No.294 神の宣言 2018.6.17

神の宣言

さて、ひとりの重い皮膚病の人が、イエスのみもとにお願いに来て、ひざまずいて言った。「お心一つで、私はきよくしていただけます。」
イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」
すると、すぐに、その重い皮膚病が消えて、その人はきよくなった。<マルコ1:40~42【新改訳】>

 この「重い皮膚病」という表現が適切な翻訳ではないと最近では言われているようですが、レビ記などを見ると、確かに家や石など、物にも生じるもののようですので、何かしらの意味のある病のように思えます。
 いずれにしても、イエス様はこの「重い皮膚病」を持った人を癒されたのです。というか、この「重い皮膚病」はすぐに消えて、きよくなったと言います。
 モーセの手にも、神は懐に入れたり、出したりするだけで「重い皮膚病」を生じさせたり、消したりしています。
 ですから、神がきよめればすぐにきよくなるものです。

 全能の神は、与えてくださることも、また取り上げることも、いとも簡単にできるお方です。こんなすごいお方に「みこころならば…」と言えたこの病の男もたいしたものです。
 度胸というよりも「本当の神の力を知っているわけではないが、自分に不可能と思えることでも、少しでも可能性があると思うならば、必死に求めていく男」であったのでしょう。
 私たちも、なりふり構わず、求めていくこと、これが一番のようです。
 それにしても「神のみこころを問う」というのは神にとって一番の突っ込みどころであったに違いありません。(笑)

 創造の初めから変わることのない「神のみこころ」、それこそが神ご自身が言う「私の心」です。
 ですからイエス様がおっしゃった「私の心」は「父なる神ご自身の心」です。
 神はご自身の愛(みこころ)を、この世(私の心の中)に完成させるために、私たちをイエス・キリストと結ばせてくださいました。
 そして、このキリストは私たちにとっては神の知恵そのものであり、私のための義と聖と贖いとなられました。おかげで私たちはイエス・キリストを私の救い主と信じるだけで贖われ、聖い者、また義しい者とされたのです。

 また神は、ご自分のお心を、私の前で宣言してくださるお方です。

主は仰せられた。「わたし自身、わたしのあらゆる善をあなたの前に通らせ、主の名で、あなたの前に宣言しよう。わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」<出エジプト33:19【新改訳】>

 神はいつもわたし(あなた)のはなはだ近くにおられ、敵の陣地の中にあっても、いつでもわたし(あなた)の前で、宴を設けてくださいます。神のいつくしみと恵みとがわたしを追ってくると新改訳では訳されています。
 神はいつも、私を追いかけてまでして共にいてくださるのですから、せめて私たちは神の前から逃げないようにしたいものですね。
 いつでもどこでも私たちは神のものです。

あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、わたしのこうべに油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。<詩篇23:5【口語訳】>
まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。<詩篇23:6【新改訳】>

 口語訳、また新共同訳、はたまた新改訳と、時には英語の聖書まで開いてみるという、み言葉への渇きが学習会などでも表れてきます。
 神の御心を知るために、私たちはみことばに触れ、声を出して朗読し、祈り求めて、さらにみ言葉を読むということを、もっともっとしていきたいものです。そしてみことばを宣言していくのです。
 毎日の生活の中でも、いつでもどこでも神の御前で生かされ、キリストの香りを放つものとなりましょう。

 私たちは、<主の名で、あなたの前に宣言しよう。わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ>という、強い神ご自身の宣言の上に立っているのです。(た)
c0265111_23494228.jpg






[PR]
by mitiru-takae | 2018-06-30 23:02 | 満ちる | Comments(0)
<< No.295 どちらが先か 2... No.293 人間をとる漁師に... >>