<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

神の密命組織 2013.9.22

神の密命組織
 
 パウロのローマへの宣教の熱望はただならぬものがあったように思います。

 先週の聖書学習会で、ローマ人への手紙を読み進んで16章まできたとき、「ああ、この人のおかげで、私たちはイエス様を知ることが出来たんだなあ」と、ふと2000年前が、今のことのように思えてくるのです。主の愛によって、人々を愛し、共に力を尽くしたい(ローマ人への手紙15:30参照)人として、働き人は、こぞってパウロの下に集まってきたのではないでしょうか。それも、有能な婦人が多いのにもびっくりいたします。
 c0265111_23391879.jpg

 そして、パウロの手紙に出てくる、フィベ執事や、プリスキラとアクラご夫妻、テモテ先生やテトス先生、パウロの手紙を筆記したというテルテオさん、家主のガイオ氏、公務員のエラストさんとそのご兄弟のクワルトさん、等々。この人たちの名前を見ていると、生き生きとした当時の人間模様が見えてきて、本当に近しく感じられます。

 「とうとうこの日本のこの教会にまでパウロ先生の手紙が来たんだ」「パウロ先生は、今どうしてんだ?まだ捕らえられているのか」などと言いたくなるくらいですね。
 御言葉をこのような、捉え方ができるようになったのも私たちの聖書学習会のおかげです。どのように難しい論法を使って書いてあったとしても、私たちに伝えたかったパウロの思いはイエス様一筋です。
 
 神の義は、その福音の中に啓示され、信仰に始まり信仰に至らせる。これは、「信仰による義人は生きる」と書いてあるとおりである。
 <ローマ人への手紙1: 17 >

 
 わたしたちは、生きるのも主のために生き、死ぬのも主のために死ぬ。だから、生きるにしても死ぬにしても、わたしたちは主のものなのである。<ローマ人への手紙14:8 >
 
 私たちはイエス様の精鋭部隊の一員なのです。有能なエージェントなのです。主のために生き、主のために死ぬものでありたいのです。今日も主よりの密命を受けて魂の救いのために戦うのです。戦いの準備をするのです。フィベのように、プリスキラのように、テモテのように。またエパフラスやバルナバのように。
 
 私たちの聖書学習会の、この名をそのまま受け取って勉強会だと思うのには、少し語弊があります。勉強会ではないのです(変える気はないのですが(笑))。
 御言葉によって主のお心を探り知る、聞く。また、霊も肉も共に聖霊による交わりの喜びを共有する、祈る、賛美するといった具合に、なかなか奥の深い集会なのです。
 と、いってもちっとも重くありません。誰でも参加できる、楽しい集会なのです。一度おいでください。
c0265111_2337329.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-09-28 23:36 | 満ちる | Comments(0)

み傷に負わせた私の罪 2013.9.15

み傷に負わせた私の罪
 
 彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美しさもない < イザヤ書 53: 2>
 彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。< イザヤ書 53: 3>
 
 アメリカの小説家フランシス・ホジソン・バーネットの『小公女』を知らない方はいないでしょう。わたしは子供のころからこの『小公女』が大好きで、父を失い自分の環境が180度変わり、苦しみと貧しさとの中で生きることを余儀なくされ、それでも気高さと優しさを失わず過ごせたセーラ、この少女にすごくあこがれたものでした。この小公女セーラにイエス様のお姿を思い出させられて、「私も何があっても、イエス様の十字架の誇りを持ち続けたい」と、心の支えといえば大げさですが、確かに私の生き様の中心にこの『プリンセスとしての心の誇りを失わずに生きる』があったように思います。私たちはみな、天国のプリンセスと、プリンスなのです。
 私たちの慕うべき美しさもないといわれるほどのイエス様のお姿は、どんなであったでしょう。忌み嫌われ侮られたイエス様のお姿はどんなだったのでしょう。
 しかしこのイエス様の傷をつけたのは私であり、それどころか傷の上にさらに病を追いかぶせ、私の苦しみと罪のすべてを十字架の上のイエス様に負わせたのです。イエス様のみ傷の一つ一つの上に私の罪、咎、苦しみ、病などを、私が負わせたのです。
 見る影もないお姿のイエス様は、それでも何も言わないのです。
 その傷まみれのお姿の中からわたしを見つめてくださるイエス様の目は気高さと、優しさを失ってはいなかったと思います。(この時のイエス様を見たマリヤたちがうらやましいくらいです)
 私たちのために死と黄泉に打ち勝つために、イエス様のこの世の全てが失われたとしても、神としてのご自身の信仰はうちに燃え続けていたに違いありません。私たちに対する愛は満ち満ちていたに違いありません。
 
