人気ブログランキング |

カテゴリ:満ちる( 335 )

No.347 喜びの声、楽しみの声 2019.6.23

喜びの声、楽しみの声

わたしは主を大いに喜び、わが魂はわが神を楽しむ。主がわたしに救の衣を着せ、義の上衣をまとわせて、花婿が冠をいただき、花嫁が宝玉をもって飾るようにされたからである。<イザヤ61:10>
 
 6月9日(日)のペンテコステの主日に礼拝の中で行われました、井野さんご夫妻の結婚式から一週間後、アガペーチャペルでもう一組の新しいカップルが誕生しました。

 「ゴスペルクワイア―・グレイス」でディレクターをしていたアガペーチャペルのS姉妹と、6月15日に、陣内泰三さんとともにライブに来ていたギタリストの方との結婚式です。陣内泰三牧師の司式で、先週日曜日の午後行われました。
 
 私はこの二組のカップルを見て、本当に幸せな気持ちで、いっぱいになりました。
 
 S姉妹の花嫁姿は写真でしか見ていませんが、それでも6月15日の「陣内泰三と世界遺産」のライブの最後に、二人並んで前に立った時の姉妹の幸せそうなすがたを拝見出来ました。
 なんてしあわせそうなんでしょう。

 「自分が幸せだと、周りも幸せ?」

 これは当てはまらない場合のほうが多いかもしれません。
 幸せが本物でないと、周りも幸せ―――とはなりにくいものです。
 そこで、「本物の幸せとは」と考えてみますと、やはり、主イエスの愛による幸せが、本物で一番です。

 主イエスは、良いお方です。
 このお方の香りが私たちを包んでくださっていますと、私は幸せですし、周りも幸せになります。
 
 私たちが主の(本物の)幸せに包まれているとき、周りには主の愛が広がり、私たちを見ているだけで、嬉しくなり、ついて行きたくなるでしょう。

 まさにゼカリヤが言うとおりになるのです。
 このようなリバイバルが起こることを私は願っています。

万軍の主は、こう仰せられる、その日には、もろもろの国ことばの民の中から十人の者が、ひとりのユダヤ人の衣のすそをつかまえて、『あなたがたと一緒に行こう。神があなたがたと共にいますことを聞いたから』と言う」。<ゼカリヤ8:23>

 主の愛に導かれて、周りをどんどん幸せに変えていく、そのような私たちに変えられましょう。

 リバイバルの輪は広がっていき、私たちが必死になっても出来なかったことが、いとも簡単にできる収穫の日が、おしよせてくるでしょう。

 私たちが、喜び楽しんでいるとき、天の父はこれを見て、どれだけ喜び、楽しんでいることでしょうか。
 
またわたしは喜びの声、楽しみの声、花婿の声、花嫁の声、ひきうすの音、ともしびの光を彼らの中に絶えさせる。<エレミヤ25:10>

 と、言われる神はまた私たちに告げてくださいます。

再び喜びの声、楽しみの声、花婿の声、花嫁の声、および『万軍の主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみは、いつまでも絶えることがない』といって、感謝の供え物を主の宮に携えてくる者の声が聞える。それは、わたしがこの地を再び栄えさせて初めのようにするからであると主は言われる。<エレミヤ33:11>

 私たちの喜びを、一番首を長くして待っていてくださるのは主イエス様です。

 私たちもイエス様を喜び、その憐れみと慈しみとを感謝して過ごす日々を送りたいと願います。

 私の喜びは主の喜び、主の喜びは私の喜びですね。(た)
c0265111_22342214.jpg






















by mitiru-takae | 2019-06-25 22:35 | 満ちる | Comments(0)

No.346 捕囚の果てに希望がある 2019.6.16

捕囚の果てに希望がある

主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。<エレミヤ29:11>

 6月13日(木)の聖書学習会で、列王記下25章を終えました。
 列王記上・下を毎週一章ずつ、全部で22章+25章で47章、約一年かけて、読んできました。

 ソロモン王の死とともに、イスラエルは二つに分かれ、エリヤをはじめとする預言者の時代が始まっていきます。
 この書を学んでいくうちに、預言者たちが神の言葉を告げ知らせていく時の、神への従順と苦悩とを覚えて、今の私たちの信仰による生き方を、深く思い返す良い機会となって行きました。

