<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.152 わたしはすばらしい 2015.9.27

わたしはすばらしい

 神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。 <創世記1:31>
 
 9月24日、皆様のお祈りに支えられて、無事退院いたしました。ありがとうございます!
 今回の入院で、胆砂を沢山抱えて膨れ上がった胆のうを全部摘出いたしましたが、この手術に至ったのも不思議な神様のお導きによるものでとても感謝しています。
 誰でも、また特に医療に携わっている方々などは、人の身体について、また生命の不思議について何度かは考えたり、感動したりという経験があると思います。
 創世記を見ると、人、またその他の動物たちの食物として植物が創られていますが、この植物一つとっても、偶然に出来たとは思えない素晴らしいできばえです。その後に作られた太陽、月、星、これらの天体は人が想像すら出来ないほどの神様の永遠を顕す豊かな存在です。神様がお創りになったのですから当然ですね。
 その中で、ひときわ目立って輝いている(はず)のが人です。すべての被造物が、私たち人の為に創られたのです。人は「創造の冠である」と、昔、ベテル聖研を受けたときに教わったことがあります。 
 神様が創造の業を終えたとき、そのすがたを見ることが出来たならば、見ている私たちのほうが感動の涙で、グチャグチャになっていたでしょう。何といってもそれは「はなはだ良かった」のですから。
 そこで、私たちは自分をもっとよく見つめてみると、本当にすばらしいと感動してしまいます。意識していないのに呼吸をし、食べ物は身体の中で、私が何もしなくてもちゃんと必要なものを取り入れ、いらないものの排出を促してくれます。生命の神秘です。
 もっと凄いのは、心(魂)です。
 もっと凄いのは、霊です。
 私たちに対する永遠のいのちの保証は霊に押されている「聖霊の証印」です。
 そして、天に帰るときに必要なたった一つのものです。
 「えっ! だったら今生きるのに身体や心はどうでもいいの?」
 そんなことはありません。
 身体があるからこそ、この世界で心と霊を持って成長していけるのです。
 故くぎみやよしとの日岡だより(「おのれを尊べ」参照)の一文に、「唯物論者の言う生理的肉体人間のみを人間というのも、霊と心を疎外した片よった意見ではあるが、かといって心と霊だけが自分だというのも狭い了見だ」とあり、その後このように言及しています。「この私は事実この肉体であり、この肉体を離れて、この私はないのです。今のところ。」 
 私たちは、今もっている私のすべてが、神様の創られた素晴らしいものだということを誇り、くぎみやよしとの言う「おのれを尊べ」を実践したいと思うのです。(た)
c0265111_08442424.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2015-09-30 23:00 | 満ちる | Comments(0)

No.151 ろばのあぎと骨 2015.9.20

ろばのあぎと骨

 (聖歌719番)
 人に捨てられて 塵の中に
 うずもれてありし ろばの骨も
 主に見いだされて 引き上げられ
 力ある御手の 中にぞある
   -以下略-
 この聖歌は「主よ、わたしを見つけ出し用いてください」と言うような歌詞です。主がお用いになれば、こんな小さな私でもすばらしい武器となり得ます。
 また、命からがら逃げてきた何も持たない私たちに、武器を備えてくださるのも神様です。
 
 彼はろばの新しいあご骨一つを見つけたので、手を伸べて取り、それをもって一千人を打ち殺した。 <士師15:15>
 
 神様は、ペリシテ人の縄からサムソンを解放し、たった一つの捨てられたろばのあごぼねを持って、勝利をもたらしてくださいました。
 そればかりか、くぼ地を裂き、水をも与えてくださいました。
 このときサムソンが神に呼ばわったからです。
 
 「あなたはしもべの手をもって、この大きな救を施されたのに、わたしは今、かわいて死に、割礼をうけないものの手に陥ろうとしています」。<士師15:18b>
 
 私たちが知るサムソンは、力持ちで、負けを知らない勇壮な人を想像しますが、どんな人でも神様の力なくしては一歩も前に進めない試練が訪れます。
 その時、神様が私たちに与えてくださる武器が果たしてなんであるのかはわかりません。しかし、与えられたものを武器として、しっかり使いこなすことが出来れば、勝利は私のものとなります。
 
 サムソンは、ろばの骨をどういうふうに使いこなしたのでしょう。刀のようにふりまわしたのでしょうか、それとも、グローブのように腕に装着してボクシングのように相手を殴り倒していったのでしょうか。わかりませんね(笑)
 サムソンが使った一千人を倒すろばの骨も凄いですが、私たちがいただいている武器はサタンの要塞を破壊するほどの力があるものです。<Ⅱコリント10:4参照>
 
 私たちに与えられる「ろばのあご骨」とは一体何でしょう。
 
 試練のとき、少しの間、目を閉じて祈り、その時に一番必要な「武器を与えてください」と信じ抜いて祈り求めようではないですか。(た)
c0265111_07320362.jpg


