No.291 御霊の火に燃やされて祈ろう 2018.5.27

御霊の火に燃やされて祈ろう

御霊もまた同じように、弱いわたしを助けて下さる。なぜなら、わたしたちはどう祈ったらよいかわからないが、御霊みずから、言葉にあらわせない切なるうめきをもって、わたしたちのためにとりなして下さるからである。そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うところがなんであるかを知っておられる。なぜなら、御霊は、聖徒のために、神の御旨にかなうとりなしをして下さるからである。<ローマ8:26~27>

 イエス様が天に昇った後、弟子たちはペンテコステの日に聖霊の降臨を受けました。
 この時の弟子たちの異言は、目を見張るものがありました。
 他国の言葉で、福音のメッセージを語り始めたのです。
 ですから、色々なところから集まってきた人々は、それぞれ自国の言葉でそれを聞いたわけです。
  
わたしたちの中には、パルテヤ人、メジヤ人、エラム人もおれば、メソポタミヤ、ユダヤ、カパドキヤ、ポントとアジヤ、 フルギヤとパンフリヤ、エジプトとクレネに近いリビヤ地方などに住む者もいるし、またローマ人で旅にきている者、ユダヤ人と改宗者、クレテ人とアラビヤ人もいる<使徒2:9~10>

 という具合です。エルサレムってなんと外国人の多い都市でしょうか。
 特にこの日はペンテコステのお祭りの日でしたから、すごい賑わいであったのでしょう。
 現在の東京など、オリンピック開催地の会場でもし同じようなことが起こったら……国際空港で…国際色豊かな大学の学食で…などと考えていると、とても楽しいというか、大騒ぎでしょう。
 神様の御業が働くときは、人間の知恵はとても愚かに見えます。
 いくら進化論を口が裂けるようにして叫んだとしても、天動説が、地動説に変わったように進化論も創造論に代わっていくでしょう。人の考え方は変えられていきます。神の力は、ある時いきなり真実に目覚めさせ、気付かせてくださるのです。
 神の大能の前には私たち人間はまことにとるに足りないものです。
 このように神の霊は私の中で、突然、魂の変革を起こしてくださいます。それは使徒たちの異言にも勝る奇跡です。これは聖霊の働きなのです。

 父、御子、聖霊なる神の知恵は、地上の科学ではできない、神と人とをつなぐ大路を開いてくださいました。
 私の魂の中に、聖霊を通して神の国とつながる場所をイエス様が創ってくださったからです。
 人間である私たちが、理解出来てもできなくても、父のところに帰ったイエス様は、私たちの住む場所を創ってくださっているのです。心のドアを開ければ、まるでワープしたように神の国の家に入ることができるように…です。

 そして不思議なことに、聖霊は私の知らない言葉さえもくださいます。
 地上の音声を、天国の音声に変えてくれる、まるで音の変換機です(笑)。
 聖霊は、切なる呻きをもってこれを可能にしてくださっています。
 時には、とんでもない願い事さえも、御霊は、聖徒のために、神の御旨にかなうとりなしをして下さるという事実を、私たちは知って、感謝したいのです。
 祈りが叶う秘訣は、ここにあるような気がします。
 私たちの只中にある天国で、イエス・キリスト、さらに聖霊のとりなしによって魂が張り裂けるほどの祈りを捧げましょう。

わたしたちが受けたのは、この世の霊ではなく、神からの霊である。それによって、神から賜わった恵みを悟るためである。<Ⅰコリント2:12>

 預言や知識と同じように、地上では異言もすたれていくでしょう。しかし、天国に通じる異言という言葉は、天国に帰ったときには音声(肉)はなくとも霊の言葉そのものだと思うのです。
 ペンテコステの日に、聖霊が弟子たちの上にとどまったように、私たちの上にも聖霊の火が満ち溢れて、大きく燃やされ続けるように知性の祈りでも求め、異言でも大いに祈っていきましょう。(た)
c0265111_15214581.jpg





[PR]
by mitiru-takae | 2018-05-31 23:03 | 満ちる | Comments(0)
<< No.292 全ての始まりは神... No.290 ペンテコステの朝... >>