 私たちは、今の私たちに対する神のご計画はわからないことが多いと思います。

 聖書は「神は陶器師であり、私たちは創られたものである」と言いますが、創(作)られたものは創(作)ったものに文句を言うことができないのです。創造(制作)の完成(もしくは完成のビジョン)を知るお方は、ただ一人、創造主(制作者)だけなのです。

 しかし、この捕囚のころのユダの人々は最悪極まりないと言って良いくらいひどい時代の中に生きています。
この最悪の状況も果たして神のご計画なのだろうかと疑いたくなります。

 私たちは、どん底と思える状況から、解放という希望を持つことができるでしょうか。

 南ユダ王朝の最後から2番目にあたるエホヤキンという王様がいます。
 この王様はたった3か月間の王でした。そしてバビロンに捕らえられていきます。

 この後、最後の王ゼデキヤ(この王様は全くバビロンの操り人形のような立場でしたが反抗したため、悲惨な結末となりました)の時に、エルサレムの神殿も、城壁も、ソロモンの宮殿も何もかも、壊されてしまいます。

 ユダの国の人々がバビロンに連れ去られ、すべてが根絶やしにされたようになってしまいました。

 しかし、神のご計画は、これで終わりではありません。

ユダの王エホヤキンが捕え移されて後三十七年の十二月二十七日、すなわちバビロンの王エビルメロダクの治世の第一年に、王はユダの王エホヤキンを獄屋から出してねんごろに彼を慰め、その位を彼と共にバビロンにいる王たちの位よりも高くした。
こうしてエホヤキンはその獄屋の衣を脱ぎ、一生の間、常に王の前で食事した。
彼は一生の間、たえず日々の分を王から賜わって、その食物とした。<列王記下26:27~30>

 これは全くの神のご計画であり、エホヤキンという王様は、神様に対して良いことをしたわけでもなく、立派な王であったというわけでもなく、ただただ、神のご計画に沿って憐れみを受け、御心の成就のために用いられたのです。

 そして、この王様の孫であるゼルバベルの代になってユダの人々はエルサレムに帰り、神殿や城壁を再建することになっていくのです。

 私たちは最後まで神を信じ続け、耐え忍ぶならば、大いなる希望を見ることができます。まさにヨブが言うように、木には望みがあります。
 死んだ種から新しい芽が噴き出すように、神の業は、私たちの思いをはるかに超えています。
 神のご計画によって歴史が違った方向に動き出します。

 今の時代も昔と同じように神の御手の中です。
 私たちにとって、新しい神の神殿(宮)は、聖霊様によって私たちの心の中に建設されています。(た)
c0265111_08181117.jpg























by mitiru-takae | 2019-06-20 08:20 | 満ちる | Comments(0)

No.345 神は愛である/沖縄ギャザリング 2019.6.9

神は愛である

愛する者たちよ。わたしたちは互に愛し合おうではないか。愛は、神から出たものなのである。すべて愛する者は、神から生れた者であって、神を知っている。
愛さない者は、神を知らない。神は愛である。<第一ヨハネ4:7、8>

 かれこれ一年前の話になります。

 遠く阿蘇から礼拝に来てくださっているご夫妻が、おもむろに話し出しました。
 「結婚して10年くらいになりますが、この教会で挙式をしたいのですが、お願いします」

 突然のことに、少々びっくりの感もありましたが、それなりにお年を重ねたお二人が、あえて「結婚式を挙げよう」と思うのには、聖霊様のお導きによるものに違いないと心から感謝してお受けしたのでした。

 そして約一年後の今日、めでたく挙式の日を迎えました。
 お二人に心から「おめでとう」と、お祝いの言葉を申し上げます。

 「神は愛である」このお言葉に勝るものはないでしょう。
 すべてのことは神の愛から出ているのです。

 神が初めに私たちを愛してくださったので、私たちも人を愛することができます。
 特に夫婦の愛は、イエス・キリストと、私たち神の教会との関係そのものです。

 私たちはイエス・キリストの花嫁として、主を敬い、従い、主の契約のうちで安心して信仰生活を送ります。
 これは、イエス・キリストが、私たちの花婿(主)として、ご自身の命をも身代わりにするほど愛しとおし、すべての恵みを与えてくださり、命の保証をもしてくださる、そのようなお方だからです。

