No.286 すぐに立ってエルサレムへ 2018.4.22

すぐに立ってエルサレムへ

 イエス様がよみがえって、墓の中から消えたその日のこと、ふたりの弟子が、エルサレムからエマオという村へ向かっていました。
二人は今日の出来事を、語り合い、論じ合っていました。
 イエス様が墓にいないということや、甦ったということが、彼らの頭では理解ができず、整理がつかなかったのでしょう。

 そこへ、イエス様が近づいてきたのです。
 ところが、二人の目はさえぎられていて、このお方がイエス様であるとは全く分かりません。
 イエス様は二人に語りかけました。
 「その話は、なんのことなのか」

 イエス様はご自分の弟子たちを、愛して愛してやまないのです。
 釘宮義人牧師も「何を話してるのですか?」とたびたび、信徒さんの話の中に割り込もうとしてきていましたが(笑)、これも教会のみんなが大好きで、気になってしかたがなかったのでしょう。
 愛するものへは自分から近づいていくものですね。イエス様なら、なおさらです。

 さあ、エマオに近づいてきました。
 
それから、彼らは行こうとしていた村に近づいたが、イエスがなお先へ進み行かれる様子であった。そこで、しいて引き止めて言った、「わたしたちと一緒にお泊まり下さい。もう夕暮になっており、日もはや傾いています」。イエスは、彼らと共に泊まるために、家にはいられた。<ルカ:24:28、29>

 イエス様を、イエス様とは知らずに、二人は無理やり引き留めて泊まるように勧めました。
 そして食事を共にすることになりました。

 ところが、客であるはずのイエス様の方がパンを取り、祝福してさき、二人(一人の名はクレオパと言います)に渡します。この時二人は「ハッ」と気づいたのです。目が開(ひら)けて、イエス様がわかったのです。

一緒に食卓につかれたとき、パンを取り、祝福してさき、彼らに渡しておられるうちに、彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。<ルカ24:30、31>

 どんなに嬉しかったでしょうか。今までの疑問はすべて吹っ飛んでしまい、代わりにイエス様が復活されたことについての確信が、魂の中にしっかりと記された時でした。

彼らは互に言った、「道々お話しになったとき、また聖書を説き明してくださったとき、お互の心が内に燃えたではないか」。 <ルカ24:32>

 私たちも、たとえ信じられないことがあって、イエス様を認められずにいるときでも(信じられない時、苦しみのどん底で周りが見えない時、途方に暮れて、すべてを放り捨ててしまいたいとき、二人の弟子のように、他の弟子たちや使徒たちと共にいることができず、郷里へと帰ってしまおうと思うときなど)、信仰の友と語り合ってみましょう。論じ合ってみましょう。
 
 主は必ずそこに来てくださり、魂の奥深くに語りかけてくださいます。

そして、すぐに立ってエルサレムに帰って見ると、十一弟子とその仲間が集まっていて、 「主は、ほんとうによみがえって、シモンに現れなさった」と言っていた。<ルカ24:33、34>

 心の中に力がよみがえり、聖霊様に燃える心をいただいたならば、また信仰の兄弟姉妹が集まるところに帰りましょう。あなたの本当に帰るべき所(キリストの体の一部として)はどこでしょう。

 あなたが立ち直ったならば、次は、他の弱った兄弟姉妹を、力づけてあげましょう。互いに主の復活の証人として告白し合いましょう。
 こうして教会は力を得て全世界に出て行けるのです。(マルコ16:15参照) (た)
c0265111_16595141.jpg







[PR]
by mitiru-takae | 2018-04-30 23:01 | 満ちる | Comments(0)
No.285 新しい命に生まれ... >>