人気ブログランキング |

No.308 大分ローカルギャザリングを終わって 2018.9.23

大分ローカルギャザリングを終わって

 9月17日(月・祝)大分ローカルギャザリングを終えました。
 この日与えられたゼカリヤ書を通しての預言にはちょっとびっくりさせられました。
 オイコスチャーチの藤江先生が立って語ってくださった預言はこうです。
 「私たちが散歩をすると、その町の人々が救われます」
 つまり、私たちが歩くだけで、人々が救われるということです。そんなことがあり得るだろうか…という夢のような預言でした。

 実は、先生がおはなしした後に私はゼカリヤ書5章の話を少ししていたのですが、そのあとオイコスチャーチの皆さんが、5章から続けて8章まで読んだとき、びっくりしたのが次のみ言葉だったわけです(そんなことであっただろうと思います)。

万軍の主は、こう仰せられる、その日には、もろもろの国ことばの民の中から十人の者が、ひとりのユダヤ人の衣のすそをつかまえて、『あなたがたと一緒に行こう。神があなたがたと共にいますことを聞いたから』と言う」。<ゼカリヤ8:23>

 「ハレルヤ。外国語を話す私たちが一人のユダヤ人の袖を固くつかみます・・・・
が、次に霊的イスラエルの民である私たちクリスチャンの袖を未信者の人々がつかみ、『私たちもあなた方と一緒に行きたい。それは「神があなた方とともにおられる」と聞いたからだ』と言う、リバイバルが来るということです。信じます」【藤江由美子先生の話】

 つまり、藤江先生の預言の答えとも言うべきみことばをゼカリヤ書が教えてくれたわけです。
 「神が共にいる人」と一緒に居たいと、未信者の方々が言って、袖をつかみに来るというわけですから、私たちクリスチャンが歩くだけでも、その町が救われていくと言うわけです。恐るべし・・・・。

 これは橋本先生のお話の中でも、パウロやペテロたちの影を踏んだだけでも人々が癒されていったと言うお話と同じく、まさにこのような奇跡が起こる日が来るんだといって喜びました。

 あちこちでギャザリングのような集い(日本ではジーザスレインズジャパン、また、北アメリカギャザリングは、IHOPマイクビクルと合同でカンザスシティで開かれる・・・など新しいニュースも入ってきています)が始まっていき、次はこれらが皆一つに結ばれる時が来ます。もう既にそれは始まっていて、もうすぐ「結集」の時が来るのでしょう。一つになって初めて、「キリストの花嫁」となるのです。
 橋本先生は大きな声で「花嫁は一人です」と言っておられましたね。

 このギャザリングと銘打ってから何回目になるのでしょう。
 それまでの3教会合同聖会も長いこと続いていたわけですが、これが今のギャザリングにシフトしていく過程も、今振り返ってみれば、神様のご計画が着々と進んでいたのだと不思議にさえ思えます。

 自分の所属する教会の中だけでなく、同じ思いを持つ教会との交わりの中で、私たち一人一人の魂が整えられ、私たちの魂の中で命を吹き返した新しい霊について行くことができるように訓練されていったのでしょう。

 律法にがんじがらめになっていたクリスチャンが、聖霊様にふれられ、聖霊様について行くとき、本当に自由にされます。
 ギャザリングでは、毎回違った聖霊様のお導きを経験します。その中で私たちは、集会そのものの本当の自由、聖霊様による自由な礼拝を、体験出来て行っていると思います。
 神の家族が一つのところに集まる、礼拝するという時、同じように私たちが人を愛するという時、それは私の行為(神の戒めを守る)というよりも、主イエスと共に生かされるという行いであると知るのです。

 信仰の行いとは、私たちが何かをする、できるというのではなく、聖霊様自身(イエス様自身)の行為の中に私たちが入れてもらっているということのように感じます。

 これからも皆で集い、神の家族の愛を、つまり神の愛を見せていただこうと期待しています。(た)
c0265111_22052724.jpg









by mitiru-takae | 2018-09-30 23:03 | 満ちる | Comments(0)
<< No.309 神から盗み続けて... No.307 神を礼拝する 2... >>