神はそのひとり子を世につかわし、彼によってわたしたちを生きるようにして下さった。<第一ヨハネ4:9>

神が御霊をわたしたちに賜わったことによって、わたしたちが神におり、神がわたしたちにいますことを知る。<第一ヨハネ4:13>

 神の愛の中に生きている人は、神の愛を知っている人です。
 神は愛そのものです。(た)

c0265111_17071070.jpg


沖縄ギャザリング

 6月3、4日の二日間、教職者の先生方が集まり,沖縄ギャザリングが開かれていました。
 場所は「白い家フェローシップチャーチ」というステキな教会です。
 今回も、京都の時のようにライブ映像を見ることができました。送ってくださったダニエル先生に感謝です。

 橋本先生の報告によると、東京で開拓しているメンバーのところで京都ギャザリングの後、若者が導かれ倍増しているとの証があったようです。

 私たちも、あきらめず(笑)本当に求めていきたいな――と思っています。
 たとえ、高齢者の多い地方の教会であっても、おじいちゃん、おばあちゃんを求めてくれる若者たちが集まってくれるように、平安と憩いのある教会を目指したいですね。
 
「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」。<マルコ1:15>

 ちょうど、PCでライブ映像を開いたとき、有賀先生でしたか、このみ言葉を語っておられました。

 時は今から満ち始めるんじゃない、「まさに、時は満ちたのだ、神の国はもう目の前に飛び込んできているんだ」と、私は自分が京都ギャザリングで描いた絵を思い出しながら、大きくうなずいたことです。(た)


































































by mitiru-takae | 2019-06-11 17:11 | 満ちる | Comments(0)

No.344 どちらも同じ 2019.6.2

どちらも同じ

イエスがベタニヤで、重い皮膚病の人シモンの家にいて、食卓についておられたとき、ひとりの女が、非常に高価で純粋なナルドの香油が入れてある石膏のつぼを持ってきて、それをこわし、香油をイエスの頭に注ぎかけた。
すると、ある人々が憤って互に言った、「なんのために香油をこんなにむだにするのか。
この香油を三百デナリ以上にでも売って、貧しい人たちに施すことができたのに」。そして女をきびしくとがめた。
するとイエスは言われた、「するままにさせておきなさい。なぜ女を困らせるのか。わたしによい事をしてくれたのだ。<マルコ14:3~6>

 ヨハネの福音書によると、この女はマルタの妹マリヤと書かれています。

 マリヤはどちらかというと、人間的には姉のマルタほどに気も利かない、お料理もあまり上手ではない、そんな女性であったのかもしれません。
 
 しかし、いつもイエス様のお言葉に耳を傾けていました。
 何もできないマリヤにとっては、精一杯のおもてなしであったのかもしれません。
 多分普段はあまり目立たない女性であったかもしれませんが、イエス様のことを思う気持ちは、人一倍であったと思われます。
 そんなマリヤが、突然みんながアッと驚くようなことを始めたのです。

 マリヤは、彼女の嫁入り道具であったのかもしれない、高価なナルドの香油の石膏のツボを割り、惜しみもなく、イエス様に注いだのです。
 
あなたの宝のある所には、心もあるからである。<マタイ6:21>
 
 このみ言葉の通り、マリヤの心はすべてイエス様に向いていたのでしょう。

 どんなに高価な宝があったとしても、その宝のありかが、自分の欲望や、プライドを満たすためのものであれば、その人の心は神様のところにはありません。
 だからと言って、イエス様は300デナリもするナルドの香油を自分のために使ってくれたこと自体を褒めているわけではありません。

 イエス様はいつでも、私たちの心の中を探り知るお方です。
 この時のマリヤの心の動機が、イエス様の心を打ったのです。

 それはイエス様への深い愛から出たものでしょう。 
 今、この時にこれをしなければという、抑えきれない衝動がマリヤにあったのだと思います。
 この愛から出る行為をイエス様は見逃しません。
 
