人気ブログランキング |

No.306 天国のはなし(2) 2018.9.9

天国のはなし(2)

イエスの上って行かれるとき、彼らが天を見つめていると、見よ、白い衣を着たふたりの人が、彼らのそばに立っていて言った、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」。<使徒1:10、11>

 弟子たちと共に上空を見上げてイエス様のお姿をいつまでも見送っていたのは、私たちの姿でもありましょう。

 イエス様は上空に消えたのではなく、私たちと永遠に共に住むために、天に帰られたのですから、「なぜ天を仰いで・・・」と言われても仕方がありません。

 神様の愛を知りました。
 イエス様の十字架の贖いのわけもわかりました。
 でもどうしても、完全な救いは死んで天国に帰ってからだったり、新しい天国における霊の体で生きて初めて全てのことわかるように思えたりします。

 しかし本当に、完全な天国の命と体は死ななければ与えられないのでしょうか。
 今は肉体をもって生きていますが、実は魂の奥底(霊)で、私たちは既に死なない命を実現していただいているのです。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。<Ⅱコリント5:17>

 このみ言葉は神様が啓示してくださった奥義です。

 私が生まれてからずっと持っている霊は、イエス様を知った時から、新しく天国人としての霊に変えられているはずです。
 この世の人と同じではありません。み言葉が確かに「全てが新しくなった」と言っているからです。
 この地上を離れるとき、私たちは何の抵抗もなく、天に帰ることができるのはそのためだと思います。

わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。 <ヨハネ14:2~3>
 
 イエス様が天にお帰りになるわけは、この場所を創るためです。
 そしてこの場所は、イエス様が私たちと共にいる場所(住まい)です。

また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」。<ルカ17:21>

 私たちはこの世に生きていても、死んでも、すでに天国人です。
実は、私たちは、イエス様を信じて新しく作り変えられた時、魂の中に天国を持つものとなったのです。イエス様が共に住んでくださる場所を、一人一人が持っているのです。

 私たちはいつも心の中に天国を持っています。それはいつも父なる神の場所とつながっています。
 なぜなら、イエス様が神様と私たちをつなぐ道(架け橋)であるからです。

「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。<ヨハネ14:6>

 「天国ってどんなところ?」と聞かれたら、何と答えればいいでしょうか。

 私はこう答えます。「イエス様が私と共にいてくださる場所です」。
 天に帰っても地上においても同じです。アーメン! (た)
c0265111_22105998.jpg









by mitiru-takae | 2018-09-30 23:01 | 満ちる | Comments(0)
<< No.307 神を礼拝する 2... No.305 天国のはなし(1... >>