[PR]
by mitiru-takae | 2015-09-21 07:32 | 満ちる | Comments(0)

No.150 「私たちを見なさい」 2015.9.13

「私たちを見なさい」
 
 彼は、ペテロとヨハネとが、宮にはいって行こうとしているのを見て、施しをこうた。
 ペテロとヨハネとは彼をじっと見て、「わたしたちを見なさい」と言った。 <使徒3:3、4>
 
 彼というのは、「生れながら足のきかない男」であって、施しを受けるのが彼の生業でありました。ですからその男がペテロとヨハネを見たのは、いつもの仕事をするためでした。
 ところが、二人をすでに見ているにもかかわらず「私たちを見なさい」といわれるのですから、「今日は特別に施しの多い日かもしれない」と、更に期待を持って二人を見つめたことでしょう。
 
 彼は何かもらえるのだろうと期待して、ふたりに注目していると、 ペテロが言った、「金銀はわたしには無い。しかし、わたしにあるものをあげよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって歩きなさい」。
 <使徒3;5、6>
 
 ペテロたちが、お金を持っていたかどうかはわかりませんが、少なくとも目の前の男に施すお金は一円も持たない、それどころか施す必要すらなかったのです。
 必要なものはただ一つ、「ナザレ人イエス・キリストの名によって歩く」ということでした。ペテロたちが持っていたものは、私たちにとっても唯一必要なものです。
 
 「ナザレ人イエス・キリスト」とはどういうお方でしょうか。
 ナザレというのは、イエス様の人としての出身地です。ここで育ち、ここから福音を知らせるために出て行った地です。神様が完全な人として、イエスという名でこの世に生きてくださったということを証するものです。「真の人であるイエス」ということにほかなりません。
 このお方こそが私の救い主であり、この世においてたった一人の私の主であるのです。
 「イエス・キリストこそ真の人であり、真の神」です。
  
 こう言って彼の右手を取って起してやると、足と、くるぶしとが、立ちどころに強くなって、踊りあがって立ち、歩き出した。そして、歩き回ったり踊ったりして神をさんびしながら、彼らと共に宮にはいって行った。 <使徒3:7、8>
 
 私たちも「イエス・キリストの名」によって立ち上がり、「私を見てください」と言える人に創りかえられます。
 あなたは信じますか? (た)
c0265111_10242969.jpg


[PR]
by mitiru-takae | 2015-09-17 10:24 | 満ちる | Comments(0)

No.149 人の目には「酔っ払い」 2015.9.6

人の目には「酔っ払い」

 今は朝の九時であるから、この人たちは、あなたがたが思っているように、酒に酔っているのではない。
 そうではなく、これは預言者ヨエルが預言していたことに外ならないのである。すなわち、 『神がこう仰せになる。終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、若者たちは幻を見、老人たちは夢を見るであろう。 <使徒2:15~17>
 
 ペンテコステの祭りに集まってきた人々が見たものとは、聖霊に満たされた使徒たちの「酔っ払い」のような一群でした。この姿は人々にとってあまり好感の持てるものではなかったでしょう。とにかく、集団で「酔っ払い」の様相であったのですから、人々に対するインパクトは大きかったはずです。
 皆の目は釘付けになったことでしょう。
 「今から何が始まるんだろう?」という具合にです。
 すると次には、各地から集まってきた人々の国々の言葉で話しているわけですから、びっくりして耳をこらして聞いてしまうのではないでしょうか。
 聖霊様によるお膳立ては素晴らしいのです。
 「神様が言われます」と、ペテロたちは立ち上がり声を上げました。
 
 この日3000人もの人々が仲間に加わったのですから、聖霊様のお働きには眼を見張るものがあります。それは、イエス・キリストの救いの証が、聖霊様によって一人ひとりの魂の中に確かなものとなっていくからです。
 
 聖霊様の臨在の中に浸っているとき、人の目から見れば気が狂っているように見えることがあるかもしれません。
 それは、イエス・キリストの名によってなされる「癒し」「解放」「異言」そして「笑い」などが、時として私たちの心身に起こるからです。「終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。」と神様がいわれているとおりのことです。
 
 終わりの時代、サタンの攻撃は増してきます。
 色々な悩み、問題、それを引き起こす病や経済(仕事)の苦しみなど、今まさにそのような中にある方々が大勢います。苦しみは私の罪の故だ、いやそれは違うなどと、論じ、惑わされてはいけません。すべてをご存知なのは神様だけです。
 そのような時、私自身を客観視してみること、つまり今の自分を「人の目」ではなく、「神様の目(観点)」に立って見つめなおしてみることも大切です。そうすれば心の中に新しい発見をすることができると思います。
 それにしても、たまにはペテロたちのように、主にあって「気が狂ったもののごとく」になりたいですね! ワッハッハ! (た)
c0265111_19092022.jpg








[PR]
by mitiru-takae | 2015-09-09 18:52 | 満ちる | Comments(0)