人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クリスマスの思い出 2012.12.23

クリスマスの思い出
   
わたしが小学校3年生くらいであったか、もっと小さかったのかよく覚えていないのだが、その年サンタクロースに手紙を書いたのです。プレゼントのお礼です。
我が家では毎年必ずサンタさんが来てくれていました。もちろん子供たちが寝静まった頃、両親が枕元にプレゼントを置いてくれていたのです。
その頃の父は教職の仕事も辞め、自分の信仰を貫くために、独立伝道をはじめていました。決して楽な生活ではありませんでした。といっても、子供のわたしの主観ではありますが、父にとっては主にすべてを委ねた、覚悟の上の生活であったでしょう。
しかし、貧しいといっても戦後のことですから、まわりも食べ物、衣服など今のように豊富にあるわけではないので、「あんなものだよね、貧しいと言っても・・・」と今ならいえるくらいです。
その中でのクリスマスプレゼントですから、中身の豪華さはないけれど、とにかく嬉しいものでした。
前の年が確か、大きなチョコレートだったようなきがします。このころはチョコなんて普段は口には出来ませんでしたから、嬉しかったですね。そして何故かこの年はサンタさんにお願いをしたのです。
24色のクレパスです。
クリスマスの朝、目が覚めて、このクレパスを見たとき「ほんとに来たー!」と、飛び上がったものでした。
サンタさんに「お願い」をしたのですから!そしてその「お願い」を聞いてもらったのですから!
嬉しくてうれしくて「これはお礼の手紙を書かないと・・・」と思い切って、いえ相当の決心をして(可愛いでしょう)手紙をかいたのです。ご丁寧にどうやってサンタさんに渡すかを父に相談して・・・。
父曰く「枕元においておけば、サンタさんに渡しておいてあげるから」

あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。
魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。
このように、あなたがたは悪いものであっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。
    -マタイ7:9,10,11-

私達の天の父は、求めれば必ず与えて下さるお方です。
私の必要は主が一番知っていてくださいます。
恐れずに求めましょう。きっと私たちが口を開き求めてくるのを待っておられます。
どうやって求める?それは私の父が教えてくれたように、いえもっと良い方法を、天の父は教えてくださるはずです。

子供の頃の小さな思い出ですが、父の愛をこの思い出の中に感じて幸せ気分の私です。感謝!
by mitiru-takae | 2012-12-25 23:06 | 満ちる | Comments(0)
<< 昂揚 2012.12.30 最高のプレゼント 2012.1... >>