No.282 ホサナ 2018.3.25

ホサナ

そして群衆は、前に行く者も、あとに従う者も、共に叫びつづけた、「ダビデの子に、ホサナ。主の御名によってきたる者に、祝福あれ。いと高き所に、ホサナ」。<マタイ21:9>

今日は棕櫚(しゅろ)の日曜日。
 イエス様をメシヤと受け入れることができない、パリサイ人や他の律法学者たちとは正反対に、民衆はその素直な心で、イエス様をエルサレムの町に迎え入れました。

シオンの娘よ、大いに喜べ、エルサレムの娘よ、呼ばわれ。見よ、あなたの王はあなたの所に来る。彼は義なる者であって勝利を得、柔和であって、ろばに乗る。すなわち、ろばの子である子馬に乗る。<ゼカリヤ9:9>

 この時、まさにゼカリヤによって言われた預言が成就しました。
 イエス様はロバの子に乗って、民衆が大声で「ホサナ、ホサナ」と叫ぶ中、棕櫚の枝を踏みしめながらエルサレムの黄金の門を通って行かれました。

 今日、私たちの心に入場してくださるイエス様のために、大きな声で「ハレルヤ、ハレルヤ」と叫び、迎え入れましょう。

 「ホサナ」という言葉は、本来の意味(ヘブライ語で「救い給え」の意)というよりも、ほとんど、私たちが日ごろ使う言葉で「ハレルヤ」と言うのと変わらないと思います。
 神をほめたたえる言葉として教会で使われる言葉ですね。
 
 ところがこの民衆の同じ口で、この後イエス様がとらえられた後「十字架につけよ!」と叫ぶわけですから、民衆の心理というものはあまり信用ができません。
 私たちはいつも、自分の口を聖霊様に清め続けていただく必要があります。思わず周りにつられて、悪口を言ったり、人を攻めたりしてしまいます。
 皆がある人の悪口を言っている中で、反対論を述べるのには、ちょっと勇気がいるものです。しかし、み言葉を見るとペテロがこう言っています。

悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪口に報いず、かえって、祝福をもって報いなさい。あなたがたが召されたのは、祝福を受け継ぐためなのである。<ペテロ第一3:9>

 今日の棕櫚の日曜日、ホサナ、ハレルヤと、神のみをほめたたえて過ごしましょう。教会の中だけではなく家に帰っても実践できれば幸いです。

 聖書が昔から告げていうメシヤの到来は、ユダヤ人の希望でした。
 パウロがローマで、ユダヤ人たちに告げたメッセージは、皆が待ち望んでいたメシヤ、救い主キリストのことでありました。(しかしユダヤの宗教家たちはイエス様を否定するどころか、自分たちの方が民衆を騙し、イエス様を十字架につけたのです。)

こういうわけで、あなたがたに会って語り合いたいと願っていた。事実、わたしは、イスラエルのいだいている希望のゆえに、この鎖につながれているのである」。<使徒28:20>

 十字架刑でイエス様ご自身が死んだあとは弟子たちをも迫害してしまう。
 そのような人間の傲慢、高慢が、昔も今も、自分の上に人をつくらないどころか神(創造主)までも地上に引き下ろしてしまったのです。

 しかし、このような逆境とおもわれる荒波の中でパウロたちは、全世界に向かって神の国とイエス・キリストを伝えていくわけです。

ローマからは、兄弟たちがわたしたちのことを聞き伝えて、アピイフォルムとトレス・タベルネまで迎えに来てくれた。パウロは彼らを見て、神に感謝し、勇気づけられた。<使徒 28:15>

 彼らをどこにいても勇気づけ、元気を与え続けてくださったのは、あの小さなロバの子に乗って、子供たちに笑顔を惜しまなかった愛の主イエス・キリストなのです。ホサナ! (た)
c0265111_23444429.jpg





[PR]
by mitiru-takae | 2018-03-31 23:03 | 満ちる | Comments(0)
<< No.283 祝イースター/十... No.281 主も彼らと共に働... >>