 私たちも同じです。
 愛する兄弟姉妹、神の家族のためには深い、愛の衝動が襲ってきます。

 もう一つのお話があります。
 5月12日の主日礼拝の聖書個所でした。

ところが、ひとりの貧しいやもめがきて、レプタ二つを入れた。それは一コドラントに当る。
そこで、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめは、さいせん箱に投げ入れている人たちの中で、だれよりもたくさん入れたのだ。<マルコ12:44>

 イエス様は貧しいやもめの献金を、その金額ではなく、やもめのすべてを惜しみなくささげる心として見ていました。

 今なら100円くらいの献金であったでしょう。しかしそのお金は彼女の全財産であったというのです。
 彼女は、自分が持っているものに、自分の心のすべてを託し、また、恥ずかしい気持ちも恐れず、人前で堂々と少ない金額をささげることができたのです。

 高価なナルドの香油も、レプタ2枚の献金も、共に、イエス様の目には、高価で貴いものであったに違いありません。(た)
c0265111_17323989.jpg



























by mitiru-takae | 2019-06-04 17:41 | 満ちる | Comments(0)

No.343 その日、その時 2019.5.26

その日、その時

その日、その時は、だれも知らない。天にいる御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。
気をつけて、目をさましていなさい。その時がいつであるか、あなたがたにはわからないからである。<マルコ13:32、33>

 時どき「終活」という言葉を耳にします。
 誰しもこの世に生まれてきた以上、例外なく死を迎えます。
 人生最後の一大イベントですが、若いときは想像もできません。

 イエス様がおっしゃった「その日、その時」は、人類の終末のことでしょう。
 しかし、私たちはこの世が滅ぶ前に、この地上での命を終わるかもしれません。
 
「わたしたちはこの人が『わたしは手で造ったこの神殿を打ちこわし、三日の後に手で造られない別の神殿を建てるのだ』と言うのを聞きました」。<マルコ14:58>

 ここで語られたイエス様の預言がエルサレムの滅亡、神殿の崩壊の予告のように受け取れます。

 確かにこの立派な神殿は壊されてしまいます。
 しかし、この神殿はイエス様ご自身のことでもあるのです。
 イエス様は、死んで3日目によみがえられました。

 また、神殿の崩壊は、私たちにとってはまさに古い皮袋の崩壊のようです。
 イエス様の新しい教えを入れることができる新しい皮袋、つまり私たちの魂が新しく作り変えられることです。

あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。<第一コリント3:16>
 
 世の終わりにイエス様が再臨されるときについては、天の父しか知るものはなく、私達にはわからないといいます。

 「では一体どのように準備すればいいのでしょうか」と思う方もいるかもしれません。
 弟子たちも気になったのでしょう。
 弟子の一人がイエス様に聞きました。

「わたしたちにお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。またそんなことがことごとく成就するような場合には、どんな前兆がありますか」。<マルコ13:4>

 イエス様は世の終わりの前兆について語られました。
 私たちが今、世界中の不穏な動きや、天災等についてそれを世の終わりの前兆とみるわけですが、イエス様が語ってくださった出来事が、ことごとく起こるまでは、この時代はまだまだ滅びることがないといいます。

天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。<マルコ13:31>

 しかし、確実に天地は滅びに向かっているようです。
 私たちはどうやって「その日、その時」を迎えればいいでしょう。
 私の「死」であれ、この世の「終わり」であれ、私たちのすべきことはひとつです。

目をさましていなさい。わたしがあなたがたに言うこの言葉は、すべての人々に言うのである」。<マルコ13:37>
 
 「目を覚ましている」ということは、いつもイエス様と共にいるということです。
 いつ何が起こってもいいように、私たちは眠っていないで、目を覚ましているべきなのですが、私一人では、居眠りをしてしまいそうです。

 また、賢い乙女たちのように、いつでも応えられるように、準備をしておくことが必要ですが、私たちは自分一人ではすべてを万端に整えることは不可能かもしれません。

 しかし、いつも主がともにいてくださることを信じて、毎日、イエス様の御心に帰っていくならば、必然的に、準備していけると思うのですがいかがでしょう。(た)
c0265111_18531309.jpg











by mitiru-takae | 2019-05-28 19:12 | 満ちる | Comments(0)

No.342 主の愛はとこしえまで 2019.5.19

主の愛はとこしえまで

金銭を愛することをしないで、自分の持っているもので満足しなさい。主は、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」と言われた。<へブル13:5>

イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。<へブル13:8>

 先週の日曜日(5月12日)は「母の日」でした。

 教会では有志によるランチ会を、近くの焼肉屋さんで行いましたが、遠く埼玉県から大分に来ていたI兄が、礼拝に出席、そして食事会にも参加してくださるということで、共に楽しい食事の時を持つことができました。

 I兄がお話の中で、へブル書13章に、「こういうお言葉がありますね」と、冒頭にあげたみ言葉によって励ましを受けたことをお証しはじめました。

 「うちの父もね、このみ言葉で救われた回心の時の話をよくしていましたよ」
 しばらくみ言葉について、互いに歓談しました。

 一度主のみ言葉で救われ、平安と喜びをいただいていても、ある日、ある時、突然不安がよぎったりすることがあります。

 私の父は、「ある朝、『あれっ、主は今日もいるのだろうか』と、ふっと不安に思った」、そんな時があったそうです。
 しかし、すぐにイエス様が「大丈夫、私はここに一緒にいるよ。あなたから離れず、また捨てたりしないよ」と答えてくださったそうです。
 
 まだ父が20代後半の頃の思い出話ですが、このことを一生忘れずに、心の底に持ち続けていたわけです。戦後間もない、私がまだ2、3歳のころのことです。

 神様が私たちに語り掛けてくださるお言葉は、すたれることがなく、昔あったことでさえ、今起こったことのように、新鮮に魂に響いてきます。

 皆さんの中にもこのような、魂に響く神様からのお言葉を、今もしっかり信仰の支えとして持っていらっしゃる方が多いと思います。

 古い昔の、主にいただいた証を、古い証として語るのではなく、今もその時と同じように心の支えであり、喜びであり、感動がそのまま響くほどの新鮮さを持ったものであってほしいと思います。
 また、そうであると思います。
 それはイエス様ご自身が、昔も今も、そしてこれからも決して変わることのないお方だからです。

 いつでも、どこでも、「あれっ!」とイエス様を探すことがないように、「いつも隅のかしら石として、魂の中に持ち続けている」と、自覚していようではありませんか。
 イエス様のほうから離れていくことはないとおっしゃってくださっているからです。
c0265111_10202849.jpg
【告白の祈り】
私たちは、イエス・キリストの贖いの血潮によって清められた「神の宮」です。
私たちの魂を支配しているのは聖霊様であり、サタンの居場所はすでにありません。
サタンがいかに私たちを「罪びとのままである」とだまそうとしても、だませません。
私たちの罪はすでにイエス・キリストの十字架の死によって解決済みだからです。
私たちは、唯一の神を畏れます。
私たちは神の国のプリンス、プリンセス、天国人です。
天国人として、誇りある生き方をします。私の誇りはイエス・キリストです。
日々、主の兵士として勇敢に、サタンとその配下の者と戦います。
神の家族同士の癒しと解放について、とりなしの祈りに徹します。
日々祈り、感謝します。
喜びの声を上げて、楽しく信仰生活を主とともに送ります。
アーメン! (た)













by mitiru-takae | 2019-05-22 10:22 | 満ちる | Comments(0)

No.341 本物のイエス様を知ろう 2019.5.12

本物のイエス様を知ろう

わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。<ピリピ3:8>

 神の知恵は、本当に測りがたく、アインシュタイン級の頭脳を持っていたとしても、とてもこれには及びません。

 それかと言ってパウロのように損と思えるほどの何物も持っていないというのもちょっと寂しい気がします。
 やはりみ言葉にはいつも触れていたいものです。
 私たちの学びと神の知恵によって、相乗効果を大いに期待しましょう(笑)。

 先週は、本屋で「令和元年5月1日発行・万葉集一」という本を買ってちょっと読んでみました。

 新元号「令和」の出典元となった、「梅花の歌」が最後の方にありました。

 当時の様子がよくわかる表現には驚いてしまいます。
 例えば、鏡前の白粉のように咲いた梅、貴人の飾り袋の香のような蘭の香り…といった具合です。
  
 「語学をもっと学ぼう」と言っているわけではありません。

 どのように素晴らしい言葉を使って詠んだ歌であっても、これを読む人が、梅の香りや、蘭の香りをまったく知らなくて想像できなかったり、鏡や、白粉の粉を知らない、飾り袋って何だろう…という感じではこの歌はわからないわけです。
 この歌をうたいあう仲間同士では、互いに理解のできることば、普段の生活、環境があって成立しているのです。

