No.281 主も彼らと共に働き/風が吹くとき 2018.3.18

主も彼らと共に働き

そして彼らに言われた、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。<マルコ16:15>
弟子たちは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主も彼らと共に働き、御言に伴うしるしをもって、その確かなことをお示しになった。〕<マルコ16:20>

 「リバイバルミッション2018」の働きにより、私たちの教会にチャペルコンサートと題して、若い現役大学生しかもクリスチャンのDUO B→Zのお二人、そしてメッセンジャーとして平岡修治先生をお迎えすることができました。
 ヴァイオリン、ピアノの演奏、平岡修治先生のほとばしり出るようなメッセージと、素晴らしい時間を過ごすことができました。DUO B→ZのCDや、平岡先生の天に帰られた小さな魂(先生の長男)の証などの書籍があります。
 全世界に出ていく「リバイバルミッション」の働きを心から感謝し、祈りをもってお支えしていきたいと思います。

 主のみ言葉を実践するときは、いつも主が共に働いてくださっています。働きが大きい小さいは関係ありません。
 私たち一人ひとりの小さな宣教の働きを、主は喜んでくださいます。
 イエス・キリストの福音を伝えるときは、イエス様と共に一歩一歩あゆんでいるときです。そして私たちは、たまにイエス様に負ぶって歩いていただいているときもあるんですね。
 それは聖書に書かれたイエス様のお言葉が、確かなもの、真実なものであるとイエス様ご自身が私たちに示してくださるためです。(た)

風が吹くとき

風は南に吹き、また転じて、北に向かい、めぐりにめぐって、またそのめぐる所に帰る。 <伝道の書1:6>
わたしは日の下で人が行うすべてのわざを見たが、みな空であって風を捕えるようである。<伝道の書1:14>

 自然は単調で、同じことを繰り返すものだと、また、無駄な努力は、風を追うようなものだと、伝道の書は語ります。

 風がとらえどころのないことは言うまでもありませんが、困るのは暴風など、人間社会に被害をもたらすようなひどい風や竜巻などです。
 また、パウロも経験した、多くの船乗りや釣り人たちが経験する向かい風のように、行く手を遮ろうとする風です。
 
 よく人生は航路にたとえられますが、なかなか順風満帆ばかりとは言えません。
 しかし、嵐や、向かい風なるものが、どうして人生の中で起こってくるのでしょうか。誰も望んではいないと思う「嵐の夜」とでも言いたい事態に遭遇するものですね。それどころか順風の時でさえ、私たちは怠惰な心になってしまったり、神を忘れてしまうという、大きなサタンからの暴風に巻き込まれてしまいます。

 どんな時でも、イエス様に感謝を忘れない人生行路でありたいものです。

 先週日曜日は「3.11東日本大震災」のあった日から7年目を数える日でした。日本人の誰もが、地震の怖さ、津波の怖さ、原発の怖さを実感した災害でした。最近は噴火もあちこちで起きていますし、自然災害の脅威からは、逃げ出すことができません。
 順風の時には全く分からなかった、人を通しての神の愛を知る機会がやってきます。人の心の中に語りかけてくる神の元気が、私たちを立ち上がらせてくださるのです。
 全ての望みが絶たれたか・・・と思うとき、パウロは言いました。

だが、この際、お勧めする。元気を出しなさい。舟が失われるだけで、あなたがたの中で生命を失うものは、ひとりもいないであろう。<使徒27:22>
だから、皆さん、元気を出しなさい。万事はわたしに告げられたとおりに成って行くと、わたしは、神かけて信じている。
<使徒27:25> (た)
c0265111_23440991.jpg




[PR]
by mitiru-takae | 2018-03-31 23:02 | 満ちる | Comments(0)
<< No.282 ホサナ 2018... No.280 昔も今も永遠に ... >>