<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.191 あなたは生きる 2016.6.26

あなたは生きる

あなたがたがわたしに対しておこなったすべてのとがを捨て去り、新しい心と、新しい霊とを得よ。イスラエルの家よ、あなたがたはどうして 死んでよかろうか。わたしは何人の死をも喜ばないのであると、主なる神は言われる。それゆえ、あなたがたは翻って生きよ」。 <エゼキエル18:31、32>

世の中の道徳や正義は不変ではありません。
また、この世の法律が犯罪者を裁くように
私たちが神に対して犯す罪は、神の律法によって裁かれ、
私たちは神への罪を罪と知ることができます。
私たちは自分の犯す過ちを知ることができます。
神の報いはあなどれません。
小さいものにも、大きいものにも、咎にも、誉にも
必ず与えられます。

ただ、神様は哀れみ深いお方です。
神は「あなたがたはどうして死んでよかろうか」と言われます。
わたしに対しておこなったすべてのとがを捨て去るならば
神様からのプレゼント、新しい心、新しい霊を
得ることができると言います。

では、私はどうやって
自分の罪や咎を捨て去ることができるのでしょう。
全ての咎を捨てることなんて出来るのでしょうか。
それができなければ、「わたしたちは死ぬ」のでしょうか。

私たちが死ぬことがないように、
神はとがめを受けるべき私たちの身代わりを立てて下さいました。
十字架にかかって死なれたイエス・キリストです。
愛をもって、すべての律法を完成されたお方を信じるだけで
私たちはプレゼントをいただけます。

神様に対する罪はイエス様を信じることで赦されます。
赦されるだけではありません。
新しいイエス様の命によって
永遠に生きるのです。(た)
c0265111_11040097.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2016-06-30 23:00 | 満ちる | Comments(0)

No.190 幸福 2016.6.19

幸 福

わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。
<マタイ5:11>

わるくち言われた人 この指とまれ!
騙された人 この指とまれ!
なかま外れにされた人 この指とまれ!
暴力を受けた人 この指とまれ!
最後にしあわせな人 この指と~まれ!

このとき すべてに手を挙げ
指にとまった人がひとり
他は?

人々の心を見てみると
クリスチャンだからと言って
悪口を言われているかどうかはわからないけれど
言われているかも…
確かに騙されもしたけれど
愚かにみられそうで知られるのは恥ずかしい
なかま外れって 今の私のことかもしれない
ちょっとした喧嘩で 友人から殴られてしまった
こんなことを思っていると 情けなくて
人前では手を挙げられない

ましてやそんな私が 今 幸福だなんて
とても思えない
でも イエス様は 大きな声で言う

喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。
<マタイ5:13>

一人手を挙げた人 それはあなただったでしょうか?
イエス様に救われ 砕かれた魂は
いつどんな時でも 何があっても いつも 幸せです
それは 幸福(イエス様の)を所有しているからですね。(た)
c0265111_10260307.jpg



[PR]
by mitiru-takae | 2016-06-25 09:15 | 満ちる | Comments(0)

No.189 暗黒の中で光る 2016.6.12

暗黒の中で光る

暗黒の中に住んでいる民は大いなる光を見、死の地、死の陰に住んでいる人々に、光がのぼった」。
<マタイ4:16>

宇宙から見た夜の地球の姿には驚いてしまいます。
都会のネオンや車のライト、ビルや、家々の明かりが、
今の文明の象徴のようにとても美しく光り輝いています。
飛行機の中から見ると、
山の中のぽつんと輝く小さな明かりには感動さえします。
ただ、この光は闇の中でしか見ることができません。

私たちの故郷である天国には闇がありません。
全てが光り輝いているので、どこにも闇ができないのです。
また、天国には愛があふれています。
天国ではすべてのところが神の御座なのですから、
すべての良きもので満ち溢れているのです。
あふれる光はイエス様、
この光に神の愛が満ち満ちています。

イエス様は私たちを見つけると、
私たちに近づいて来てくださいます。
私たちの心が暗ければ暗いほど、イエス様の光は
まばゆいばかりでしょう。
私たちの悲しみが深ければ深いほど、喜びは大きいのです。
苦しみが大きければ大きいほど、
解放された心は躍り上がって主をほめたたえるに違いありません。

イエス様が私の心に入ってくださると、私は光ります。
腹の中から命の水が川がわとなってあふれ流れるように、
イエス様の光は、私たちの魂の内側から、明々と光輝きます。

私の人間としての肉を突き破って
イエス様は光り輝いてくださるのですから、
私はこの世界の中で、光の子供として
光り輝くことができるのです。
イエス様は私たちに希望を持ってくださっています。
このイエス様こそ暗黒の中にあって、
私たちの唯一の希望の光です。(た)
c0265111_10195901.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2016-06-18 10:20 | 満ちる | Comments(0)

No.188 私の友なるイエス様 2016.6.5

私の友なるイエス様

わたしはもう、あなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人のしていることを知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼んだ。わたしの父から聞いたことを皆、あなたがたに知らせたからである。
<ヨハネ15:15>

この一週間、主があなたに下さった恵みを共に心を開いて
信仰の友と分かち合ってみてはいかがでしょうか。
恵みを共感できる相手がいることほど嬉しいことはありません。
恵みを分かち合える友は、苦しみも悲しみも、
信仰の心をもって共有してくれるに違いないからです。

思い出してみましょう。
共に涙を流し、共に笑い、また私の怒りを受け止めて
くれた人は誰だったでしょう。
また、あなたが一番苦しかった時、魂を慰められた言葉は、
聖書のお言葉ではなかったでしょうか。

たとえ信仰がなくても、自分にとってかけがえのない人、
自分を一番気にかけてくれている人は確かにいます。
それはそれでとても嬉しいものです。
しかし、もしその人が「信仰の友」であったならば、
どんなに素晴らしいでしょう。

それが両親であっても、夫や妻であっても、
子供であっても、兄弟であっても、
親友であっても、先輩や後輩であっても、
学校の先生であっても、
「信仰」という共感できるものを
共に持っていることを知っているならば、
この世の他のものと比べることのできない素晴らしいものを
得ることができます。
真の人間関係がそこに生まれるからです。

この人間関係を生み、育て、成長させてくださるのは、
聖霊の力であり、神の言葉なるイエス様の証によるのです。
人は一人では生きていけません。
よりどころのない人は、なかなか幸せにはなれません。
頼れる友を持つことは、多くの宝を持つより心強いものです。

この世で一番の友はイエス様です。
イエス様はわたしの宝です。
私の最も頼れるお方はイエス様です。(た)
c0265111_15212739.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2016-06-10 15:16 | 満ちる | Comments(0)