 聖書についても同じことが言えます。

 ある人が、イエス様を理論的に解明し、神がなんであるのか、人を救うとはどういうことなのかと、毎日、聖書を開いて読みあさってみたとします。
 ところが、いくら読んでもさっぱり意味が分からないということがおこります。

 然し一度でも、その人がイエス様に出会って、その愛の素晴らしさに触れたことがあるならば(これは肉声を聞くとか、幻を見たということだけではありません)、「梅」といったとき、梅の花を想像できるように、「イエス様の愛」と言う「み言葉」を見るならば、その「愛」がわかるのです。

その時、あなたがたはわたしに呼ばわり、来て、わたしに祈る。わたしはあなたがたの祈を聞く。<エレミヤ29:12>

 このお言葉を読んだとき、心から「感謝」と思えるのは、苦しいとき、困ったとき、神に呼ばわったことがあるからですし、神に近づいて祈ったことがあるからです。

 「真の神であり、完全な人である」イエス様を、お言葉だけで理解しようとしても難しいのは、イエス様をまだ知らないからなのです。

 一度イエス様に出会うと、み言葉はその人の心のうちに開けて、理解できるようになります。
 クリスチャンがクリスチャンであるためには、私を十字架の死をもってあがない助けてくださったイエス・キリストを知っていることです。

 そのお方が私の魂の中で今も昔もこれからも変わらず、生きて働いてくださっていることを、言葉ではなく、あたかも梅の花を目の前で見るように、イエス様を知ることが、学ぶ以上に大切なことです。

 イエス様を知ることをもっと、もっと祈って求めましょう。

わたしたちは主を知ろう、せつに主を知ることを求めよう。主はあしたの光のように必ず現れいで、冬の雨のように、わたしたちに臨み、春の雨のように地を潤される」。<ホセア6:3>

 イエス様が、必ず、現実に私たちに臨み、私たちの渇ききった心を潤して下さいます。(た)
c0265111_18414664.jpg






















by mitiru-takae | 2019-05-15 18:43 | 満ちる | Comments(0)

No.340 平成最後の春の聖会・雨の日の焼肉会 2019.5.5

平成最後の春の聖会・雨の日の焼肉会

 「いやしと祈り」のテーマで聖会が始まった。

 「癒しは全権神の側にある」と言いつつも、私たちは癒されない時、不信に陥ったりもする。
 他人事であれば、強気でとりなしもできるがいざ、自分のこととなると、弱気になってしまう。ただ、だからと言って気落ちすることはないのだ。

 私たちの身に起こってくることを通して、自分の弱さを徹底して知ることにより、イエス様に本気で頼っていける。
 神の他に頼るものはない、これこそ信仰ではないか。
 だからこそ、病気も悩みも、苦労も心配事も、実は「信仰の種」だ。

 種は死ぬことによって新しい芽を出す。
 殺すためには水をまく。
 これこそ祈りではないか。
 まさに「幸ならぬまがもなし」ということになろう。

 今回の聖会で得たものは、「自分でできないことでもイエス様と、神の家族が執り成してくれる」という、まず自分が出来ることを行う前の第一の難関を突破する素晴らしい方法と、考え方だった。

 「イエス様と、神の家族のとりなしが、私を助けてくれる力だ」
 「祈る力が湧いてくると、告白できる」
 「主を信じることは心から主を頼り切ってしまえること」
 「聖書的たてまえを告白しながら、自分の本音を少しでもそれに近づけよう」
 などなど、である。

 言いたい放題の癒しについての思いを、主のみ前に赤裸々にならべたてたレジメとでもいおうか、そのコピーをたたき台にして皆で、研鑽してみた。
 みなよく意見を出したし、一人も心を背ける者もいない、結果、神の家族の心の深みを五感で感じ取れたといっても過言でないくらい、神のご計画と御心をかじることができたと思う。

 私たちは、癒しであれ魂の安らぎであれ、主が私にしてくださったことを知るならば、次のみ言葉がぴったりくる。

あなたはすべてのことをご存じであり、だれもあなたにお尋ねする必要のないことが、今わかりました。このことによって、わたしたちはあなたが神からこられたかたであると信じます」<ヨハネ16:30>

 ところで、モーセの律法の話が出たときのことです。
「律法の数の613は裏返すとヨハネ3:16ですね」と言ったW姉妹の言葉に、思わず、「本当だ」と声を上げてしまった。

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。<ヨハネ3:16>

 私たちが平安で、健やかに過ごすことは神のみ心であり、それどころか、永遠の命を私たちに与えてくださるためには、ご自身の命さえ惜しむことがなかったお方だ。ハレルヤ!

