<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.217 祝クリスマス 2016.12.25

祝 クリスマス

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。<ヨハネ3:16>  
c0265111_11235100.jpg
クリスマスおめでとうございます!

 イエス様が人間としてこの地上に来てくださったことには、深いわけがあります。人間の罪の身代わりに死ぬことが出来るのは、人間だけです。しかもその人間は、いけにえ(犠牲)となるものですから、傷もシミもない、完全な人間である必要があったのです。この条件を満たす人間は神様であるイエス様しかいません。

 神様は人間をこの地上のちりでお創りになりました。神様が初めに創られた人間は、「はなはだ良い」ものでありましたから、神様は「はなはだ良い」人間と共に、地上の楽園を完成させるはずでした。
 神様は、本当の親友のように、人間と交わり、心を通わせたいと思っていたに違いありません。たとえ傷ついたとしても、「はなはだ良い」人間を「真の人間」にしたいと思っていたに違いありません。
 どうしてそう思うかというと、人間には自分で考え、自分で選択し、自分から神様のもとに来たいと思う自由意志というものを頂いてているからです。その証拠に、私たちは神様を裏切ることさえできるのです。心を持たない人形ではありません。

 旧約聖書が書かれているころの時代、特にモーセ五書と言われる記事の中には「祝福と呪い」という言葉が何度も出てきます。
 私たちはいつでも神様の前で選択を余儀なくさせられます。「祝福を選びなさい」といわれるのですが、つい、ほんのちょっとしたはずみで、「呪い」を受け取りかねないときがあります。
間違っても「呪い」(それは魂の死)を受け取らないように、いつも心して、祝福を受けとる必要があります。

神様はいつも私たちに自らの意思で近くに来てほしいと願っておられるのです。そして、イエス様の手足となってこの地上でサタンと戦い、天の父の御心を行うものとなるために、日々訓練し、教え導いてくださっています。私たちがこの地上で小さな勝利を得ると、天では天使たちの歓声が上がり、地響きならぬ、天を揺るがす大音響がなりわたるのです。イエス様がお生まれになった夜もそうでありました。
 心から「クリスマスおめでとう」と、主をほめたたえます。
 この地上に、完全なる、真の人間が生まれました。このお方こそ、イエス・キリストです。そしてこのお方こそ私たちの主の主、王の王なる神様です。

 私たちの罪を贖い、祝福し、癒しと解放をもたらし、まことの平和を作り出すお方、新天新地をこの世にもたらす、唯一の私たちの花婿なるイエス様です。
 このお方のほかに神はいません。イエスさまこそわたしたちの救い主です。

神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」 <ヨハネ黙示1:8>
c0265111_11201965.jpg
 2016年もいよいよ今週で終わりです。今年も主に励まされ、皆様とともに歩んでこれました。ありがとうございます。

 来年、私たちはさらなる信仰の躍進を渇望し、ともに天の父の大家族として支えあい、励ましあい、学びあい、喜びあって、私たちの主に栄光をお返ししていきましょう。(た)






[PR]
by mitiru-takae | 2016-12-28 11:24 | 満ちる | Comments(0)

No.216 諸人こぞりて/ 奥の細道ギャザリング 2016.12.18

諸人(もろびと)こぞりて 

諸人こぞりて迎まつれ 久しく待ちにし
主は来ませり 主は来ませり 主は、主は来ませり
悪魔のひとやを打ち砕きて  虜を放つと
主は来ませり 主は来ませり 主は、主は来ませり
この世の闇路を照らしたもう 妙なる光の
主は来ませり 主は来ませり 主は、主は来ませり
                  (讃美歌)    

 12月に入るとあちらこちらから聞こえてくるクリスマスソング!

 先日コンパルホールのゴスペルコンサートに出かけた。「イエスは主」、「主なる神」など、英語で大声で叫び歌う声を聴くと、こんなに主をほめたたえている、すごいことだ…、と思いながら心の底で、「この中の何人がクリスチャンなのかしら、信仰を持ってる人はいるのかしら」とまゆをちょっぴりひそめてみたりする。(笑)

 しかし、いやそうじゃない。パウロがエペソで、「あなた方が拝んでいる知らない神を教えよう」といったではないか、そうだとにかく、わからなくてもイエス様をほめたたえるのがいい、もろびとこぞりて「イエス様が神だ、主だ」と叫ぶのが良い。

 実際、賛美、またゴスペルから信仰に入ることは素晴らしい。とにかく賛美はこの世の支配から私たちを守ってくれる…最高の防備武具でもある。(た)
c0265111_09125721.jpg


