<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

永遠に続く祝福 2013.5.26

永遠に続く祝福  

 わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。
 見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである
                        <コリント人への第二の手紙 / 4章 18節>
 
 目に見えないものってたくさんあります。私はよく空中教会という言葉を使いますが、私の父は「心の王国」といいました(^^) イエス様を信じるものの心、いえ霊のネットワークなのです。霊のコミュニケーションが出来るところ、宝の保管場所、今で言えば、クラウドといわれているものの様な(私もよくわかっているわけではないのですが…)、なんだかやっと聖書に科学や文明が追いついてきたようなそんな気さえします(言いすぎですか(苦笑)?)
 そこには、きっと無限の祝福が隠されている・・・そのように思いませんか?だって天国とつながっているところだからです。その天国はわたしたちの只中にもあると聖書はいっています。
 ですから、イエス様そのものがわたしたちのエクレシア、天国、宝のあるところ、御座、至聖所…そうなんです。イエス様がすべてなのです。見なくて信じるものは幸いです。
 わたしたちは求めた時、もう、すべてをいただいているに違いないのです。これを信じることこそ信仰であり、その信仰とは確実に信じられるイエス様の信仰(釘宮義人牧師がいつも言っていた)を私たちが所有しているということなのです。
 最近、祝福の祈りについて教えられるところも多く、証しもたくさん出てきていまして嬉しい限りです。そんな中、今、週報に載せて毎週告白しています「ヤベツの祈り」をさらに思い返すべく、そのすばらしさを先日いらっしゃっていました永井明先生が木曜の聖書学習会で語ってくださいました。その中の天国にあるまだ受け取っていない祝福(主が用意してくださっているもの)が、蔵の中に山のように積まれているお話しがありました。私たちが求めていないからなのです。
 「私たちはもっと求めていかないとね」とはなしていたとき、最近婚約したK先生のことをお聞きしました。そのイサクならぬK先生の妻選びのことです。先生の信仰を見せられた思いがしました。すべては申し訳ないことに覚えていないのですが、ご両親である牧師先生ご夫妻がこのようなことをいっておられました。
 お嫁さんをお世話してくださる方に要望をだしました。というよりイエス様に要望をはっきりと書きだし祈ったのですね。クリスチャンホームのお嬢さん、もちろんご本人が信仰をお持ちであることもですね。賛美についての重荷をお持ちであること。子供たち、教会学校についても重荷を持てる方。そして自分より年下であること。などなど、すごいですね。これほどはっきりと主の前に要望をつきつけたのですから。そして祈りは叶えられ、祈りは先生のものとなりました。求めよさらば与えられん!勝利!
 神様はいつまでも、いつまでも待っておられ、わたしたちへの祝福は尽きることなく、永遠になくなることがありません。
 主よ、わたしを大いに祝福してください。アーメン!
[PR]
by mitiru-takae | 2013-05-29 14:50 | 満ちる | Comments(0)

ペンテコステの奇跡 2013.5.19

ペンテコステの奇跡 

 五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、突然激しい風が吹いてきたような音が天から起こってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。<使途行伝2:1、2>
 
 イエス様が復活してから50日目、ユダヤの五旬節という祭りの日に突然起こったものすごい出来事、聖霊が下った時の有様が書かれています。
 今はもう運行廃止となりましたが、大分の空港に飛行機の利用客を運んで行くためのホーバークラフトというのがありました。海の上を波を越えて走る姿はとても勇壮でしたし、空港までかかる時間も早いという便利のよいものでした。
 ところがこのホーバークラフトのエンジンのかかった時の音ときたら、それはそれはすごい大きな風の音がするのです。東京にいる妹を送り迎えするたびにこの光景に出会っていたのですが、よくこのペンテコステの「天からの激しい風が吹いてきたような音」を思い浮かべていました。
 このすごい光景の中でペテロたちは聖霊に満たされていろいろな国の言葉で語り始めるのです。
 
 すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。<使徒行伝2:4>
 
 聞いていた人たちはびっくりしたのです。何せ自分たちの国の言葉を聞きとることができるのです。お祭りの最中ですからいろいろな国の人たちが集まっていました。そして皆あっけにとられるほどに使徒たちは色々な国の言葉で話していたわけです。
 想像してみますと皆がそれぞれ声を出して語っていた訳ですから、また、酒に酔っていると間違われたほどですから、相当うるさかったに違いありません。その中で聞いた人々は、よく言葉を聞き分けることが出来たなあと思うのです。
 言葉を聞き分け、聞き取り、受け取る。これも聖霊様による働きでしょう。
 皆に向かって話しているようでも、私に必要な言葉を語っていただいている。そのような時がよくあります。
 はっきりいって私たちの語る異言はこの時の使徒たちのような、人にわかる言葉ではありません。まして異言を解き明かしたり預言をするなど、まだまだ賜物を研ぎ澄ますことができていないようです。
 しかし、ペンテコステの奇跡はイエス様が直接わたしの上に来てくださり、留まってくださり、私の中で生きてくださるということのように思えます。
c0265111_19305965.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-05-25 19:30 | 満ちる | Comments(0)

すべてが新しい 2013.5.12

すべてが新しい 

 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。
             <コリント人への第二の手紙 5:17>
 
 これは父の思い出話にもなるのですが、戦後の大分駅で戦災孤児たちを集め父がお世話をしていた頃のことです。皆が自分のことで手一杯、人のことなんて考えられもしない頃です。親とて例外ではなく自分の食べることだけでもままならないのに、子供のことなんてなかなか、とにかく必死で生きている…そんな人たちが多かったのではないでしょうか。そんな中で、親と死別、消息がわからない、身よりは誰もいない、このような子供たちが駅には集まってきていたのでしょう。戦争とは終わってもなお悲惨です。
 父はせっかく母親が着物をお米に変えてきたものをおにぎりにしてその子供たちに食べさせてしまいました。私にとっては祖母ですが、よく自分の息子のすることを黙ってみていたと思います。自分の正義を貫くということはある人を犠牲にしてしまうものです。私たち人間の義とは、こんなものです。父はよく祖母をしのんで「ごめんね!」と言って謝り、また信仰を褒めちぎっていました。
 このような親もいます。自分が連れて行けず、子供が足手まといとなって、この戦災孤児と共にいた父の前に、おきざりにして去っていく父親です。どんな親であっても、子供にとってはかけがえのないものです。その子は去って行こうとする父親の腕にぶら下がるようにして泣いてすがりついていたというのです。それを振り払ってこの父親は去っていったのでしょうが、何度も言います、如何なる親であっても、子供にとってはかけがえのない、大切な存在です。
 私たち人間は、ある状況によってはどんな残酷なこともしてしまいます。本来の神様が創ってくださった人間は、いないのです。皆、罪を背負って生まれてくるのです。戦争は多くの人たちに、犯したくない罪を犯させ、したくもないサタンの仕事をさせてしまいますが、なにげない日々の生活の中でも、それはありうることです。この世はサタンに支配されているからです。
 そんな闇の支配から、信じるものは助け出されました。イエス様の十字架の血潮によって罪は帳消しとなりました。天国の勘定に入れられました。人間の義ではなく神様の認める義とされたのです。
 イエス様を信じるということは、この世のどんなものよりも大切でかけがえのないものであり、信頼のおけることなのです。そしてゆがんだ身勝手なこの世の愛でさえも、このイエス様にかかると、真実の愛に変えられてしまうのですから本当にびっくりです。
 イエス様がニコデモという律法学者に言いました。「誰でも新しく生まれなければ神の国を見ることはできない」と。
c0265111_19282664.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-05-25 19:28 | 満ちる | Comments(0)

イエスの御名 2013.5.5

イエスの御名

 あなたがたがキリスト・イエスにあるのは、神によるのである。キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。   <コリント人への第一の手紙 1章 30節>
 