 魂と心の愛さんがひとしきり終わると、次は私たちの食欲を満たしてくれる「肉の糧」、焼肉会である。

 外で火をおこし、いつものようにバーベキューをするところであったが、この日は恵みの雨だった。

 なんと素晴らしいシェフのいる教会であろうか。
 腕まくりもかいがいしく、次々と、ホットプレートの上に、野菜、肉などを載せていく。
 連係プレーは素晴らしいものだ。
 あっという間に、おいしそうな焼肉をいただく用意ができてしまった。

 あいにくの室内での焼肉会となったが、これも用意の手間が省けるし(と言っても自分は何もしないのであるが)みんなが揃って食べることができ、机を囲んで一つのところでの愛さんの時となり、最高であった。

 「イエス様を愛して信じる者が集まって、同じものを食す」
 復活後のイエス様と朝食を共にした弟子たちの喜びが、伝わってくるようだ。(た)
c0265111_19395393.jpg














by mitiru-takae | 2019-05-07 19:41 | 満ちる | Comments(0)

No.339 奇跡と癒しの時 2019.4.28

奇跡と癒しの時

そののち、イエスはテベリヤの海べで、ご自身をまた弟子たちにあらわされた。そのあらわされた次第は、こうである。 シモン・ペテロが、デドモと呼ばれているトマス、ガリラヤのカナのナタナエル、ゼベダイの子らや、ほかのふたりの弟子たちと一緒にいた時のことである。 シモン・ペテロは彼らに「わたしは漁に行くのだ」と言うと、彼らは「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って舟に乗った。しかし、その夜はなんの獲物もなかった。<ヨハネ福音書21:1~3>

 イエス様は復活して、弟子たちの前に現れてくださいました。
 そして8日たった後、戸を閉め切って集まっていた弟子たちの前に、また、現れてくださったのです。
 さて、その後の彼らはどういう思いで毎日を過ごしていたのでしょうか。

 7人の弟子たちがテベリヤ湖畔で一緒にいたときのことです。イエス様はもう一度現れてくださいました。
 この時の次第はこうでした。

 ペテロが「私は漁に行く」というので、他の弟子たちも皆一緒についていったのです。
 彼らはいったい何の目的があって漁に出たのでしょう。
 食べ物がなかったからでしょうか。
 仕事をしたいという思いで、張り切って漁に出たのでしょうか。
 それとも惰性でついていったのでしょうか。
 この時弟子たちは夜明けまでかかっても何の獲物もとることができなかったのでした。

 イエス様が復活された後、確かにイエス様の復活のお姿を見たり、お声を聴いたりして、悲しんでいた弟子たちはみな喜びに溢れました。
 でもそのあと、実際は何をしてよいのかわからない、何も手につかない、指導者がいなくなった後の無気力な時を過ごしていたのではないだろうかと想像してしまいます。

 実際、復活のイエス様が、自分と何のかかわりがあるのかわからないし、生前のように、直接手を取って教えてくださるわけでもなく、羊飼いのいない羊小屋状態であったのでしょうか。

 病気で苦しんだり、悩みがあったり、解決策が見つからず、途方にくれたり、様々な試練や患難が私たちを襲う時、苦しみの中でイエス様のお名前を呼び、助けを求めて叫んだり、祈ったり―ーーと、私たちは何らかの脱出のための行動を起こします。
 
 しかし、無気力からの脱出は自分からはとても難しいのです。

 何をするでもなく、ペテロはかつてのライフワークであった漁へ行くと言い出します。
 他のみんなも、当然のようにペテロについていきます。ここでせめて魚がとれればいいのですが、朝までかかってもなんにも獲れないのです。

