人気ブログランキング |

No.396 祝ペンテコステ 2020.5.31

祝ペンテコステ

しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、またわたしが話しておいたことを、ことごとく思い起させるであろう。<ヨハネ14:26>

 聖霊様が私たちにつかわされたのは、いわば、私たちの救いの完成のためだ。
 日々、イエス・キリストの似姿に変えられていくためには、聖霊様の働きがなければ、到底自分で出来ることではない。

 私たちを導き、天の父の御心を悟らせ、イエス様のお言葉を、必要な時に思い起こさせてくださる、そんな、私たちにとって都合のいいことずくめの聖霊様の降臨である。
 ましてや、ペンテコステの恵みは、当時の弟子たちだけに限らず、今の私たちにとっても、体験すべき出来事だと、私は思う。

 罪が贖われたのでもういいじゃないかと言いたくなるかもしれないが、私たちが地上に生きている間、この聖霊様との密接な生き方を全く知らないで過ごすというのも寂しい限りだ。
 地上で天国の前味を味わわせていただくのが、クリスチャンとしての醍醐味というのは少し大げさであろうか。
 それは、聖霊のバプテスマを受けて、異言を語ったり、預言が与えられたり、幻を見たり、ということだけではない。

 私たちの人生の航路に、必要不可欠な羅針盤が聖霊様である。
 天国への道しるべを、また時には私たちの間違った方向をも示してくださる。
 私の心にいつも話しかけてくださり、私の心の中で生きて働くイエス様がおられることを理解させてくださる。

 聖霊様は神である。
 イエス様は神である。
 創造主である天の父は神である。
 このことを「三位一体の神」という。
 唯一の神であり、3つの位格を持っている。

 理屈で考えだすと、世も眠れぬくらい難しくなる。
 しかし、聖霊様が教えてくださると、いとも簡単に、このことがわかる。
 私たちの細胞の一つ一つが納得するのだ。
 聖霊様の働きは、理屈抜きである。

わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなたがたは心を騒がせるな、またおじけるな。<ヨハネ14:27>

今わたしは、そのことが起らない先にあなたがたに語った。それは、事が起った時にあなたがたが信じるためである。<ヨハネ14:29>

 このお言葉はイエス様がまだ十字架にかかる前のことだ。
 ご自身が十字架にかかり、弟子たちは動揺し、心がくじけてしまうであろう、それを予測してのお言葉である。
 弟子たちに対するイエス様の愛は、本当に深い。
 全部わかっているからこそ、至れり尽くせりである。

 私たちに対してもそうである。
 イエス様の深い愛に触れると、勇気が出てくる。
 「わかった、イエス様、私はおじけない!」と言える。

 今日はペンテコステ礼拝である。
 しかし、私たちにとっては、クリスマスや、イースター同様、「毎日がクリスマス」「毎日がイースター」「毎日がペンテコステ」である。

 今日だけにとどまらず、聖霊様を毎日歓迎しよう。
 毎日、理性の言葉で祈るように、異言で祈ろう。
 異言は、聖霊様によって開かれた、私たちと神の国とをつなぐ言葉でもある。
 時に聖霊様はペテロたちのように自分の知らない外国の言葉を語らせてくださるかもしれない。
 自分ではわからない天国語を語らせてくださるであろう。
 そして、それらを読み解くように、私たち一人一人に、かつては王様、預言者、祭司など、特別な人たちにしか伝えられなかった神の言葉を、預言として与えてくださる。

 ペンテコステは、2000年前も今も、私たちの魂の収穫の日なのである。リバイバルを期待してやまない。(た)
No.396 祝ペンテコステ 2020.5.31_c0265111_16281742.jpg














by mitiru-takae | 2020-05-31 17:15 | 満ちる | Comments(0)
<< No.397 驚き 2020.6.7 No.395 神の御旨を行う者... >>