奥の細道ギャザリング 

そこであなたがたは、もはや異国人でも宿り人でもなく、聖徒たちと同じ国籍の者であり、神の家族なのである。<エペソ2:19>

 12月5、6、7日と三日間の行程のうち、仙台、福島の二ヵ所を回ってきました。大分と同じように、キリシタンの殉教の歴史と、人々の心の中に潜む禁忌の言葉「キリスト教」をサタンの手から奪い取り、人々の魂の解放を切に祈ってきました。またキリシタンが処刑された広瀬川にも記念碑がありますので行って皆で祈ることもできました。

 おかげさまで、「ギャザリングにとことんはまってしまった」…といえるかもしれません。これはとにかく自由だからということがあります。しかしこの自由は、「羽目を外し、好き勝手をする」ということではありません。聖霊様のお導きに全身全霊を傾けるということにほかなりません。
 準備は、その多くを人間の知恵でなされたとしても、「そのうち必要なもの、皆と共有すべきことのみが語られ、賛美の霊の導く中で流れに沿って進んでいくのだなあ」と思わせられています。

 ですから、ギャザリングの聖会の中では賛美はとても重要な位置を占めています。もちろん、異言、預言、幻、夢などが、与えられ、解き明かされ、聖書にある通りのことが起きていくのでしょう。もはや、特別なメッセンジャーではなく、牧師でもなく、預言的な集会が繰り広げられていくのだと思います。聖霊様の語ることが優先されるのです。
 そこには、イザヤ書などにある解放、回復、そしてヨハネ黙示録の新天新地の花嫁となるものの集う世界です。

 ギャザリングは共に集って、その場にいないとわからない、説明のしにくいものです。天の父の御心を行うものの集まり、それは天のお父さんの率いる「神の大家族」の集まりです。力強い、父、母的存在の先生方、そしてお姉さんのような「とりなし手」の皆さん、互いに結び合う神の子供たちが「さあ、帰ろう、家に帰ろう」と集ってくる父の家、そのようなイメージが大きく膨らんできます。

 今回「奥の細道ギャザリング」では神の大家族の圧倒的勝利を心に刻んで帰りました。わたしたちの家族、親族、近しい人々、一人残らず祝福し、父は帰りを待っていてくださるんだという喜ばしい確信をいただきました。私たちはあきらめてはいけません。家族のために神の約束を信じて、供えられたそれぞれの道を走りぬこうではありませんか。

 「追いやられたものも、出て行ったものも、皆帰って来て、ともに真の礼拝をする時が来るのだ」と大きなラッパの音が知らせてくださるその日が近いのだと感じます。(た)
c0265111_09131545.jpg














[PR]
by mitiru-takae | 2016-12-27 09:11 | 満ちる | Comments(0)

No.215 ひとりも滅びないで/奥の細道ローカルギャザリングに行ってきました 2016.12.11

ひとりも滅びないで

互に呼びかわして言った。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主、その栄光は全地に満つ」。<イザヤ6:3>
 
 イザヤは見たのです。それは何と主がみくらに座したお姿と、その衣の裾が神殿に満ちていた様子でした。そして6つの翼をもつセラビムが飛びかけり互いに呼びかわしていたのです。「聖なるかな、聖なるかな・・・と」。

 その声によって、敷居のもとは震い、神殿の中には煙が満ちたと言います。この時イザヤは「大変だ、私は万軍の主を見たので滅びる!」と思ったのです。なぜかというと「わたしは汚れたくちびるの者、汚れたくちびるの民の中に住む者だから」です。

 しかし、主はイザヤを罪赦された者として、そのくちびるをお用いになりました。セラビムが彼の唇に燃えている炭を口に触れさせていった言葉に注目したいと思います。

「見よ、これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの悪は除かれ、あなたの罪はゆるされた」。<イザヤ6:7>

 この炭は祭壇の上からとったものですから、神様が燃やした炭です。これが私たちの唇に触れるとき、わたしたちの罪は赦されたといいます。その後、私たちを神様の御用につかわしたいと主は言われるのですが、果たして私たちもイザヤのように応えることが出来るでしょうか。

わたしはまた主の言われる声を聞いた、「わたしはだれをつかわそうか。だれがわれわれのために行くだろうか」。その時わたしは言った、「ここにわたしがおります。わたしをおつかわしください」。<イザヤ6:8>

 「聖い」のは神様であり、わたしたちではありません。「罪で汚れている」のが私たちでありました。しかし、私たちをイエス様という燃える炭火で聖めてくださいます。この世にイエス様のほか「燃える火」として私たちのところまで来て、私を聖くしてくださる神はいません。イエス様はこのことを完成するために十字架にかかって死んでくださいました。
 十字架の死こそが、イエス様がこの世に生まれてくださった理由です。その目的は次のみ言葉の言うとおりなのです。

