<エレミヤ16:15、16>

 神様のご計画は、創造の始め以前から、2000年前も、また今に至るまでも進んでいます。

イエスは言われた。「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない。」
<マルコ7:27>

 またエレミヤの預言は、イエス様が異邦人の女に言った言葉をも思い出させてくださいます。

ところが、女は答えて言った。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます。」<マルコ7:28>

 この後イエス様は、「それほど言うなら、よろしい。家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘からもう出てしまった。」と言ってくださいました。
 
 今も世界中に離散しているユダヤ人、またイスラエルに住んでいるユダヤ人であっても、まだ異邦人と同じくイエス様を知らない人々が大勢います。
 ともに主にある兄弟として、イエス様を賛美し、信仰を共有できる本当の兄弟姉妹として集うために祈っていきたいと思います。

 シモン・ペテロとアンデレの兄弟、ゼベダイの子ヤコブとヨハネの兄弟、共に妻も姑も、父親も仲間も、すべてを即捨ててイエス様に従って行った十二使徒のうちの4人の召命の話です。
 私たちもイエス様の「ついて来なさい」のお言葉を聞いて即従うものとなりたいですね。
「従います」と告白していきましょう。(た)
c0265111_23424110.jpg




[PR]
by mitiru-takae | 2018-06-30 23:01 | 満ちる | Comments(0)

No.292 全ての始まりは神から 2018.6.3

全ての始まりは神から

神の子イエス・キリストの福音のはじめ。<マルコ1:1>

 同じ個所を、ほかの訳で見てみますと、はじめという言葉の翻訳が少し違っています。

[神の子]「イエス・キリストの福音」の源。【岩波翻訳委員会訳】
イエス・キリストの福音はこうして始まった。――【塚本訳】
 
 故釘宮義人牧師の生前最後の週の火曜日の祈祷会で、この聖書個所を開いたのが、まるで昨日のことのようです。

 「『はじめ』というのは『始まり』のことです。
ここから、イエス・キリストの福音そのものが、わたしたちの背中を押して、進んでいくのです。」

 この時の言葉が、そのまま私の「召命」の言葉ともなりました。

 確かに私は、本当に能力も、知識も、権力もなにもない、そのようなものでありましたから、牧師となるには、聖霊様の後押し、つまりイエス・キリストの福音の後押しが絶対必要なものでした。
「それ以外に、私には誇るものが何もなかった」というのが、謙遜でも何物でもない、事実だったからです。

 誰にでも、何かの始まりの時があります。
 この世界にも始まりがありました。

はじめに神は天と地とを創造された<創世記1:1>
 
 人間の誕生にも始めがあります。

聖書に「最初の人アダムは生きたものとなった」と書いてあるとおりである。<第一コリント15:45>

 私たちは人間としてこの世に生まれてきました。「人間・私」のはじまりです。
 そして、イエス様に出会ってから、更に新しい命をいただきました。

 イエス様と共に十字架で死に、イエス様と共に、新しく生まれました。闇の支配から贖われ、光の支配(権威)のもとに生まれ変わったのです。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。<第二コリント5:17>

 私たちの新しい人生は、始まっています。
 救われてすぐの時は、前方に何があるかわからないので、少し不安であったかもしれません。

しかし、もう古いものはなくなったのですから、後戻りはできません。新しい命で、永遠に絶えることのない本当の幸せを楽しんで過ごしていけます。

 新しく始まった私たちの生き方はこうです。

わたしたちは、生きるのも主のために生き、死ぬのも主のために死ぬ。だから、生きるにしても死ぬにしても、わたしたちは主のものなのである。<ローマ14:8>
 
 主のものとして、いつも誇りをもって、顔を上げてこの世に出ていきましょう。
 主が創られたもので、素晴らしくないものなどありません。
 私たちを宝としてくださる神様の深い愛をいつも思い、感謝して、喜んですごすことが、私たちの素晴らしさをより素晴らしくする秘訣です。

 イエス様を信じる人は皆イエス様の花嫁です。
 私たちはイエス様と一つになって、新しいいのちで永遠に生きることができます。

 永遠という言葉は私たちは実際には理解できません、しかし、始めであり、終りであると言われるイエス様自身こそが永遠そのものです。
私たちはイエス様を信じることで初めて、本当の始めと終わりを知ることができるのでしょう。(た)
c0265111_15220615.jpg








[PR]
by mitiru-takae | 2018-06-30 23:00 | 満ちる | Comments(0)