No.284 バプテスマおめでとうございます 2018.4.8

バプテスマおめでとうございます

すると、ペテロが答えた、「悔い改めなさい。そして、あなたがたひとりびとりが罪のゆるしを得るために、イエス・キリストの名によって、バプテスマを受けなさい。そうすれば、あなたがたは聖霊の賜物を受けるであろう。<使徒2:38>

 イースター礼拝の中で、平井姉妹のバプテスマ式が行われました。

 一年ほど前にご主人を天に送ったばかりの姉妹ですが、死を身近に感じ、いわゆる終活をしなければと思ったらしいのです。その第一番に「バプテスマを受けたい」という選択肢があったことを、心から嬉しく思い感謝しています。

 長いこと教会の礼拝に出席していますし、仲の良い姉妹の自宅で行われている家庭集会にも参加する、信仰を求めることに熱心な姉妹です。
 「信仰の友」たちの祈りもあって、姉妹はめでたくバプテスマを受けることとなりました。主は素晴らしい。

 姉妹のご主人が生前入院しておられたときに、「お祈りに来てほしい」という連絡がありました。そこで、病床におじゃまして、お祈りをさせていただきました。
 この時ご主人は私の顔を見て、なんとなく微笑んでくださっているようにお見受けしました。

 ご主人の心が次第に神様の方に近づいていたんだなと感じさせられましたし、病の苦しみの中にあっても、ご夫婦お二人の病室でのお姿は、私の目には平安そのものに見えていました。

 ご主人の「死」をきっかけに、天の御国を思う心が大きくなっていったのでしょう、姉妹の心の中でバプテスマを受け、神の家族の一員となるという夢が、具現化してきたのですね。
 
すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、彼と共に葬られたのである。それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。<ローマ6:4>  
 
 バプテスマを受けるとは、私たちがイエス様と一つになるということです。

 バプテスマには、「古い私が死んでしまう」という意味もあります。今までの罪に支配されていた私は、イエス様と共に一度死んでしまい、そして新しい人として復活のイエス様と共に私たちも復活するということです。
 古い罪人はもういません。死んでしまいました。

 新しい命に生きるということは、私の中に生きてくださるイエス様の命が私と共に生きてくださるということです。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。<第2コリント5:17>

 ですから、イエス様を信じてバプテスマを受けた人は新しく生まれ変わった人なのです。

わたしは、神に生きるために、律法によって律法に死んだ。わたしはキリストと共に十字架につけられた。<ガラテヤ2:19>

生きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておられるのである。しかし、わたしがいま肉にあって生きているのは、わたしを愛し、わたしのためにご自身をささげられた神の御子を信じる信仰によって、生きているのである。<ガラテヤ2:20>

 私たちは、ただ勧められるままになんとなくバプテスマを受けるわけではありません。そこには素晴らしい神様のご計画があり、私たちを救うイエス様の愛と信仰があります。私たちのイエス様と一つになりたいという希望がイエス様によって本当に叶えられるのですね。

 バプテスマを受ける方々が、姉妹に引き続き続々と出てきますようにお祈りしています。(た)
c0265111_16592008.jpg











[PR]
by mitiru-takae | 2018-04-30 20:46 | 満ちる | Comments(0)
<< No.285 新しい命に生まれ... No.283 祝イースター/十... >>