No.297 万事休す 2018.7.8

万事休す

 言葉の由来はというと、子供のころ甘やかされて育った王子に対して言った、王である父の言葉らしいですが【「宋史荊南高氏世家」より】万策尽き、もはやおしまいという意味です。この王子は、王になったとき、父が言った通り、どうにもならない悪い王になったそうです。

 そんなに頻繁にあってはならない、この万事休すの時ですが、人生の中ではどうにもならない土壇場に追いやられることもないとは言えません。
 自分のことであれば、出来てもできなくても自分の身から出た錆ということで、自分が頑張って山を踏み越えればいいわけです。しかし、難しいのは家族であったり、身近な、それも愛する友たちです。

 私たちはとかく、説教をしてみたり、叱ってみたりと、色々試みるわけですが、本人の心が動かねば、どうしようもないわけです。言えば言うほど心はくじけていき、周りの者は「万事休す」と思ってしまうのですね。

しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう。<マルコ2:20>

 私たちの心の中で、「万事休す」というときが来たとき、まるでイエス様がとりさられたような虚しい力のない日を経験するとき、このような時こそ、断食をします。それは悔い改めであったり、希望を持つためであったり、とにかくイエス様と近くいるためです。
 そういう意味では断食は毎日してもいいですね。

 T兄弟とLINEでこのみ言葉を分かち合ったとき、兄弟はすかさず「木、金、土曜日の三日間断食します」と言ってきました。
 断食がすべての解決ではありませんが、実行しようとする自分の心に正直になれることはとても素晴らしいと思います。ハレルヤ!
  
 イエス様を知っているというだけで、私たちは土壇場に強くなれます。
 たとえ主が取り去られる時が来ても、私たちは手をとりあって、共に心を合わせ、希望を捨てることがないばかりか、新しい革袋として、聖霊によって全く新しい復活のイエス・キリストを見ることができるのです。

まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそうすれば、ぶどう酒は皮袋をはり裂き、そして、ぶどう酒も皮袋もむだになってしまう。〔だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである〕」。<マルコ2:22>

このみ言葉のように、どんなに素晴らしい言葉であっても、受け入れる袋がたえられなくては、ついには張り裂けてしまいます。
 葡萄酒を入れる前に革袋を新しいものに取り換える必要があるのです。

 私たちの魂の革袋を新しくできるお方は、イエス・キリストの他にはありません。革袋が新しくなると、新しい葡萄酒を入れても、袋がはりさけることはないのです。
 新しく生まれた人には、主が新しい葡萄酒を入れてくださるのですね。
 この葡萄酒は、イエス様が私たちにくださった新しい契約によるお言葉そのものです。

 今日、もしあなたに、あなたの家族に、また友人、知人に、「万事休す」と言いたくなるようなことが起こったとき、イエス様を知らない人であったら、主の前にともに行ってあげるとよいでしょう。それはイエス様こそが私たちの救いですと知らせてあげることです。
 また、その人がすでにクリスチャンであれば、座って手を取り合い、ともに祈るとよいでしょう。

 私たちはとりなしのために、いつも自分自身を主にお捧げして、聖めていただいておく必要があります。(た)

七日間にわたって祭壇の贖いをし、それをきよめて使い始めなければならない。
この期間が終わり、八日目と、その後は、祭司たちが祭壇の上で、あなたがたの全焼のいけにえと和解のいけにえとをささげなければならない。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れる。――神である主の御告げ。――」<エゼキエル43:26、27【新改訳】>
c0265111_15393956.jpg







[PR]
by mitiru-takae | 2018-07-31 23:01 | 満ちる | Comments(0)
<< No.298 イエス様の福音に... No.296 偽善の反対語は?... >>