 イエス様は(本当に時にかなって美しいことをなさるのですが)弟子たちに語り掛けてくださいました。

すると、イエスは彼らに言われた、「舟の右の方に網をおろして見なさい。そうすれば、何かとれるだろう」。彼らは網をおろすと、魚が多くとれたので、それを引き上げることができなかった。<ヨハネ福音書21:6>

 お言葉通りにすると、不思議なことが起こります。イエス様はいつでも奇跡を私たちのために用意してくださっているのです。
 度肝を抜かれた弟子たちは、一時に目が覚めます。イエス様と気付きます。
 
彼らが陸に上って見ると、炭火がおこしてあって、その上に魚がのせてあり、またそこにパンがあった。 イエスは彼らに言われた、「今とった魚を少し持ってきなさい」。<ヨハネ21:9、10>

 無気力であった弟子たちが励まされたように、今こそ私たちもイエス様に癒しと奇跡をいただく時だと思うのです。(た)
c0265111_19550426.jpg








by mitiru-takae | 2019-04-30 17:28 | 満ちる | Comments(0)

No.338 祝イースター 2019.4.21


祝イースター

c0265111_15472686.jpg

そして、ちょうどモーセが荒野でへびを上げたように、人の子もまた上げられなければならない。
それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである」。
神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。<ヨハネ3:14~16>

 私は先々週から風邪をひいて、何日か寝込んでいました。
 熱が引いた後の肩や腰の痛みを感じながら、イエス様の十字架のことをずっと思っていました。

 「釘で打ち付けられた腕と、足のほか、垂直に立てられた十字架の上で、ご自分の体を支えるものは何もない」という十字架にかかられた時のイエス様の状況を想像してみたのです。

 「なんと、むごい刑なのだろう」
 それしか出てきません。
 それ以上に思わされることは、それが「私の身代わり」であったということです。

 いろいろな物語の終わりで、ハッピーエンドになるのが当然と思いつつ読み進めていくうちに、あらぬ方向に行ってしまう、そんな体験が、あると思いますが、イエス様の弟子たちにとっては、まさにそれでした。

 しかし、聖書の素晴らしさはここからなのです。
 私たちと同じ人間の体で、「すべての人の罪を背負う」イエス様の「悲しみと絶望」が、真逆の「命と喜び」に変わるその瞬間を、私たちは体験するのです。

 「イースターおめでとう!」

 死と黄泉に打ち勝って、天馬が空をかけ昇っていくように地上に戻られたイエス様は、以前と変わらず、優しい、愛に満ちた、そして力強いお姿で弟子たちのところに、近づいてきてくださいました。

 弟子たちにとって初めは驚きや畏れがあったに違いありません。しかしそれと共に、大きな喜びが沸き上がってきたことでしょう。
 私たちも同じ喜びをいただきましょう。
 2000年前復活されたイエス様が、今日、私の目の前に勝利のお姿を見せてくださいます。

 「私の罪のためにイエス様は十字架にかかり死んでくださった」から始まるイエス・キリストの福音とは、これ以上もこれ以下もない、世界でたった一つの救いです。

 松岡欣也先生は4月16日のみことばメールのメッセージでこの福音を「とてつもないビッグニュース福音」とおっしゃり、「この恵みに徹しよう!」と呼びかけています。

 受難週を終え、イースターを迎えるこの朝、私たち以上に天の父は喜んでいるでしょう。イエス様が闇と死に勝利されたのですから――。

 暗闇で途方に暮れてあなたが人生で一番つらいとき、そのあなたこそが真っ先に復活の光であるイエス様にお会いでき、勝利を体験します。

 イエス様の勝利はそのまま信じる者の勝利です。
 サタンをかかとで踏み砕き、み言葉が成就したこの日を、私たちも天の父とともに大いに喜びましょう。
 
平和の神は、サタンをすみやかにあなたがたの足の下に踏み砕くであろう。どうか、わたしたちの主イエスの恵みが、あなたがたと共にあるように。<ローマ16:20>

 私たちも主イエスとともに、サタンを足の下に踏み砕くのです。アーメン!(た)
c0265111_15395611.jpg



















by mitiru-takae | 2019-04-23 15:42 | 満ちる | Comments(0)