 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。< イザヤ書 53: 4>
 しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。
  < イザヤ書 53:5>

 
 何時、如何なる時にも、イエス様の信仰と愛による十字架は、私たち天国のプリンス、プリンセスとしての誇りです。
c0265111_23292818.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-09-28 23:28 | 満ちる | Comments(0)

イエス様 アーメン! 2013.9.8

イエス様 アーメン!
c0265111_2335415.jpg 

 あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それは、あなたがた自身から出たものではなく、神の賜物である。
                  <エペソ人への手紙2:8>

 
 わたしたちは神様の恵みによって救われました。「一人残らず救うぞ」というイエス様の強い信仰によって救われました。ところが、T.L.オズボーン師が彼の著「みことばの力」のなかで「しかしその救いは自分の口で告白するまではやってこないのだ」とさえ言っています。それほど告白はとても重要な驚くべきものなのですね。
 
 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。<ローマ人への手紙10:10>
 
 また、T.L.オズボーン師は告白することによって救いを所有するのだといっています。所有するということは、この救いは私のもの、私の所有物ということです。名義も私に書き換えられているということですよね。ガジマ牧師は昨年の聖会のなかで「私たちは信じた時からイエス・キリストの御名による権威をいただいている。自分の所有物として所有している」といっていたように思います。
 告白はアーメンです。
 同意する、肯定する、同じことを言う、同じものを所有する・・・、告白の言葉の意味を追っていくと、「イエス様、アーメン!」「イエス・キリスト様、アーメン」と言っていた父の「イエスの御名を呼ぶ」という信仰を思い出し、あらためて告白の力を思い起こされ感謝したのです。先日この「イエス様、アーメン!」を究極の告白ですねと、永井先生が共に喜んでくださったことも本当に嬉しかったのです。
 心が苦しい時、さみしいとき、病で苦しんでいる時、痛みで我慢が出来ない時、経済の悩みや、人とのトラブル等々、この思いを口に出して告白させられないように、気をつけていましょう。ついつい、言ってしまいます。「つらい」「苦しい」などと・・・。
 サタンに機会を与えてしまいます。
 
 もしあなたのくちびるの言葉によって、わなにかかり、あなたの口の言葉によって捕えられたならば、<箴言6:2>
 
 イエス様のお言葉を告白しましょう。
 イエス様と同じ思いを告白しましょう。
 イエス様のお言葉を、またイエス様の御名を告白することによって、イエス様の権威、癒し、恵み、祝福、など大いなるプレゼントをいただけるのですから。
 イエス様 アーメン!
c0265111_23233658.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-09-28 23:20 | 満ちる | Comments(0)

ただ主の声を聞く 2013.9.1

ただ主の声を聞く
 
 主は言われた、「出て、山の上で主の前に、立ちなさい」。その時主は通り過ぎられ、主の前に大きな強い風が吹き、山を裂き、岩を砕いた。しかし主は風の中におられなかった。風の後に地震があったが、地震の中にも主はおられなかった。
  地震の後に火があったが、火の中にも主はおられなかった。火の後に静かな細い声が聞えた。 <列王記上19:11、12>

