No.187 悔い改めは神の恵み 2016.5.29

悔い改めは神の恵み

 このタイトルは、今回ラブ・ソナタ岡山で買って帰ったイ・ジェフン先生の書籍のタイトルです。
 私たちが悔い改めるというとき、改めるどころか、悔いたり、泣いたりと、ただ神様の御前で小さく固まってしまうような印象を持たれるかもしれません。しかし、聖霊様のお導きによって起こる悔い改めは、私たちの魂を解放します。私たちの魂は固まるどころか、かえって自由になるのです。

 新約聖書の中に、放蕩息子の話があります。もらった財産の全てを使い果たし、飢えたあげくの果て、悔い改めて父のもとに帰って来るというお話です。
 この息子が戻ってくるのを父はまだ遠くから見つけ、外に出て待っていてくれますが、神様はそれ以上に、息子が家を出て行ったその時から、息子を愛し、赦し、帰ってくるのを待っているお方です。
 つまり、神様は、私たちの悔い改めを待って救ってくださるのではなく、十字架にあってすでに赦してくださっているのです。それに気付かせてくださるのが聖霊様です。
 ですから、イ・ジェフン先生のおっしゃるように、悔い改めそのものが、神様の恵みであり、贈り物なのですね。【イ・ジェフン先生のゼカリヤ書講解説教集「悔い改めは神の恵み」をお読みください】

 しかし、イエスは答えて言われた、「今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいことである」。そこでヨハネはイエスの言われるとおりにした。<マタイ3:15>

 また天から声があって言った、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。<マタイ3:17>

 イエス様が人の形をとってこの世にきてくださり、罪のないお方がバプテスマのヨハネのところに赴き、水のバプテスマをお受けになりました。
 ヨハネは自分の名声を誇ることなく、自分をイエス様の前に低いものとしました。このヨハネの、イエスの御前にある謙遜、またイエスのお言葉に従いバプテスマを施す従順も、ヨハネ自身が神からいただいている悔い改めがあったからに違いありません。
 イエス様は、ヨハネに「我々にふさわしい・・・」といわれました。神の子として最もふさわしいのは、権勢、能力ではなく、悔いた従順な魂です。
 私たちの指標は、父なる神に十字架まで従順であったイエス様です。本物の悔い改めは、イエス様からいただいた信仰を通して与えられる恵みでありプレゼントです。(た)
c0265111_15324073.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2016-05-31 23:00 | 満ちる | Comments(0)
<< No.188 私の友なるイエス... No.186 主の働き人として... >>