No.271 <主の年2018年>新年を感謝します 2018.1.7

<主の年2018年>新年を感謝します

主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。<詩篇37:4>

 あけましておめでとうございます。
 父が天に召されて6回目のお正月を迎えます。

 無謀にも「父がやっていたことはすべてやりたい」と思い、まるで自分の首を絞めるようにして(笑)、慣例になっていたすべての集会を早天祈祷会だけを残してやってきました。
 ところがもう3年目になるでしょうか、早天祈祷会まで、高砂教会の手束先生のお言葉に信徒の皆さんが触発されはじまったのです。

 それまでは自分の意志で「頑張ろう!」の気持ちが強かったことは否めませんでしたが、この早天祈祷会だけは私の思いが付いていったような形となりました。
 祈祷会と名がついていますので、もちろん朝の祈りなのですが、私の思いは、少し違っていました。祈祷会だけれどもその中で、「礼拝をしたい」と思っていたのです。

 多分それで、朝の集会は、「祈祷会なのか、礼拝なのか」何と呼んでいいかわからないという方もいたと思います。
 全体は早天祈祷会です。しかしその中で、み言葉、賛美、祈り、時間をささげるという、「主のみ前に心静まって座る礼拝の時」を大切にしたいと思ったわけです。

 というわけで、天の神なる父と私たちの教会の父は、今の教会を見て、喜んでくださっているでしょうか、笑っているでしょうか。とにかくここまでこれたことは、それだけで、私には奇跡のように思えます。

 新しい年を迎えて、心新たに、主と共に歩みたいと思います。

 上のみ言葉は、今年の【指標聖句】です。
 今年は父の小冊子「心の強化法」と「笑えば必ず幸福になる」の根元から学びなおし、学ねていきたいと思っています。

 「笑い」は時、場所によっては顰蹙(ひんしゅく)を買うこともありますが、所かまわず、笑い転げるということでもないのです。
 私の魂に向かって、私自身が喜べと口を開くことができるか否かが重要です。

 「私の魂よ!喜べ」と言えないほどの苦しみのなかにいる時に、笑うことなど、心の中でもできないと思うとき、このような時こそ、テストしてほしいと思います。

「私の魂よ、主によって喜びをなせ」
「私の心の願いを知ってくださる主よ、感謝します。今この時こそ、私に喜びをください」

 いろいろと理屈を言う前に、口角を指で突き上げてでも、笑うしぐさをして喜べばいいのです。信仰とは楽しくて、単純です。
 実は難しい人には、神様は難問題を出すのです。(笑)
 単純な人になりたいですね。
  この時、私の願いは必ずかなうというのですから。
 
あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。<ピリピ 2:13>

 主は私たちのうちに願いを起こしてくださるお方です。
 つらい時は何もしたくありません。
 痛いときは祈ることさえできません。
 聖書も信仰もほうり投げたいほど打ちのめされて心が怒りでみちている。
 怒りも求めもなくなってしまった。心が動かない。

 こんな時私たちが自分の心に向かって「孝枝よ、起きて床を取り上げて歩きなさい」「喜びなさい」「笑いなさい」と、言わせてくださるのは聖霊様です。
 「聖霊様のお言葉に果たして従えるか」にかかっています。

 さあ、子供に帰って笑いましょう。主の喜びが付いてきますよ。(た)
c0265111_14215004.jpg








 


[PR]
by mitiru-takae | 2018-01-23 14:22 | 満ちる | Comments(0)
<< No.272 地方版新春大分ギ... No.270 勝利/一年間支え... >>