 
 時々、我に返ったようにホッとするときがあります。
 「家の外から聞こえて来る車の走る音。人の話し声。時に、大きな音でミュージックをあたり一面に鳴り響かせて走るバイク。周りの物音とは、まるで関係のないところで、私の心はホッとする」
 このような時は、私のなかに靜かな時が存在しているのです。
 「後ろに流れていく時に逆らって、私とイエス様の時がまるで大きな柱のように、流れを分けて立ちはだかる」、言葉にすれば、このような感じなのです。
 聖霊様に満たされ、時のたつのも忘れるくらい異言で祈り続け、精一杯の声で霊歌を歌わせられる恵みの時、そして声がやんだとき、フッと気づくと、静けさのなかでイエス様のお声を聞くことがよくあります。もちろん私もハッキリした音声を聞く訳ではありません。しかし心の奥に響いてくるのです。
 ある時は、ただひたすらみ言葉を読み、むさぼるようにイエス様のお言葉を待っていても、どうしてもその時には何も与えられず、感じられないということもあります。まだまだみ言葉のいただきかたが足りないのかと、些か消化不良をおこしそうな、あのせわしない食べ方をする時のように、無理やり詰め込んでいくということが起こることもあります。
 このような時でも、いつもイエス様に心を開いていると、そのうち返事がやってきます。時間がかかることもあるでしょう。しかし、イエス様だとわかります。御言葉に触れていると、必ず【ヤベツのご指名】ならぬイエス様からのご指名が私だけにわかる形できます。
 この時に従えるかどうかです。ご指名に応えられるかです。花婿を待つ10人の乙女のように、灯りをともし、油を買い置きしておかねばなりません。
 
 エリヤはそれを聞いて顔を外套に包み、出てほら穴の口に立つと、彼に語る声が聞えた、「エリヤよ、あなたはここで何をしているのか」。 <列王記上19:13下>
 
 神様はご自身のご計画をわたしたちに教えてくださいます。
 イエス様にいつも耳を傾けていましょう。この世の思いで聞き取れないことが無いように、心の耳を開いていましょう。
c0265111_12194950.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-09-11 12:19 | 満ちる | Comments(0)

狂える眼で 2013.8.25

狂える眼で 
 
 東京に空はない! 
 と智恵子は言った。狂える心は、東京の未来を先見していた。狂える眼が正しくて、正気の心が狂っている。
           <日岡だより(釘宮義人主筆)No.603より>
 
 先週はギデオン協会の兄弟が2人で教会に来てくださいました。その時のお証の中で、「釘宮義人先生は本当に【聖霊充満】のかたでした」と言ってくださっていました。こんな素晴らしい褒め言葉はありません。いつも聖霊充満の状態ですごしたいなと、わたしも秘かに心を燃やしたのです。
 真実を見る目は、釘宮義人牧師がいうように狂える眼のほうが本物に近いのだと思えます。それは魂がイエス様により近いからでしょう。
 私たちはいつもイエス様に狂えるほどの眼(まなこ)を向けていたいと思います。それは狂おしいほどにイエス様に頼り、近寄り、私の心はもう正気ではいられないというほどの心から来る眼です。
 毎日配信されてくるM先生のメルマガの中で、先生はいつもイエス様を誉めそやすメッセージをしています。「イエス様は最高!」「イエス様が大好き!」「私のイエス様!」といった具合です。イエス様が大好きでたまらないのです。
 このように信仰とは、他人にはわからない、イエス様と私だけのごくごく親しい、密接な信頼関係なのだと思います。
 イエス様を知らない人からみればこのような人はまるで狂っているように見えるかもしれません。しかし信じるものは、真実をみる眼と心をいただいているのです。聖霊充満の眼と心でいつもイエス様に眼を向けて、真実をみていきたいと切に望みます。アーメン!
 
 
■先週のメッセージより■ 
 わたしを大いに祝福してください。
  【神様の祝福は限りがありません】
 わたしの地境を広げてください
  【無限に広がり続けるわたしの地境】
 主の御手がわたしとともにありますように
  【主の無限の富(信仰)を生み出す資源がいつも手元にあり、安心、平安】
 わたしから災いを遠ざけ
  【あまりの祝福の大きさに災いは近寄れません】
 苦しみにあうことのないようにしてください
  【苦しみや嘆きはびっくりして逃げ去ります】
              <ヤベツの祈り≪歴代志上4:10≫参照>
c0265111_10481087.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-09-04 10:44 | 満ちる | Comments(0)