<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

どんなに小さなものでも 2015.4.26

どんなに小さなものでも
 
 五羽のすずめは2アサリオンで売られているではないか。しかも、その一羽も神のみまえで忘れられてはいない。<ルカによる福音書12:5、6>
 
 マタイによる福音書では二羽と書かれています。多分犠牲に使われるのは二羽なのかなと思いますが五羽で2アサリオン(600円くらい)であったのです。
 またレビ記を見てみると、清めの儀式のために使われる清い鳥のことを書いている箇所があります。ちなみにすずめは汚れた鳥には入っていませんから清い鳥ですね。
 
 祭司は命じてその清められる者のために、生きている清い小鳥二羽と、香柏の木と、緋の糸と、ヒソプとを取ってこさせ、―――その小鳥の一羽を、流れ水を盛った土の器の上で殺させ、その生きている小鳥は野に放たなければならない。<レビ記14:1~7>
 
 清めのためにささげられる小鳥のうち、一羽は殺され、生きている鳥はその殺された鳥の血潮に共に浸され、その後、野に放たれるというのです。
 他の箇所で2頭のやぎを会見の幕屋の前に立たせ、やぎのためにくじをひくところがあります。「主のためのくじに当たれば罪祭としてささげ、『アザゼル』のためのくじに当たった羊は荒野に送る」と言う記事があります。(レビ記16章参照)
 「アザゼル」の持つ意味はいろいろあるようですが「アザゼル」に送れば「鳥(汚れや罪)が二度と戻ってこない」的な意味があるようです。まるで清めのダメ押しのようです。旧約聖書を読んでいくと、新約聖書に書かれていることがより深められてきます。
 
 どれだけ小さな鳥、やぎ、そして牛や羊が、人間の罪のあがないや清めのために犠牲としてささげられていったのでしょうか。
 この犠牲の頂点に立っておられるのがイエス・キリストです。イエス・キリストのただ一度の十字架によるあがないの血潮こそが私たちが浸されるべき血潮なのです。私たちが生きて放たれるのは「アザゼル」ではなく「神の国」なのです。
 
 あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である<ルカ11:7下>
 
 地上にあるどんな小さなものでも、創造主である神様にとっては宝です。どんなに理不尽だと思えることも、自分に何かをする力もないくらい、弱く小さく感じるときも、自分の苦しみが世界で一番だと思える時でも、たとえあなたが気づいていないとしても、イエス様は確かにあなたを宝として愛おしく思ってくださっています。
 私がどんなに小さなものであってもイエス様にとっては高価で尊い、価値あるものなのです。(た)
c0265111_08110691.jpg





[PR]
by mitiru-takae | 2015-04-30 08:11 | Comments(0)

しきりに願い求めよ 2015.4.19

しきりに願い求めよ 
 
 しかし、よく聞きなさい、友人だからというのでは起きて与えないが、しきりに願うので、起き上がって必要なものを出してくれるであろう。
 そこでわたしはあなたがたに言う。求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。 <ルカ11:8~10>
 
 しきりに「求めよ」というと、「ご利益宗教のようでなんかキリスト教らしくない」とか「身勝手なものばかり願うのは低俗な新興宗教だ」とか、言いかねない変なクリスチャン的プライドがあって(「大声を出して賛美したり、祈る」だとか、「異言で祈る」もそうだが)、敬遠されがちなのです。 
 しかし、もともとの初代教会は、このまるで低俗の集団のようにみえる新興宗教であったと思います。人々の目の前で、様々な「癒し」と「解放」、目を見張るような「奇跡」が起こっていったのですから。
 人が求めるもの、それはいつの時代も変わらないものです。貧しさ、病、痛み、そして怒り、悲しみ、憎しみ、嫉妬などの苦しみからの解放です。
 
 一口で「苦しみ」といっても様々です。「あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」 <ヨハネ16:33>と、イエス様が言われます。この苦しみや悩みがあるからこそ、人は強くも、賢くもなれます。
 人は、その道を選んだのです。
 エデンの園で、アダムとエバが食べた「善悪を知る木」とは「この世」のような気がしてなりません。人は選択してしまったのです。「この世(サタンが支配する世)に生きてなお勝利する道を」です。
 
 多分、「命の木の実」で「この世の君」に勝利するほうが、ずっと楽だったに違いないのです。しかし人が選んだのは「この世の実」でありました。脱落するものもいるでしょう。
 だからこそ、イエス様はあたらしい律法(これこそ神の義と愛です)を引っさげて、一人も滅びるものがいないようにと私たちの世にきてくださったのです。
 と考えると私たちは多分、自らの意思でこの世に生きているということになります。しかし、「命の木の実をいただいて生きる道」を再選択できるように、主は道を拓いてくださっているのです。それがイエス様の十字架と復活です。
 
