人気ブログランキング |

No.339 奇跡と癒しの時 2019.4.28

奇跡と癒しの時

そののち、イエスはテベリヤの海べで、ご自身をまた弟子たちにあらわされた。そのあらわされた次第は、こうである。 シモン・ペテロが、デドモと呼ばれているトマス、ガリラヤのカナのナタナエル、ゼベダイの子らや、ほかのふたりの弟子たちと一緒にいた時のことである。 シモン・ペテロは彼らに「わたしは漁に行くのだ」と言うと、彼らは「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って舟に乗った。しかし、その夜はなんの獲物もなかった。<ヨハネ福音書21:1~3>

 イエス様は復活して、弟子たちの前に現れてくださいました。
 そして8日たった後、戸を閉め切って集まっていた弟子たちの前に、また、現れてくださったのです。
 さて、その後の彼らはどういう思いで毎日を過ごしていたのでしょうか。

 7人の弟子たちがテベリヤ湖畔で一緒にいたときのことです。イエス様はもう一度現れてくださいました。
 この時の次第はこうでした。

 ペテロが「私は漁に行く」というので、他の弟子たちも皆一緒についていったのです。
 彼らはいったい何の目的があって漁に出たのでしょう。
 食べ物がなかったからでしょうか。
 仕事をしたいという思いで、張り切って漁に出たのでしょうか。
 それとも惰性でついていったのでしょうか。
 この時弟子たちは夜明けまでかかっても何の獲物もとることができなかったのでした。

 イエス様が復活された後、確かにイエス様の復活のお姿を見たり、お声を聴いたりして、悲しんでいた弟子たちはみな喜びに溢れました。
 でもそのあと、実際は何をしてよいのかわからない、何も手につかない、指導者がいなくなった後の無気力な時を過ごしていたのではないだろうかと想像してしまいます。

 実際、復活のイエス様が、自分と何のかかわりがあるのかわからないし、生前のように、直接手を取って教えてくださるわけでもなく、羊飼いのいない羊小屋状態であったのでしょうか。

 病気で苦しんだり、悩みがあったり、解決策が見つからず、途方にくれたり、様々な試練や患難が私たちを襲う時、苦しみの中でイエス様のお名前を呼び、助けを求めて叫んだり、祈ったり―ーーと、私たちは何らかの脱出のための行動を起こします。
 
 しかし、無気力からの脱出は自分からはとても難しいのです。

 何をするでもなく、ペテロはかつてのライフワークであった漁へ行くと言い出します。
 他のみんなも、当然のようにペテロについていきます。ここでせめて魚がとれればいいのですが、朝までかかってもなんにも獲れないのです。

 イエス様は(本当に時にかなって美しいことをなさるのですが)弟子たちに語り掛けてくださいました。

すると、イエスは彼らに言われた、「舟の右の方に網をおろして見なさい。そうすれば、何かとれるだろう」。彼らは網をおろすと、魚が多くとれたので、それを引き上げることができなかった。<ヨハネ福音書21:6>

 お言葉通りにすると、不思議なことが起こります。イエス様はいつでも奇跡を私たちのために用意してくださっているのです。
 度肝を抜かれた弟子たちは、一時に目が覚めます。イエス様と気付きます。
 
彼らが陸に上って見ると、炭火がおこしてあって、その上に魚がのせてあり、またそこにパンがあった。 イエスは彼らに言われた、「今とった魚を少し持ってきなさい」。<ヨハネ21:9、10>

 無気力であった弟子たちが励まされたように、今こそ私たちもイエス様に癒しと奇跡をいただく時だと思うのです。(た)
c0265111_19550426.jpg








by mitiru-takae | 2019-04-30 17:28 | 満ちる | Comments(0)
<< No.340 平成最後の春の聖... No.338 祝イースター 2... >>