人気ブログランキング | 話題のタグを見る

No.504 永遠の神の記憶 2022.6.26

《歴史は動き、世界は変わるとも、神の記憶は永遠に変わることがない》
永遠の神の記憶

はじめに神は天と地とを創造された。<創世記1:1>

 今回経験した、一過性全健忘という「新しい記憶の積み重ねが出来ない」病気によって神と私との二人だけの記憶の世界の理解が深まった。

 私に新しい記憶が創られていなくても(本人にとっては全く記憶がないのだが)、主の側にある記億によって歩むことが出来ていることの体験は、一言では言い表せないほどの感激がある。

 これは私の世界と、周りの人の世界との接点が神によって創られていることの証しでもある。
 冒頭のみ言葉は、聖書によって伝えられた神と人との共有財産(神の記憶)である。

 父釘宮義人は倉田百三の言葉に唸った。
「もしピストルの弾があなたの頭に打ち込まれ、あなたが意識を全然なくしてしまったとする。その時、それまで信じていた、あなたの信仰はどこに行くだろうか。信仰していたことも、信じていた内容も、みんな記憶を失ってしまう。その時、あなたは天国に行けるという、その確信をもてるでしょうか。」

 これは記憶を失い、自分の意志では思いかえすことも出来ない状態になったときのことであるが、救いの確信が、人間の自分の側だけにあると思っている人にとっては、このような時の自分の信仰は無きに等しい。
 そして全く信仰のない行いを人前にさらすという危険性のある怖いことでもある。

 しかし、過去の私の信仰の記憶は全て、神の側に残っているのである。これこそが聖霊の保証するところの私の信仰である。
 神の記憶(神と私の共有する記憶)は私たちの天の宝として、御国に存在しているのである。
 これが私たちの天の宝(天の宝は有形のものではない)である。

 人間としての私の認識を超えた神の記憶が存在している。
 しかも、神は私と共にこの記憶という財産を創ってくださっている。
 動物たちの本能とは違う、積み重ねていける、残していけるものが私たちの記憶である。
 それは、私が新しく記憶を構築できなかった時間があったとしても、神の側に残された記憶により、守られ支えられ、続けていけるものなのだ。

 釘宮義人の、「信仰の確かさ」という小冊子の中にある「3,信仰は記憶である」、また「4,救いの確かさについて」の項目に改めて目をうばわれた。
「まさしく消えることのない『記憶』」これこそが、救いの確かさであり、神の側の記憶なのである。

 父の言う「7、信仰とは神と人との協力作用」と、私の体験した「私と神と二人だけで創る記憶(天の宝)」のこと、これがまさしく「信仰」なのだ。
 項目7については、今回の私の体験の一番の宝であり、またやっと父の言うことが分かった記念すべき項目である。
 また、協力作用であるということは私も神と共に体験するということである。

 確かにみ言葉にこう書いている。

すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。
なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。<ローマ10:9、10>

 「『救いの確かさ』とは神の側における確かさです。」
 「誰も、この十字架のみわざを無効にすることが出来ません」(小冊子「信仰の確かさ」より)
 このイエス・キリストによるすべての救いの御業は、私のためになされた、私の世界の神と二人きりの間の出来事であり、他が介入することは出来ない神聖なものである。

 信仰とは他人事ではない、神と私との間に交わされた聖霊の保証する確実なものである。
 まことにこの信仰こそ、イエス・キリストの所有する信仰のことであり、神の記憶は永遠に変わることがなく、朽ちることもない、私と神との関係を保証するものなのである。(た)
No.504 永遠の神の記憶 2022.6.26_c0265111_21244526.jpg









by mitiru-takae | 2022-06-25 21:27 | 満ちる | Comments(0)
<< No.505 燃え尽き症候群 ... No.503 二人だけの記憶 ... >>