No.301 十二使徒たち 2018.8.5

十二使徒たち

さてイエスは山に登り、みこころにかなった者たちを呼び寄せられたので、彼らはみもとにきた。そこで十二人をお立てになった。彼らを自分のそばに置くためであり、さらに宣教につかわし、また悪霊を追い出す権威を持たせるためであった。<マルコ3:13~15>

 すぐに言えるようですぐに出てこない十二使徒の名前ですが、皆さんはいかがですか?

 学生の頃のようにテストでもあれば必死で覚えるでしょうが、大人になって、「いや、必要な時はいつだって言えるさ」などと思って、何もしないでおくとずーっと、そのままですね。

 一つには、4つの福音書にでてくる名前が同じでない弟子がいるということ。また、使徒なのか、執事なのか、はたまた、ただの弟子なのかと、同じ名前の弟子がいるのでわからないということもあります。
 こういうことが、覚えるのがめんどくさいという理由の一つでもあるのでしょう。

 今日は使徒と呼ばれる12人、いえ13人の名前を挙げてみたいと思います。

【シモン(ペテロ)】
 イエス様はシモンに「ペテロ(岩)」という意味の名を付けました。ペテロは「ペテロの手紙」を書いています。
【アンデレ】
 シモンの兄弟であり、二人は漁師です。二人ともバプテスマのヨハネの弟子でした。またシモン(ペテロ)をイエス様に紹介しました。

【ゼベダイの子ヨハネ】
 ペテロたちと同じ漁師であったヨハネはパトモス島にとらえられていました。しかし、そこで幻を与えられ、のちにヨハネ黙示録を書きます。他にヨハネによる福音書、手紙などを書いています。
【ヨハネの兄弟ヤコブ】
 このヤコブは大ヤコブと言われています。ヨハネとヤコブの二人はイエス様からボアネルゲ(雷の子)という名を付けられました。

【ピリポ】
 5000人の給食の奇跡の時「人々にどこからかパンを買ってきて食べさせようか」とイエス様に言われ信仰を試されたことがあります。
【バルトロマイ(ナタナエル)】
 ピリポがバルトロマイを連れてくる前に、イエス様は「あなたをイチジクの木の下で見た」と言っていました。

【トマス(デドモ)】
 イエス様の脇と手の傷を見ないとイエス様の復活を信じないと言った弟子です。
【取税人マタイ(レビ)】
 小ヤコブと兄弟、マタイによる福音書を書いたと言われています。

【アルパヨの子ヤコブ】
 大ヤコブと区別するために小ヤコブと呼ばれました。
【タダイ(ヤコブの子ユダ)】

【熱心党のシモン】
 熱心党とは反ローマ帝国の過激派組織です。
【イスカリオテのユダ】
 このユダがイエス様を裏切りました。
【マッテヤ】
 使徒行伝の時代に入ってユダの代わりに12人目の使徒となりました。

 ざっと書いてみましたが、聖書の中には、まだまだたくさんのエピソードがあります。
イエス様のもとに選ばれた弟子たちは、本当に様々な境遇、考え方、生き方仕事をしてきた人達です。
 
 この12人の使徒ではなくても、復活のイエス様により新生し、私は使徒であると断言できるパウロ。
 このパウロをアンテオケに連れてきたバルナバ。

 また、使徒と同じ名前ですが、聖霊のお導きによって、エチオピアの高官に福音を語り、洗礼を授けたピリポ。
 またパウロの見ている前で石を投げつけられて殉教したステパノ、またパウロの伝道旅行に従い、ペテロの通訳者でもあったマルコの福音書の筆者であるマルコなど、聖書を読んでいくと数多くの弟子たちが出てきます。

 イエス様が生きているときも、天に帰ってからも、今に至るまで、イエス様の弟子は増え続けています。
 私たちも使徒行伝28章に続き、今の時代(使徒行伝29章)の中で聖霊様と共に働くイエス様の弟子です。ハレルヤ! (た)
c0265111_16392204.jpg









[PR]
by mitiru-takae | 2018-08-31 23:00 | 満ちる | Comments(0)
No.300 力を奮い起こせ ... >>