 4月28、29日の信徒セミナーでは多くのことを学ばされとても感謝な時をすごさせていただきました。これからの私たちの進むべき道を主が豊かに祝福してくださり、わたしたちの備えのための信仰を一新させてくださる聖霊様の導きを受けたような気がいたします。
 私たちのため、イエス様ご自身が自分を聖別するといってくださったヨハネによる福音書17章を最後のセミナーで学びました。そこで驚くことに、神様がわたしたちに下さったイエス・キリストの御名を新たに示されました。
 
<3節>永遠の命とは、唯一の、まことの神でいますあなたと、また、あなたがつかわされたイエス・キリストを知ることであります。
<26節>そして私はさらに御名を知らせました。
 
 イエス様が私たちに『御名を知らせた』とはどういうことでしょうか。
 使徒たちを愛して愛してやまないイエス様は、使徒たちのために、そしてひいてはこの小さな私たちのために『御名を知らせてくださった』のです。それは私たちが御名の力を使うことが出来るようになるためでした…としか言いようがありません。
 神様の聖、義、私たちのための贖い、このすべてを神様ご自身が私たちのために知らしめてくださったもの、それこそが『イエス・キリスト』の御名そのものでした。神さまの義と聖、あがないはそのままイエス様です。このお名前をくださった神様自身なのですね。
 そしてこのことを知りえるのは、冒頭の御言葉にあるように、神様ご自身の知恵であった訳ですし、聖霊さまによって理解できるようにしてくださったのも神様です。
 『イエス・キリストの御名』これこそ全てのものを救う神様の究極の知恵であり業だと思います。神様がイエス・キリストとなられた。だからこそ御名には力があります。神様からのプレゼントであるすべての権威、救いはこのイエスの御名によってのみ成就するものですね。
 
 ですからどんな時でも、どんなところでも、御名によって求めます。
 御名によって祈ります。アーメン!

c0265111_1926283.jpg

[PR]
by mitiru-takae | 2013-05-10 00:21 | 満ちる | Comments(0)

野心は悪いもの? 2013.4.28

野心は悪いもの?  

 デイリーブレッド(RBCミニストリーズ発行)を読んでいましたらこの題が目に飛び込んできました。
 「野心は悪いもの?」です。ページの一番下の方に「自分で偉大になろうとすれば、どんどんこじんまりしていく」と書いていました。
 本当にそうだなあと思いながら、自分のことを考えていました。私たちがこの世で働く時、この野心、特にプラス的な発想でとらえると『やる気』、『前向き』、達成のための『モチベーション』などなど、とても必要なもののように思えます。
 わたしにはこの野心というものがいささか欠けているなあと思います。「わたしはそこまでこの世の仕事に情熱はかけられないわ」と言っていたのは私の言い訳(苦笑…)ですが!とにかく野心というのはもともと悪い意味で使われるもののようですね。しかし、信仰的に捕らえるとこれがすごいです。
 主はわたしたちの持っているものをもって祝福し、用いられるので、どんな野望であっても、無駄なものや駄目なものはないのです。
 
 何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から働きなさい。<コロサイ3:23>
 
 クリスチャンは”主を喜ばせること”は勿論、”主の前に自分を捧げる”ことをしていないと、何の偉大さも、権威も無きに等しいものです。主ご自身がわたしのうちで輝いていてくださるからこそ私も輝いていられるわけです。
 
 また、わたしは自分からは何もせず、ただ父が教えてくださったままを話していたことが、わかってくるであろう。<ヨハネ8:28下>
 
 勿論、イエス様は神様です。だからこの言葉は当然のことです。しかし、人間として生まれてくださったイエス様は、人間としてしなければならないことがありました。
 人間として神の業を行うというのは、これは大変なことです。神が人となられたと言うことは、全ての痛みも苦しみも、人間として受けるということにほかなりません。
 この人間イエス様の野心は『死をもって人間を救う』というものです。この十字架の上の死は、必ず成功させなければならないもの、というより必ず成功するものでした。
 神様の全宇宙の大きな計画の前には何の役にも立たないような、わたしたちのちっぽけな野望ですら、主の働きのためには、あえて、聖めてお用いくださるものと思うのです。
 主の深い憐れみとお恵みに感謝するばかりです。
[PR]
by mitiru-takae | 2013-05-04 22:09 | 満ちる | Comments(0)