 あがないの十字架こそが「命の木」です。世の始めから救いはこれしかなかったわけです。だからこそ、しきりに願い求めましょう。
 私たちがもともと選ぶべきであった「命の木」を、今いるこの地で選びましょう。「求めれば必ず与えられる」と、イエス様は約束してくださっています。(た)
c0265111_20462823.jpg




[PR]
by mitiru-takae | 2015-04-23 20:42 | 満ちる | Comments(0)

うまず、たゆまず、くじけず 2015.4.12

うまず、たゆまず、くじけず
 
 わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない」。<ヨシュア1:9>
 
 私の罪のために身代わりとして十字架にお架かりになってくださったイエス様を信じ、お言葉に従おうとする時、つい「むずかしいなあ」と言いたくなってしまいます。私たちにはできないことが多いからです。
 確かに救われるのは自分の行いでも能力でもありませんから、できなくても信じるだけで救われます。
 
 しかし、私たちの人生の中で問題に直面したとき、くじけてしまってはそこで終わりです。先には進めません。
 つい感情的になったり、イライラして衝動的に何かを言ったり行動したりすることも、その時は最善をしているつもりでしょうし、周りが見えてないことも確かでしょう。
 
 「船の右側」(4月号)で別府不老町教会の牧師斎藤真行先生が「もうだめだ」と思うとき、そこから心が解放されていく・・・ということを言っておられました。
 わたしたちは、「もうだめだとくじけそうなとき」まで自分を持っていけるだろうか、パウロのように、走りぬく行程を走りぬいたならば、たどり着く「もうだめだ」のときが来るんだろうと思うのです。しかし、それさえもできず、半ばでくじけてしまいそうな時は、「もうだめだ」までもなかなかたどり着かないのが現実です。
 
 十字架の下までついていった女性たちも、途中恐れと悲しみと憤りで、一歩も前に進めないということもあったと思うのです。しかし彼女たちは、まるで敗者の冠のような十字架まで、黙々と一歩一歩とにかく、イエス様のあとを追いかけていったのですね。そしてついに十字架の下に、イエス様の足もとにたどりつくのです。
 
 「もうだめだ」の行き先は血まみれとなった十字架上のイエス様の足もとなのです。ここにしか救いと解放はありません。
 つまり、うまずたゆまず、くじけず、フラフラになっていてでもいいから一足一足、イエス様の十字架に近づいていきたいと思うのです。
 
 最後まで歩けるかどうかもわからないような私に、「強く、また雄々しくあれ。」と命じてくださる主のお言葉が私の心を勇気付けてくださいます。共に十字架の下に集まりましょう。(た)
c0265111_15235657.jpg


[PR]
by mitiru-takae | 2015-04-15 17:54 | 満ちる | Comments(0)

祝 イースター 2015.4.5

祝 イースター
 
 時の間をも おしみて きみはわれと語ろう
 きみはわれをはなたず われはまた主にぞつく
   (聖歌609番「いちど死にしわれをも」おりかえし部分)
 
 3月31日の早天祈祷会でこの聖歌を歌いました。これはその折り返し部分の歌詞です。実はこの曲は讃美歌のほうが父の思い出として、深い思い入れがあるのですが、今朝はこの聖歌の歌詞に胸を打たれました。
 
 イエス様の弟子たちがいつもイエス様と共にいて、笑ったり、しかられたり、また飲んだり、食べたりしていたそのときと同じように、今の私たちも「時の間をも おしみて きみはわれと語ろう」とイエス様に近づきたいものです。イエス様にすがりつき語り合いたい衝動にかられるほど、イエス様を近くに感じられるならば、なんと幸せでしょうか。感情もゆすぶられるくらいの信仰をいただきたいですね。
 
 イースターの朝、復活のイエス様に「マリヤ」と呼びかけられ、おもわず「ラボニ」と答え、イエス様にすがりつこうとしたマグダラのマリヤも、十字架の下までついて行くほどイエス様を慕っていました。イエス様をこころから愛していたからでしょう。
 イエス様を慕う愛は、私たちが知るこの世のどの愛よりも、厚く崇高なものです。
 
 しかし神様は、人の思いもよらないような愛を、私たちに「もう罪がないよ」と言って示してくださいました。
 それはイエス様が私たちの罪の身代わりとして、十字架に架かって死んでくださり、死と黄泉に勝利し、私たちが「死んでも生きる」ために復活してくださったということなのです。
 この復活のイエス様を感謝してお祝いするのが「イースター」です。
 
 イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。<ヨハネ11:15>
 
 実際わたしたちにはイエス様の証が、日ごとに新しく迫ってきます。
 そしてイエス様を再発見して驚き、自分の罪の深さをさらに知って神を恐れ、悔い改めて新たな天国人として生まれ変わります。
 
 イースターはわたしの魂の中でイエス様と共に生き返る永遠の命の誕生の日ですし、悪霊に勝利し死と黄泉に打ち勝ったイエス様の力を感謝していただく日です。(た)
c0265111_16040129.jpg



[PR]
by mitiru-takae | 2015-04-10 07:56 | 満ちる | Comments(0)