No.270 勝利/一年間支えてくださりありがとうございます! 2017.12.31

勝 利

その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、「今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。<ヨハネ黙示録12:10>

 一年たつのは早いものです。

 先日TV番組の中かCMであったかどうかは覚えていませんが、100歳の老人たちに、「100年生きてこられた感想は?」と尋ねていました。
 なんと、ほとんどの方がこのように言ったそうです。

 「あっという間だった」

 100年があっというまであった、というのです。

 子供のころは一年たつのもなかなかで、小学校の3、4年生にもなるととにかく時間の経つのが遅く感じられます。わたしも大人になることなど、自分には起こりえないことのように思っていました。

 多分、できないことが増えたり、思うようにならないことを自覚するようになったり、夢や希望と、現実とのギャップがだんだんわかり始めてくると、一日でさえ、長~く感じてしまいます。

 さて、私たちも100歳になったとき、同じことを言うのでしょうか。

 この地上で生きてきた時間を振り返ったとき、私たちは「勝利」を宣言したいですね。イエスの十字架によって私たちはサタンに大勝利したのですから。


 11月の第3日曜日から、ゼカリヤ書【ゼカリヤ3:1~10】を礼拝の中で学ばされてきましたが、訴えるサタンの方が神にとがめられているのを、知ることができます。
 私たちを偽りの罪で告発してきた「告発者」、つまりサタンは投げ捨てられたのです。アーメン。

わたしは戦いをりっぱに戦いぬき、走るべき行程を走りつくし、信仰を守りとおした。<Ⅱテモテ4:7>

 「私たちが神様から出された課題をすべてうまくやりつくした」わけではなくとも、「信仰を守りとおしたね」と義なる栄冠を与えてくださるのは「正しい審判者」なる神です。
 自分の生きてきた証が「主による大勝利」と言い切れる者は幸いです。 

「あっという間に過ぎてしまう」この世での私たちの命の時間は、天に帰るまでの貴重な学びの時です。毎日小さな勝利を続けていきましょう。

 そのために私の周りに起こることの一つ一つを、大切に見つめていきましょう。主と共に過ごす時、小さな勝利は、積み重なって大勝利となるでしょう!(た) 
 

一年間支えてくださりありがとうございます!

【今年の指標聖句】しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。」
 
 皆さん、走りましたでしょうか。歩いてみたでしょうか。
 また鷲のように上ることができたでしょうか。
 私はというと、東京ではヨロヨロと銀座を歩き(笑)、電車に乗ってはくたびれ果て、「鷲のようにはいかないわ」と言いたいほど、体力に自信のない一年のようでありましたが、ダビデのように、どんなに肉的、精神的、霊的に苦しく見えるような時でも(いえ、こんな時こそ)、私の背後では最高の神のご計画の実行が、着々となされています。神の舞台は立派に進展していてフィナーレに向かっているのです。
 イエス様の愛に恵まれた素晴らしい一年を、キリストの福音大分教会の皆さんと共に過ごせましたことを主の御前に感謝いたします。来年もよろしくお願いいたします。(来年はもっと笑うよっ!) (た)
c0265111_07425740.jpg




[PR]
by mitiru-takae | 2017-12-31 07:53 | 満ちる | Comments(0)
<< No.271 <主の年2018... No.269 祝クリスマス! ... >>