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。<ヨハネ3:16>

 「ひとりも滅びないで」というお言葉は、私にくださった神様からのプレゼントです。早速包みを開いてみましょう。「神の国」の幕開けです。(た)
c0265111_08573053.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

奥の細道ローカルギャザリングに行ってきました

 「木枯らし吹きすさぶ」のイメージのように、北風の冷たさと、時折舞い散る小雪が東北を思わせてくれました。しかし、雨も雪もたいしたことはなく、何より元気で仙台、福島と行って帰ることが出来て感謝です。次号に報告兼お証を載せる予定でいます。今回は、地上で集う私たちが「天の父の大家族」であることをとても感謝させられました。

 9月の大分ローカルギャザリングで二人の先生方による幻が発表されていました。それを走り書きのように忘れないうちにと絵にしておいたものです。私たちは日本中のサタンによってかたく埋められた信仰の井戸のふたを打ちこわし、日本にリバイバルを再び燃え起こしていくという幻と預言です。見にくいかもしれませんが勘弁してください(笑) 天の窓は写真と同じ楕円形ですね! 〈満ちるNo.212参照) (た)
c0265111_09001487.jpg


[PR]
by mitiru-takae | 2016-12-20 09:00 | 満ちる | Comments(0)

No.214 クリスマスのプレゼント 2016.12.4

クリスマスのプレゼント

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 <聖書>

 すべてのものを何もないところから創られた神様は、その中でも私たち人間がいちばん大好きです。そしてみんなが幸せになることをとても願っています。
 わたしたちが自分の心の中にある悪い思いの支配にとらわれず、楽しく自由に永遠に生きられるように、次のことをなさいました。

 まず、1番目にクリスマスです。
 クリスマスは、悪い思いや行いによって、鎖でがんじがらめになっている私たちを自由にするために、この世に神様が贈ってくださったイエス様のお誕生日なのです。
どうしてイエス様が、私たちの心を自由にすることができるのでしょうか。

 それは2番目です。
 イエス様を信じる人を、永遠の死から助け出すために、まずご自分が私たちの罪の身代わりとして十字架にかかり死んでくださいました。
 イエス様は、私たちの身代わりとして死ぬためにこの世にお生まれになったのです。
 イエス様を私の助け主として信じると、私たちの罪は赦され「あなたは私の宝だ」といわれるほど、神様にとって素晴らしいものと変えられるのです。

 そして3番目にイエス様は、私たちが天の国に帰るまで天国人としてこの世で天の宝を増やすためのお手伝いをしてくださるようになりました。
 それが聖霊様です。私たちに、生きる力、エネルギーを下さるお方ですし、時には私たちを慰め、勇気づけ、励まして下さるお方です。そして、私とともに躍り上がって喜んでくださるお方なのです。
 イエス様を信じるということは、父なる天の神様、イエス・キリスト様、聖霊様のすべてのお働きを信じるということです。  
 とてもわかりにくいことのように思えますが、イエス様を信じてみようと決心すると、だんだんすべてのことの意味がわかってくるようになります。

 そして、あなたのためにイエス様がこの世に来てくださったことも、神様がどれほどあなたを愛してくださっているかということも、知るようになるのです。
 このクリスマスの日、世界で一番あなたを愛してくださるお方の愛を受け止めてほしいと思います。夜の美しいイルミネーションよりも輝く、世界一のクリスマスケーキよりもおいしい本当のクリスマスを知ってほしいのです。
 神様はあなたのために、そしてあなたの愛する人々のために、あなたの心の中に素晴らしいクリスマスのプレゼントを用意してくださっています。(た)

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
今から約2000年前、イスラエルのベツレヘムという町に、救い主イエス様がお生まれになりました。
このイエス様のお誕生日をお祝いする日がクリスマスです。
イエス様は神様のひとり子でしたが、私たちの罪の身代わりとして十字架にかかり、死んで、黄泉に下り、三日目によみがえり、天の父なる神様のもとへ昇っていきました。
このお方を信じることによって、私たちの罪は赦され、やがて神様のいらっしゃる天の国に行き永遠の命をもって生きることを約束してくださっています。
神様のひとり子なるイエス様のお誕生を心からお祝いしていただけますよう、お祈りしています。
クリスマスはどうぞ教会へおいでください。
お待ちしています。(た)
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

12月23日(金祝)pm 6:00~ クリスマス讃美歌の夕べ
12月25日(日)am10:30~ クリスマス礼拝
        pm1:00~ クリスマス愛餐会(プレゼント交換があります。500円くらいのプレゼントをお持ちください)


c0265111_15552958.jpg


[PR]
by mitiru-takae | 2016-12-10 15:51 | 満ちる | Comments(0)